記事

日本のミレニアル世代、10年後の年収予想430万円 国内経済にも悲観的で「改善する」は18%どまり

 日本のミレニアル世代で、自分の親より稼ぐ自信があると回答したのは35.6%にとどまった。世界との比較では将来に悲観的な傾向もみられた。

 株式会社ジャパンネット銀行は、18歳から25歳のミレニアル世代500名を対象に「お金に関する意識・実態調査」を実施し、その結果を6月15日に発表した。ミレニアル世代とは2000年以降に成人・あるいは社会人になる世代のことで、日本では高校生や大学生、新社会人など、18歳から25歳の若年層を指すケースが多い。調査期間は4月28日から5月9日。

 ミレニアル世代に貯金について聞いたところ、78.4%が「現在貯金している」と回答した。

具体的な金額は「10万円未満」が23.0%で最も多く、次に多かった「10万円台~20万円台」の20.2%とあわせて43.2%が30万円未満だった。以下、「100万円台」(13.3%)、「30万円台~40万円台」(12.8%)、「50万円台~60万円台」(10.2%)が続いた。一方、100万円以上と回答したのは28.2%で、「200万円台」(5.6%)、「300万円台」(2.6%)が続き、「1,000万円以上」と回答した人も1.5%いた。

 続いて生涯賃金について聞くと、「自分の親よりも稼ぐ自信がある」と回答したのは35.6%(「とてもある」10.0%・「まあある」25.6%)で、「あまりない」が43.0%、「まったくない」が21.4%だった。また、10年後にどのくらいの年収を稼いでいると思うか聞いたところ、その平均は429万8,000円となった。これについて同社は、業界や社会の平均を踏まえ、現実的な予測をしているようだと指摘している。

 一方、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、ミレニアル世代を対象に調査した「2017年 デロイト ミレニアル年次調査 日本版」を4月14日に発表した。同調査は2016年9月に世界30カ国、約8,000名のミレニアル世代を対象に実施された(うち日本のミレニアル世代は300名)。

 日本のミレニアル世代に、今後12カ月間に自国の全体的な経済的状況が改善するか聞いたところ、「改善する」と回答したのは18%で前年より3ポイント低下した。一方、世界のミレニアル世代では45%が「改善する」と回答し、前年を4ポイント上回った。

 また、世界が直面する課題で関心の高い事項について複数選択で聞くと、日本のミレニアル世代では「高齢化・人口推移」(35%)、「所得の不平等・富の分配」(31%)、「テロリズム」(29%)が高くなる一方、先進国のミレニアル世代では「戦争、テロリズム、政治的緊張」(56%)が最も高くなるなどの違いもあった。

 日本のミレニアル世代は、少子高齢化や人口減少が進む状況などもあり、今後の経済や将来の自分の収入に対してやや悲観的な見方をしているようだ。

サイトウ イサム[著]、加藤 秀行[著]

あわせて読みたい

「若者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  3. 3

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  4. 4

    消費税の使途変更めぐり解散表明

    BLOGOS編集部

  5. 5

    正恩氏声明が「読めない」と話題

    ロイター

  6. 6

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  7. 7

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  8. 8

    核放棄で北に6兆円 報道の思惑

    NEWSポストセブン

  9. 9

    太平洋で水爆なら 大災害の恐れ

    ロイター

  10. 10

    エプソン 腕時計市場参入の狙い

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。