記事

イエレンFRB議長が懸念する、米国の鎮痛剤中毒の実態とは?

1/2

Overdose Deaths Are Soaring, Millenials Pushe Up The Number.

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は、米上院銀行委員会での議会証言で珍しい見解を披露しました。労働参加率の低下は、鎮痛剤の蔓延が一因と言及したのです。

振り返れば、トランプ米大統領も「恐ろしい薬物の大流行」と懸念を表明、3月29日には米大統領令を通じ対策委員会を設立しました。世界で最も影響を与えたアーティストの一人、プリンスの死因も鎮静剤の過剰摂取と判断と特定されていましたね。

米国では”Opioid Epidemic”とも呼ばれその急速な普及が深刻な社会問題と化しています。2015年で薬物の過剰摂取で死亡した米国人の数は5.2万人で、10分間に1人が命を落としている状況。そのうち3.3万人、約3分の2がオピオイド=鎮痛剤で死に至っているのだとか。鎮痛剤には数種類存在し、麻薬で有名なヘロインも含まれます。

2015年の死亡者数は5万2,404人と、1999年から3倍近くも増加しました。男女別では過去14年間で男性が3倍増、女性に至っては3.5倍増と加速しています。

女性の伸び率が大きかったとはいえ、やはり人数では男性が女性を大きく上回っています。1999年から2015年までの死亡者数は、以下の通り。10万人当たりの死亡者数でも、男性は20人超えまで増加しました。

opioid

自動車事故の死亡者数や射殺と比較しても、その増加傾向は顕著です。

comparison
(作成:My Big Apple NY)

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    太川の会見で文春砲の価値は暴落

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    がん判定でAIが医師に「圧勝」

    市川衛

  3. 3

    車か生活保護か 地方の母子悲鳴

    赤石千衣子 CHIEKO AKAISHI

  4. 4

    望月記者 菅長官に「腹が立つ」

    文春オンライン

  5. 5

    居酒屋通う高校生への批判に疑問

    赤木智弘

  6. 6

    進次郎氏はマスコミ次第で消える

    足立康史

  7. 7

    藤井市長の判決は政治に悪影響

    ビデオニュース・ドットコム

  8. 8

    大相撲の内輪もめが長引くワケ

    文春オンライン

  9. 9

    「獺祭」社長 生出演で悲痛激白

    AbemaTIMES

  10. 10

    イオンに忍び寄るAmazonの脅威

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。