記事

「ゆがめられた行政が正された」元愛媛県知事が獣医学部誘致の経緯を語る

1/2

7月10日、「加計学園」の獣医学部新設計画を巡り、参議院で文教科学委員会、内閣委員会連合審査会が開かれた。参考人として、元愛媛県知事の加戸守行氏が出席。青山繁晴議員の質問に応える形で、今治市へ獣医学部を誘致した経緯、加計学園を巡る一連の騒動についての思いを述べた。この模様を参議院インターネット審議中継より書き起こしでお伝えする。(※可読性を考慮して表現を一部整えています。)

「国家戦略特区が岩盤にドリルで穴を開けてくれた」

参議院インターネット審議中継

もう10年前に愛媛県知事として、当時は「構造改革特区」の名のもとに今治に獣医学部の誘致を申請したことを思い返しまして、鼻にも引っ掛けていただかなかったこの問題が、10年後に、こんなに多くの関心を持っていただいているということに、不思議な感じがしております。

当時、愛媛県知事としてたくさんの仕事を預かりながら、県民の生命、身体、財産、畜産業の振興、食品衛生、その他で、一番苦労したのが、鳥インフルエンザ。あるいは口蹄疫の四国への上陸阻止。あるいはBSE問題の日本への波及阻止。言うなれば四国という小さな島ではありますが、こういった感染症対策として一番防御が可能な地域という意識もございました。

そして、アメリカが狂牛病の体験を受けて、先端を切って国策として、これからはライフサイエンスと感染症対策をベースとした、獣医学教育の充実ということで大幅な獣医学部の入学者の増加。そして、3つの獣医科大学の新設という形で、懸命に取り組んでいる姿を横で見ながら「なんと日本は関心を持っていただけない国なんだ」と、私は少なくとも10年前に愛媛県民の、そして今治地域の夢と希望と関心を託してチャレンジしました。

厚い岩盤規制で、はね返され、はね返され、やっと「国家戦略特区」という枠の中で実現を見るようになった。いま本当にそれを喜んでもおります。

先ほどの話にありました、「(前川氏の)行政がゆがめられた」という発言は、私に言わせますと、少なくとも獣医学部の問題で強烈な岩盤規制のために10年間、我慢させられてきた。国家戦略特区が岩盤にドリルで穴を開けていただいた。ということで、「ゆがめられた行政が正された」というのが正しい発言ではないのかなと私は思います。

「私は、加計ありきではありません」

特区の申請をしてから、何回も門前払いを食らいました。いろいろな方策で模索しましたが、一番強い反対は日本獣医師会でありました。

当時、直接の接触はありませんでしたが、ホームページでは専務理事が、今治の獣医学部新設に関して、ケチョンケチョンの論陣を張っておられました。その中でも、要するに「養成はちゃんとするから、余分なことをするな」というのが基本であります。

そして、当時から私が大変疑問に思いましたのは、まず獣医師の養成が、箱根の関所から東で8割の入学定員があり、箱根の関所から西の方には2割の入学定員しかない。しかも、私学は水増し入学をしますから、実質的には養成される獣医師の数は、箱根の関所から東は80数%。場合によっては90%近くがそちらで徴集。

空白区は、四国であります。獣医師が確保できない。県知事としていろんな対応をしても、とにかく、たとえば、地方公務員は競争試験が原則ですが、獣医師はもう「無試験でもいいから、どうぞどうぞ」と言っても来ていただけない。

獣医師会の反対は何かと言ったら、処遇しないからだと。では愛媛県だけは、あるいは四国は獣医師の給与体系を、国家公務員の獣医師よりも上回る体系を作ることができるのか。それでは、獣医師が充足された時は給料を下げるのかと。給料の問題は、「愛媛は給料が安いから行かないんだよ」とか、「奨学金を出さないから行かないんだよ」と。「全部東京へ来たら、養成して帰すから」と。そういうことでいいのかなというがひとつ。

それから、新しい学部はできないという。それも反対されながら見ていました。でも、自分達はどうであったのかと申し上げると大変恐縮ですけれども、大学教授の定員は10年前と今日と変わらないままで、アメリカは必死にやっているのに据え置いたままで、新しいのはつくるな、つくるなと。

今回のケースにしましても、はるかに多い獣医学の教官をつくって、感染症対策なり、あるいは、ライフサイエンスなり、あるいは動物実験による創薬の研究なりと、幅広い学問をやるスタッフをそろえようと思っても、それにブレーキをかけるというのが、私には理解できない。

それならば、自分達でなぜこの10年の間に、アメリカに遅れないようにスタッフをそろえないのですかと。いまのままで置いておいて、今治にはつくるな、つくるなという。これはあまりにもひどいではないか、というのが私の思いでありました。

少し時間をちょうだいしてよろしければ、私の知事の任期の終わりの方に、民主党政権が誕生して、「自民党ではできないわ。私たちがやる」と言って、頑張ってくれました。対応不可の門前払いから、実現に向けての検討とレベルアップしました。「ああよかったね」と、私は次の知事にバトンタッチしました。

ところが、自民党政権に返り咲いても何も動いていない。何もしないでいて、ただ今治だけにブレーキをかける。それが、既得権益の擁護団体なのかという悔しい思いを抱えてきました。

そして、国家戦略特区で取り上げられ、私も昔取った杵柄で、いま今治市の商工会議所の特別顧問という形で、この応援団の一員として参加しております。

それを眺めながら、大切なことは欧米に伍した先端サイエンスと、感染症対策と、封じ込めと、私たち日本人の生命がかかるこの問題を、欧米に遅れないような獣医師の養成をしなければならないことに、手を加えないでおいて、「今治はだめ、今治はだめ」「加計ありき」と言うのは何でかなと思います。

私は、加計ありきではありません。加計学園がたまたま、愛媛県会議員の今治選出の議員と、加計学園の事務局長がお友達であったから、この話がつながってきて飛びつきました。これもだめなのでしょうか。お友達であればすべてだめなのか。そんな思いで眺めながら、今日やっと、思いの一端はこの場を借りて申し上げさせていただきました

あわせて読みたい

「加計学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  2. 2

    「米軍に勝てない」北幹部が動揺

    高英起

  3. 3

    姜尚中氏語る「戦争回避」の道筋

    亀松太郎

  4. 4

    パチンコ団体の無茶な主張に呆れ

    宇佐美典也

  5. 5

    総選挙は橋下氏出馬次第で変わる

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  6. 6

    北の核 東京直撃なら死者85万人

    文春オンライン

  7. 7

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

  8. 8

    都民ファ議員 週刊誌報道に反論

    斉藤れいな

  9. 9

    発言捏造? 水原希子の動画を検証

    西村博之/ひろゆき

  10. 10

    O157トング犯人扱いはとばっちり

    山崎 毅/ドクターK(食の安全・安心)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。