記事

夫婦関係での一方的な我が儘な態度、何故、相手が我慢しなければならない不合理

 婚姻届を提出し、夫婦となった以上、簡単には離婚はできません。協議離婚の場合でも双方が署名して離婚届を出す必要があり、一方が離婚に応じなければ、民法上の離婚原因がなければ強制的に離婚を実現する方法はありません。

第770条
1 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
  一 配偶者に不貞な行為があったとき。
  二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
  三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
  四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
  五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

2 裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。


離婚と子

 弁護士ドットコムに興味のひく記事がありました。
結婚翌日に早くも後悔した新妻、一度出した婚姻届を「キャンセル」できる?」(弁護士ドットコム)

「近距離5年、遠距離5年の長い付き合いがあり、お互いのことをよく理解していた、はずだった。
 ところが、投稿主によれば、婚姻届を出してからの結婚生活は、思い描いていたものとは違ったようだ。夫は弁当について「前日の残り物入れるな、入れたら捨てる」と発言。また、「不便なとこ住んでるのに買い物も連れてってくれない」、「帰っても手洗わないし、食器棚の収納場所についても口出してくる」。そんなことに嫌気がさしているそう。」

 結婚した途端に態度が変わったという話はよく聞きます。私もさっさと離婚したいという気持ちはよくわかります。
 しかし、裁判所は、これだけの理由で離婚を認容することはありません。
 弁護士ドットコムの回答もこのようになっています。

「法律で認められる離婚理由が必要になります。暴力や不貞などの理由がない投稿主の場合、一定期間以上の別居を続けることで、夫婦関係が破綻しているとして離婚が認められることになるでしょう」

 裁判所の発想からは、夫婦関係を維持するためにどれだけ努力したのかなどが問われることになります。
 ドットコムの回答にあるような「一定期間以上の別居」ということですが、その別居を実現するためには、この新妻はさっさと結婚2日目で家を出ることになります。そうなるとむしろ、婚姻関係を破壊したのは妻側だと言われかねません(離婚原因の770条1項2号)。
 では、別居の前に話し合いなどの努力ということになりますが、その間、夫婦生活を「普通」に送れますか、ということなのです。
 少なくとも性行為を求められても、嫌悪感があれば応じることなど絶対にできません。こうなると夫側が性行為に応じないからという妻側の帰責性を主張してくるでしょう。
 いずれにしても、妻側にとっては非常に大きな不満を抱えることになりますし、その原因といえば、我が儘な夫の態度にあるわけですから、どう考えても、このような婚姻関係を維持することを正当化する理由は妻側にはありません。

 もとより簡単に離婚を裁判所で認めてしまっては無責任な離婚請求を助長しかねず、それはそれで婚姻制度を崩壊させてしまいます。
 憲法24条によれば両性の合意のみよって成立する婚姻関係も一定の法的保護を与えればこその婚姻なのですから、一定の事情がない限り、離婚を認めないというのもやはり婚姻制度に内在する制約にはなります。

 とはいえ、一方の配偶者が他方の配偶者に対して我が儘な態度をとっても当の本人はその自覚がないどころか、それを指摘されても聞く耳すら持たないでしょう。聞く耳があるのであれば、最初からそのような我が儘な態度は取らないのです。
 そのような状況で離婚もできない、別居もできないということになれば一方配偶者によって他方配偶者が犠牲になるという構図にしかならなくなります。このような状態が続けば日々、不満が鬱積していくことになります。
 ある日突然、別居ということになっても原因となった配偶者にとっては寝耳に水、一方的に出て行った、離婚を切り出されたということになります。
 裁判の中でも日々の我が儘な態度を主張の中で組み立てていくことはかなり厳しく、裁判所からは努力が足りないという発想で見られることになるわけです。
 なぜなら、その間、話し合うではなくひたすらに我慢してきたから、何の努力もしていないと評価されてしまうからです。

 このあたりの実務的な感覚はどうにかならないのかなと思うわけです。書面上に文章化されたものをみて、法に当てはまるかどうかだけを判断するので、夫婦関係の実態がどうかなどには踏み込みません。少なくとも長年の鬱積を文章化したら本一冊になりますが、現実にはうろ覚えになり、具体的な主張(日時、場所、言動など)は困難を伴います。
 こうして考えてみると長年、我慢しても意味がなく、私はさっさと別居してしまったらいいとは思います。我が儘な相手に我慢したり、話し合いをするなどというのは無駄だからです。それ以上に我慢したりした場合の不満が鬱積した場合、自分だけが精神的に追い詰められていくだけだからです。

 先般、福岡県警の巡査部長が妻子3人を殺害するという事件がありました。
 この事件は既に起訴されていますが、容疑は否認したままです。真相はよくわかりません。しかし、報じられてた内容を読んだとき、この巡査部長は、かなり追い詰められていたのかなと思いました。仮にこの事件を引き起こしたのだとすれば、普通の精神状態ではできません。
 こういった家庭内の問題が起きたときに、どうすれば良かったのかということです。嫌だったら離婚すればいいだろと言われることがあります。しかし、一定の職がある場合、離婚するにも多大な労力とリスクを負う場合もあり、なかなか離婚に向けた行動ができない場合も少なからずあります。
 別居に踏み切った場合に妻側に職場に乗り込まれたりしたらなどと考えれば、もうちょっと我慢しようということになるわけです。

 宮崎県で起きた、妻子と義母を殺害し、死刑判決を受けた若い夫の事件もありました。家庭内の状況は聞くだけでも相当に我慢していたんだろうなと思うわけです。もちろんそれが殺人という方向に向いてしまうことは論外ですが、この夫の立場に立った場合、一体、どうすべきだったんだろうと思うわけです。

 一方の配偶者の我が儘が他方配偶者の我慢させるなどというのは夫婦関係としては成り立たない、こうした常識に周囲も理解を向けていくべきだろうし、そういった常識の中で裁判所も判断していくべきなんだろうと思います。
 そうでなければ、対等な関係での夫婦は成り立ちません。離婚が制約されているが故に一方配偶者が他方配偶者を支配する関係が成り立っていることにも目を向けるべきときだということです。

 先の福岡県警の事件では、本人が否認のまま懲戒免職処分となりました。
 それはともかく、福岡県警のコメントは問題があります。
母子3人殺害事件、福岡県警巡査部長を懲戒免職」(読売新聞2017年7月13日)

「久田誠警務部長は「被害者のご冥福めいふくをお祈りするとともに、規律を徹底し、県民の信頼回復に取り組む」とコメントした。」

 求められているのは、逃げ場です。規律を厳しくした場合、より現場の警察官が家庭内に問題を抱えた場合、追い詰められはしないでしょうか。

 さらに離婚を困難にする親子断絶防止法
親子断絶防止法案 連れ去り別居の禁止は本当に現実的なんだろうか 離婚したい妻を抑圧するだけになるだろう


あわせて読みたい

「離婚」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍晋三記念小学校」嘘と判明

    和田政宗

  2. 2

    希望維新の合流進めたい安倍首相

    NEWSポストセブン

  3. 3

    籠池氏の嘘 拡散した朝日は無視?

    和田政宗

  4. 4

    内田樹氏の安倍政権分析に納得

    マガジン9

  5. 5

    よしのり氏「罠にはまった文春」

    小林よしのり

  6. 6

    よしのり氏 山尾氏の改憲案見よ

    小林よしのり

  7. 7

    日本が核禁止条約に署名しない訳

    河野太郎

  8. 8

    強姦が日常 元北朝鮮女性兵語る

    BBCニュース

  9. 9

    名古屋は地元離れぬ下層民の楽園

    SeaSkyWind

  10. 10

    詩織さん事件 超党派議連が追及

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。