記事

睡眠時間を削るのは最悪の選択

1/2
睡眠こそが人生を豊かにするものだと盛んにいわれるようになってきた。睡眠が変われば、人生が変わる、と。寝る間を惜しんで働いているつもりの私たちには、ピンとこない話である。実際、人生を変えるような睡眠の方法があるのだろうか。そこで、『人生が劇的に変わる睡眠法』(プレジデント社)の著者である白濱龍太郎先生に、良質の睡眠を手に入れる方法を相談してみることにした。

■どんどんふくらむ睡眠負債の先は?

【白濱】どうされましたか?

――先生のところへ行くと人生が変わる睡眠法を教えていただけると聞いたのですが……。

【白濱】そうでしたか。それじゃあ、まず睡眠時間はどのくらいか教えてもらえますか?


『人生が劇的に変わる睡眠法』(白濱龍太郎著・プレジデント社刊)

――平均4~5時間くらいだと思います。

【白濱】それは、少ないですね。睡眠が短くなると、体の疲れはとれないし、脳は情報整理や修復もできません。その状態で目覚めても脳がリセットできていない状態ですから、集中できずにぼーっとする日が続いてませんか?

――そうですね。最近、集中力が落ちているのは自覚しています。

【白濱】睡眠負債という言葉を聞いたことがありますか?

――負債というくらいですから、よくないものだということはわかりますが……。

【白濱】睡眠不足が積み重なっていくことを睡眠負債といいます。そして、睡眠負債がふくらむと、体に異変が起きてきます。まず、人としてのあらゆる能力が損なわれて低下します。判断力、体の反応速度、状況の把握能力、記憶力、コミュニケーション能力などすべてです。どの程度落ちると思いますか?

――2割程度ですか?

【白濱】すべての能力が2~5割低下するそうです。

――5割も?

【白濱】それだけではありません。睡眠負債がふくらむと、免疫力が落ちるし、血糖値は上がるし、内臓脂肪はたまりやすくなります。生活習慣病を引き起こす要因ばかりですね。それに認知症のリスクも高まります。

――睡眠負債って何一ついいことがないじゃないですか。でも、現実的には睡眠不足を解消するのはなかなか難しいですよね。仕事も忙しいですし。

【白濱】インターネットで世界中がつながって、昼も夜もない時代だということはよくわかっています。ビジネスの現場では、競争に勝つためにスピードを求められているのも知っています。じゃあ、自分の時間のどこを削るかと考えると、睡眠時間が手っ取り早いこともよくわかります。

――普通に仕事しているだけで睡眠不足になってしまいますからね。

【白濱】アメリカやドイツでは、3人に1人が平日に十分な睡眠がとれていないといいます。日本にいたっては3人に2人が平日に十分眠れていないと答えています。

――なんだ、みんな睡眠不足じゃないですか。

【白濱】そうなんです。世界中の人が睡眠不足なんです。だからといって、睡眠を削っていいわけではありませんけどね。

――それはそうですが。

あわせて読みたい

「睡眠」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍晋三記念小学校」嘘と判明

    和田政宗

  2. 2

    希望維新の合流進めたい安倍首相

    NEWSポストセブン

  3. 3

    籠池氏の嘘 拡散した朝日は無視?

    和田政宗

  4. 4

    内田樹氏の安倍政権分析に納得

    マガジン9

  5. 5

    よしのり氏「罠にはまった文春」

    小林よしのり

  6. 6

    よしのり氏 山尾氏の改憲案見よ

    小林よしのり

  7. 7

    日本が核禁止条約に署名しない訳

    河野太郎

  8. 8

    強姦が日常 元北朝鮮女性兵語る

    BBCニュース

  9. 9

    名古屋は地元離れぬ下層民の楽園

    SeaSkyWind

  10. 10

    詩織さん事件 超党派議連が追及

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。