記事

議論を重ねても“よい結果”が出ない理由

編集者・ライター 斎藤 哲也

「三人寄れば文殊の知恵」という慣用句がある。とくに頭がよいわけでもない、平凡な人間がひとりで考えていてもなかなか妙案は浮かばないが、3人で相談しながら考えれば、よりよい知恵が浮かんでくるもの──そんな意味だ。皆で話し合い、意見を擦り合わせていくことで最適解を導き出そうとするのは、民主主義の基本的な要件でもある。しかし実際は、そうした営みがうまく機能しない状況によく陥ってしまう。それは一体、なぜなのだろうか。

「同調実験」が示した驚きの結果

下の2枚のカードを見てもらいたい。右のカードの線A、B、Cのうち、左のカードに引かれた線と同じ長さのものはどれだろうか?

答えはもちろんCだ。この問題には、種も仕掛けもありゃしない。正答率は、どう考えたって100%にかぎりなく近いだろう。

ところがある条件のもとに行われた実験では、この正答率が60%台になってしまった。つまり、質問された人のおよそ3分の1が間違った答えを選んでしまったのだ。

その実験とは、アメリカの社会心理学者ソロモン・アッシュがおこなった「同調実験」である。有名な実験なので、すでにご存じの方も多いと思うが、概要を紹介しておこう。

実験では、8人が一組になって、上記のような2枚のカードを複数回見せられ、同じ長さの線を選ぶように指示される。しかし、じつは7人はサクラで、1人だけが真の被験者という設定だ。

8人は、1人ずつ順番に自分の答えを言っていくが、サクラの7人が先行し、真の被験者は最後になるように座席が配置されている。

いざ、実験開始。最初の2回は、サクラの7人も、正しい線を選ぶ。当然、真の被験者も正しい答えを選ぶ。ところが3回目になると、サクラ7人は一斉に間違った答えを選ぶのだ。

実験は、18回まで繰り返され、そのうち12回でサクラ7人は、誤った答えを選んだ。アッシュは、この実験を50人に対して実施したが、結果はどうだったか。

冒頭で述べたように、サクラ7人が誤った答えを選んだ場合、誤答率は36.8%になった。驚くべきは、7割を超える被験者が、少なくとも1回は、周囲につられて誤った線を選んだという事実だ。

日本人は同調圧力に弱くない

この実験が示すように、人間はいともたやすく同調圧力に屈してしまう。同じ長さの線を選ぶという間違えようのない問題に対してすら、同調圧力のバイアスが強くかかるのだから、政治的な見解やら社内の意思決定においては推して知るべしだろう。

補足的な話をひとつ挟んでおこう。この同調実験は1951年に行われた。その後、同様の実験がアメリカで繰り返され、誤答率(=同調率)は、平均でおよそ25%だった。

ここで気になるのは、日本の場合だろう。日本人は集団主義的で同調圧力に弱いと、日本人自身もよく口にする。ならば、同様の実験をしたら、さぞかしアメリカよりも高い同調率になりそうだ。

ところがどっこい、結果はアメリカと大して変わらなかった。心理学者の高野陽太郎が『「集団主義」という錯覚』のなかで報告しているが、日本の大学生を対象におこなった同様の実験でも、同調率はアメリカとほぼ同じく25%だったのだ。

「三人寄れば文殊の知恵」になるのか否か

ということは、実験から読み取るかぎり、アメリカ人は個人主義で、日本人は集団主義というのも、これまたバイアスにすぎないことになる。もちろん、実感や経験にもとづいて反論したくなる方も多いだろう。が、いまは日本人論を展開することが本題ではないので、この話題は別の機会に譲りたい。

さて、そこで次に考えてみたいのは「三人寄れば文殊の知恵」となるかどうかだ。先の同調実験には“話し合い”という要素がない。一方、日常生活では、人々はさまざまな形式、内容で会議を開き、話し合う。

では、集団で話し合えば、偏見や思い込み、先入観は修正されるのだろうか。そもそも話し合いは、そのためにあるはずだ。たとえば政治思想の分野には、「熟議民主主義」や「討議的民主主義」という考え方がある。人々が議論を通じて、自分の意見や主張を相互に吟味していくことで、より優れた意思決定ができるという考え方だ。

多くの人は、「ごもっとも」と思うに違いない。物事をいきなり多数決で決めるのではなく、よく話し合い、意見を出し合ったうえで決を採る。学級会でも、散々そんなことを先生から言われた覚えがある。だからこそ、民主主義の機能不全や形骸化を嘆く場合、「熟議の欠如」が漏れなくセットになりやすい。

集団は個人の偏見を増幅させる

でも、本当に熟議や話し合いは個人のバイアスを修正してくれるのだろうか?

どうやらそうでもないようなのだ。この問いをずばり扱っている『賢い組織は「みんな」で決める』(キャス・サンスティーン+リード・ヘイスティ、NTT出版)は、「大局的に見れば、個人の偏見が集団で組織的に正されることはなく、悪化してしまうことのほうが多い」という。

<たとえば、個々の陪審員が、裁判前に被告が有罪であるかのような誤った評判を聞いたり、単に被告の容姿に良くない印象を持っていたなどの理由で、偏見を持っていたとしよう。その場合、陪審員団は個々の陪審員の偏見を正すのではなく、増幅してしまう可能性が高い。>(同上)

なんと集団は、個人のバイアスを修正するどころか、増幅させてしまう。いったいなぜそんなことが起きるのか。

端的に言えば、空気を読んでしまうからだ。

熟議はなかなか成功しない

空気の読み方には、いろいろある。バイアスのかかった意見が大勢を占めると、異論・反論を持っていた人も、「もしかしたら、そちらのほうが正しいのかも」と、自分の意見を引っ込めてしまう。あるいは、「ここで反論をしたら、みんなから白い目で見られる」と思い、沈黙を守る場合もある。そうなれば、議論は一方向に振れやすい。結果、個々のバイアスや先入観も強化されてしまうわけだ。

集団の危うさは、それだけにとどまらない。同書では、個々のバイアスや間違いの増幅のほか、最初に発言、行動を起こしたメンバーに従いやすい「カスケード効果」、集団がすでにもっていた方向を極端に先鋭化させる「集団極化」などを、集団の問題として指摘している。

もちろん、熟議や話し合いが、必ず上記のような問題をまねくわけじゃない。熟議が成功して、個々のバイアスが修正されたり、より生産的な意見へと発展したりすることもある。

だが、同書が言うように、「実世界では議論はしばしば誤った方向に向かってしまう」し、「多くの集団はメンバーたちの間違いを正すことができない。逆に、増幅してしまうことが多い」なんて状況に陥りがちだ。

熟議は、どうすれば成功に導けるのだろうか。次回、さらに考察を深めていこう。

あわせて読みたい

「コミュニケーション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ネトウヨが保守論壇をダメにした

    文春オンライン

  2. 2

    サギ師が使う人の心を操る話し方

    fujipon

  3. 3

    都顧問 小池都政なければ大混乱

    上山信一

  4. 4

    音喜多氏「小池氏演説は攻撃的」

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    戦略的投票を推奨する朝日に疑問

    和田政宗

  6. 6

    元SMAP3人VSジャニーズの報道戦

    文春オンライン

  7. 7

    情勢調査が有権者に与える影響

    AbemaTIMES

  8. 8

    英国でトラブル 日立は正念場に

    片山 修

  9. 9

    約30年ひきこもり 就労までの道

    PRESIDENT Online

  10. 10

    辻元氏 米は他国民を救出しない

    辻元清美

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。