記事

総理の難病を揶揄する琉球新報はジャーナリズムと呼べるのか

琉球新報が、安倍総理の難病を揶揄するコラムを書いた。

完全にジャーナリズム失格。

総理に対し批判をするのは新聞として有り得るが、それでも他の言葉を使うなどでの批判の仕方があるのではないか。

同じ難病に苦しむ人の気持ちを考えたことがあるのだろうか。

こうしたことも見えなくなっている新聞は、自らをジャーナリズムと呼ぶのをやめたらどうだろうか。

以下、琉球新報のコラム。

『ちまたでは森友学園の「もりそば」、加計(かけ)学園の「かけそば」で、安倍首相は「腹を痛めている」とちゃかされている。』

全文は↓

https://ryukyushimpo.jp/column/entry-533670.html

あわせて読みたい

「琉球新報」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  3. 3

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  4. 4

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  6. 6

    小池新党は若狭氏の舵取り次第

    早川忠孝

  7. 7

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

  8. 8

    小池新党は選挙対策「互助会」か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    中国国境に接する北は崩壊しない

    Chikirin

  10. 10

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。