記事

WeWorkが日本に進出するっぽいけど、日本の貸会議室、シェアオフィス会社も盛り上がってるっぽいよ!

時価総額2.3兆円」と言われるNYのコワーキングスペース『WeWork』がついに日本に進出するという記事が流れてきました。

コワーキングスペースWeWorkが日本上陸間近、最新の調達ラウンドで企業評価は2.3兆円に(TechCrunch Japan)

ちょっと前にソフトバンクが30億ドルを出資したと話題になっていましたが、また調達したようです。そして日本についにやってくるとのことで面白くなってきました。WeWorkについてはSBが出資した際などにさかんに記事が書かれていたのでそちらをご覧頂くとして、「シェアオフィスなのにそんなに時価総額つくなんてよくわからない」というような声が多かった気がします。

日本でもコワーキングオフィスや貸会議室などの事業が「シェアリングエコノミー」文脈で語られ、コワーキングスペース『CROSSCOOP』運営のソーシャルワイヤーが上場したり、貸会議室のTKPも先日上場するなど盛り上がってるような気もします。


シェアオフィス事業の上場企業

シェアオフィス事業をやってる上場会社は前述のソーシャルワイヤーの他にもいくつかあって、貸トランク事業などをやってるエリアリンク、BPO事業がメインのスリープログループなどがあげられます。スリープログループは一昨年にアセットデザイン社を子会社化し、シェアオフィス事業を拡大しようとしてる感じ。

その他、三井不動産、東急不動産、オリックスなどの大手もこの領域に進出しています。WeWorkはさきほどのTCの記事によると三菱地所なんかと話してるようですね。

一方、スタートアップではツクルバがシェアオフィスの『co-ba』を運営してたり、貸会議室予約サイト『Spacee』が先日ニッセイキャピタルなどから2億円を調達などの事例も。『スペースマーケット』などのサービスなども含めるとわりとプレイヤーは出てきている雰囲気。


さて、貸会議室の方ですが、僕が普段いる道玄坂のビルの隣には貸会議室で有名なフォーラム8があるのですが、いつも何らかの会議なりミーティングなどの会合が開かれていて、思ってたよりも需要があるなーと感じています。

そんな貸会議室事業で先日上場したのがTKP。このTKPですが、現在670億円以上の時価総額がついているんですよね。日本のWeWork感が無くもない。

貸会議室のTKP売上

業績的にはこんな感じで、売上220億の経常25億と、利益率は10%を超えてる。貸会議室の他に料理や宿泊などの付加サービスも拡充させていて、事業を拡大してるようです。

と、この領域は個人的にも注目してたんですが、数値的に馴染みがなかったので、ざっくりと調べてみたのでした。おわり。


【関連エントリー】
上場承認がおりたソーシャルワイヤーの沿革が味わい深いんだ

あわせて読みたい

「シェアリングエコノミー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新潮45休刊と雑誌界の厳しい現実

    篠田博之

  2. 2

    「新潮45」休刊が招く言論の衰退

    門田隆将

  3. 3

    ZOZOvsユニクロ 全面戦争が勃発

    MONEY VOICE

  4. 4

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  5. 5

    貴乃花引退に追い込んだ相撲協会

    早川忠孝

  6. 6

    日村の淫行疑惑 FRIDAYに非難も

    AbemaTIMES

  7. 7

    韓国の正義が生み出す短命大統領

    吉崎達彦(かんべえ)

  8. 8

    「人権守れ」日本人のズレた叫び

    自由人

  9. 9

    新潮45騒動で杉田氏を除名処分か

    SmartFLASH

  10. 10

    貴乃花だけが頼りだった稀勢の里

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。