記事

電通の違法残業、正式裁判へ

広告大手電通の違法残業事件で、東京簡易裁判所(池上裁判官)は、昨日12日、労働基準法違反罪で略式起訴された電通への略式命令を「不相当」として、公開の正式裁判を開くことを決めた、と報じられています。

新人社員の高橋まつりさん(当時24歳)が、2015年12月に過労自殺したことについて、安倍政権が「働き方改革」を推進していることもあり、注目されていましたが、公開で審理されることで、過労死を抑止する力になることを望みたいと思います。

東京地検は、7日に略式起訴を発表した際に、正式な裁判を求めなかった理由について「違法と認定できる時間や被害労働者の人数、他の事件を検討した上での判断」と説明していました。

略式不相当というのは、100万円以下の罰金か科料となる事件で、検察官が容疑者の同意を得て略式起訴したものの、簡易裁判所が略式命令を出すのはふさわしくないと判断した場合に示されます。

これまでの長時間労働では、企業だけが略式起訴され、仕事を具体的に指示する立場の幹部などは起訴猶予になるケースが大半、ということです。

企業は争わずに罰金を納付すれば、早期に決着していました。

電通の場合、正式の裁判になれば、検察が処分を判断した証拠が明らかになり、電通側の被告人質問などもあるそうです。

残業時間について労使が結ぶ「36協定」が無効だったことなど、労務管理の実態が明らかになるとみられます。

多くの過労死、過労自殺で、死に至る経緯や会社の労務管理の実態は明らかにならないことが多く、真相解明が、過労死の抑止力になることを、遺族や関係者は期待しています。

これまでに、略式の処分を裁判所が「不相当」とした事例は2件ありますが、企業の規模や知名度が違い、今回の電通の裁判は、大企業やその経営者に警鐘をならすものとして、注目されています。

あわせて読みたい

「電通」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  3. 3

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  4. 4

    温泉更衣室の防犯カメラは違法か

    花水木法律事務所

  5. 5

    iPhone X購入の前にWi-Fi導入を

    永江一石

  6. 6

    核武装した北との共存ありえない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    よしのり氏 小池新党はいらない

    小林よしのり

  8. 8

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

  9. 9

    日本人の稼ぐ力 今や他国の7割に

    THE PAGE

  10. 10

    信用なくてもツキはある安倍首相

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。