記事

“史上最弱のプロ棋士”が考える「藤井四段に勝つ戦法」

藤井四段とどう戦う?(写真:時事通信フォト)

【藤井四段とどう戦う?(写真:時事通信フォト)】

 棋士デビューから前人未到となる29連勝を成し遂げた藤井聡太四段(14)。棋士であれば“藤井四段の攻略法”に思いを巡らせることだろう。

「え、それを私に聞くんですか? 私が何か言えることがあるのかどうか……」

 訝しげに答えるのは、熊坂学五段(40)だ。

 熊坂五段は24歳でプロデビューするも、規定の成績が残せず史上最短で“強制引退(*注)”に追い込まれた経歴の持ち主。「史上最弱棋士」とも呼ばれる。

【*名人戦順位戦C級2組からフリークラスに陥落した棋士は、その後10年以内に再び昇級できないと引退となる】

 引退後は出身地の仙台で「杜の熊さん将棋教室」を営む熊坂五段に、藤井四段と対局したいかと聞くと、「将棋盤を挟んで相対することがあったら、棋士としての本能的な闘争心が絶対湧いてくると思います」とやる気の様子。では、勝つ自信は?

「う~ん、今の時代は膨大なデータをもとに分析、研究できますからね。勝てるかどうかはともかく、“こんなふうに戦えばうまくいくんじゃないか”というイメージはあります。でもすみません、それをマスコミの方に話すのは勘弁してください」

 何やら“秘策アリ”の口ぶりだった熊坂五段。安定した戦績は残せなかったが、現役時代には藤井四段の30連勝を阻んだ佐々木勇気五段(22)に勝ったこともある。対局が実現すれば、大番狂わせもあるのかも?

※週刊ポスト2017年7月21・28日号

あわせて読みたい

「藤井聡太」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米の非同盟扱いは韓国の自業自得

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    ジャンプ船木 お家芸潰しに持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    AV出演強要 19歳少女が落ちた罠

    渡邉裕二

  4. 4

    松本人志ネカフェ難民発言で物議

    キャリコネニュース

  5. 5

    貴乃花派潰しが着々と進む相撲界

    NEWSポストセブン

  6. 6

    カーリングが選抜チーム作らぬ訳

    NEWSポストセブン

  7. 7

    「IQOSの方が安全」は証拠不足

    NewSphere

  8. 8

    欧州で人気の抹茶 日本産は駆逐?

    田中淳夫

  9. 9

    よしのり氏「朝日に良識感じた」

    小林よしのり

  10. 10

    中国による台湾の吸収は困難か

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。