記事

「食の安全情報」と「食の安心情報」が区別できますか?~加工食品の原料原産地表示義務化が惹起する消費者の不信感~

1/2

 "リスクの伝道師"ドクターKです。今月は久しく続いた豊洲新市場移転問題の「食の安全・安心」から放れて、日本の多くの消費者がいまだに「食の安全」と「食の安心」をうまく切り分けできていないケースとして、この8月に食品表示法改正が施行される予定の「すべての加工食品の原料原産地表示義務化」について解説したいと思います。

 まずは、読者の皆様に簡単な質問に答えていただこう。以下の食品ラベル表示項目について、「食の安全情報」か「食の安心情報」かに振り分けていただきたい。なお「食の安全」情報とは、これを見間違えることにより、すべての消費者または一部の脆弱な消費者に対して健康被害が起こりうるリスク情報という意味であり、その逆に「食の安心」情報とは見間違えてもそれに直接起因する健康被害が起こりえないもので、消費者の主観的・合理的選択に資するための表示情報という意味である。

 ①消費期限/賞味期限
 ②保存方法(冷蔵、冷凍なども)
 ③使用方法/調理方法(お召し上がり方)
 ④原産国表示、原料原産地表示
 ⑤原材料名:添加物表示(アレルゲン情報は含まない⇒⑦に別項目あり)
 ⑥原材料名:遺伝子組み換え表示
 ⑦アレルギー表示(アレルゲン情報)
 ⑧栄養成分表示
 ⑨有機JAS認証マーク
 ⑩放射性物質検査済み表示

 食品のラベルに表示される情報のうち10項目をあげてみたが、このうちいくつが「食の安全情報」と回答されただろうか。さすがに製品ブランド名や価格を「食の安全情報」に振り分ける方はおられないだろうと思い除外したが、意外に「あのブランドは危険だ」「安かろう悪かろう」などと考える方は「食の安全情報」と勘違いされることもあるのだろうか。食のリスクをできるだけ科学的に評価する目をもつことで、本来自分自身や家族の健康に悪影響を与える可能性のある「食の安全情報」=「食の残留リスク情報」を正確に認識することは重要だ。他方「食の安心情報」に関しては自分の価値観や好みに合った商品を合理的に選ぶための情報と認識し、賢く食を選択する力(選食力)を養うのがよいだろう。

 筆者は、上記の食品ラベル表示10項目のうち「食の安全情報」として認識されるべきは、①、②、③、⑦、⑧の5つと考えている。理由は「食の安全情報」の定義のとおり、これら5項目を見間違えて、短期間もしくは長期間にわたって当該食品を摂食することにより、すべての消費者または一部の脆弱な消費者に対して健康被害が起こりうるからだ。自動的に残りの④、⑤、⑥、⑨、⑩は「食の安心情報」となり、これらが直接健康被害の要因になる可能性はない、すなわちリスクが小さすぎて安全性に依存しないため、あくまで消費者の合理的選択(いわゆる好き嫌いなどの主観/価値観)に資する情報ということだ。この回答に関して異論のある方は、ぜひ筆者との意見交換をさせていただきたいと考える(それが本来の「リスコミ」の意義だからである) ⇒ nposfss@gmail.com

 この「食の安心情報」のひとつ「原料原産地表示」に関して、いますべての加工食品に表示が義務付けられようとしており波紋を呼んでいる。消費者庁における検討会中間報告が昨年11月にまとめられ、現在は内閣府消費者委員会食品表示部会に諮問され議論されているところだが、このまま微細な修正を加味したうえで、来月8月にも新たな内閣府令食品表示基準の改正が施行される見通しだ:

◎内閣府消費者委員会第41回食品表示部会(平成29年6月29日)
 http://www.cao.go.jp/consumer/kabusoshiki/syokuhinhyouji/bukai/041/shiryou
/index.html

◎食品表示基準改正のポイント(消費者庁/平成29年3月29日第39回資料より)
 http://www.cao.go.jp/consumer/kabusoshiki/syokuhinhyouji/doc/170629
_shiryou1_2.pdf

 消費者庁から示されたこの「食品表示基準改正のポイント」(案)が、今回の「すべての加工食品(輸入品除く)を対象として義務化される原料原産地表示」の法令ルールの概要になるので、注意深く読みこんでいただきたい。p3に今回の主な改正点がまとめてあるのだが、細かい除外規定はともかく、よくわかるのは「○義務表示の対象となる加工食品が全ての加工食品(輸入品を除く。)」である点、「○義務表示の対象となる原材料 が、原則として製品に占める重量割合上位1位の原材料(対象原材料)」というところまでであろう。その次に登場する「従来の国別重量順表示を原則としつつ、これが困難な場合には、可能性表示や大括り表示を行うことができる。」「対象原材料が中間加工原材料である場合、原則として、製造地表示を行う。」というところまでくると、「ちょっと待て、すべての加工食品で対象原材料の原産国を国別に重量順表示する(たとえば、「豚肉(アメリカ、カナダ)」など)というルールになるんじゃないの?」という感じで迷子になってしまう一般消費者が多いのではないか。

あわせて読みたい

「食品」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    価格破壊QBハウス 値上げは責務

    自由人

  2. 2

    ボクシングより酷い競技団体の闇

    メディアゴン

  3. 3

    阿波踊り強行 3者利害錯綜の結末

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    前原氏「石破氏何をしたいのか」

    AbemaTIMES

  5. 5

    自民議員 サマータイム2年案に喝

    船田元

  6. 6

    慰安婦問題めぐり元日本兵が証言

    AbemaTIMES

  7. 7

    自民議員の酷い夏時間案が話題に

    キャリコネニュース

  8. 8

    ネットで散見されるダメな批判例

    常見陽平

  9. 9

    翁長氏を罵った自称保守は罪深い

    古谷経衡

  10. 10

    安倍首相は改憲案そのまま出すな

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。