記事

社員を「おまる」と呼ぶトイレ掃除のプロ

ジャーナリスト 吉村 克己

「ナンバーワンよりオンリーワン」という言葉があるが、横浜市のアメニティほどのオンリーワン企業はないだろう。トイレの総合メンテナンス会社として全国規模でサービスを展開しているのは日本でも同社だけである。業務は単なるトイレ掃除だけではない。トイレを徹底的にケアし、快適さを保つのだ。2代目の山戸伸孝社長に聞いた。

便を「はじいた」ので「波自賀村」


山戸伸孝・アメニティ社長。ビジネスネームは「波自賀村跳男」。

日本唯一のトイレ総合メンテナンス会社であるアメニティの社員たちは全員、ビジネスネームを持っている。すべて、トイレにまつわる名前だ。社長の山戸伸孝(47歳)は「波自賀村跳男」(はじかむらはねお)である。

命名したのは山戸の父にして創業者の里志(さとし)である。その由来はなかなか興味深い。『播磨国風土記』にはこんな神話が書かれている。大汝命(オホナムチノミコト=大国主)と小比古尼命(スクナビコナ)の間で「粘土を担いで行くのと、糞を我慢していくのと、どちらが先に行けるか」というおバカな我慢比べ論争になった。実際に試したところ、大汝命が先に我慢しきれず、用を足し、それを笹が弾き上げて服についた。便を「はじいた」ので、この地を「波自賀村」(はじかのむら)と呼ぶようになったという。それに「跳男」を付けたわけだ。

社員の中にはもっとダイレクトに「おまる」という名前もあるらしい。いずれにせよ営業場面などではその話題で盛り上がって、効果抜群だという。

「先代(里志)が全員のネーミングをしたのですが、ネタとしては最高です」と山戸は笑う。トイレメンテナンス業を創始した創業者らしい発想力だ。

トイレ診断士という資格も

トイレというと、なんとなく笑いを誘うが、アメニティのビジネスは真剣そのものである。山戸は「便器には一つずつ顔がある。だからこそ、トイレの医者であるわれわれトイレ診断士が診て、処方を提示します。最終的には治療とその後の健康管理もお手伝いするのです」と語る。

トイレ診断士とはアメニティが1997年から独自に始めた社内資格制度で、トイレの問題を科学的に分析し、対処できる技能と知識を身につけている専門家だ。

顧客から依頼を受けると、必ずトイレ診断士がトイレ室内、便器などをチェックし、臭気の濃度や種類を検知器で調べ、その発生源を特定し、さらに換気や排水管の状況、雑菌の度合いなども確認、汚れや臭気を根源から取り除いた上で、汚れにくいように予防処置を施す。便器表面だけを磨くトイレ掃除とは別の次元だ。

アメニティのサービスは「アメニティネットワーク」というフランチャイズ(FC)によって全国展開され、現在、60社が加盟、北海道から沖縄までカバーしている。全国規模でこうしたトイレ総合メンテナンスを行う企業はアメニティだけだ。

最上級資格は「トイレクリーンマイスタートレーナー」


単なるトイレ掃除だけではない。トイレを徹底的にケアし、快適さを保つ。

実はトイレほどメンテナンスが難しい空間はない。狭い割には、水回り、電気系統が集まり、臭気や汚れの発生源の多くは、便器の奥、裏側、排水管の中など、目の届かない場所にある。だからこそ、トイレ診断士制度を通じて必要なノウハウを身につける必要がある。

診断士には1級と2級があり、基礎研修を受けて1年間経験した後に2級を受けることができる。これは合格率90%だが、1級はそれほど簡単ではない。最低2年の経験の後、受験でき、合格率はわずか30%。年1回実施され、学科と実技試験がある。水回り、電気系統の機能と構造、臭気のメカニズム、関連法規などが問われる。

現在、FCも含めて、1級が68人、2級が74人となっている。最上級の資格では「トイレクリーンマイスタートレーナー」があり、日常の清掃管理手法についてメンテナンスワーカーに教えられるレベル。FCを含めて30人ほどが認定されている。

もともと日本人は清潔好きだが、近年、その傾向はますます強く、トイレの快適さが集客力を左右するようになっている。そのため、全国の大型商業施設、高速道路やJR・私鉄各社、飲食店チェーン、病院など人の集まる施設では同社のサービスが喜ばれている。

「取れない汚れはない」

アメニティの事業の柱は主に3本ある。

「リピート・メンテナンス」(定期診断管理)は、定期的にトイレをチェックし、問題があれば対処する。具体的には便器の汚れや臭気確認、小便器の尿石防止剤の設置・交換、水を流す機器の診断、消臭剤の設置・交換などだ。作業後、リピート・メンテナンス報告書を作成する。

「リフレッシュ・メンテナンス」(機能・美観復帰)は、リピート・メンテナンスの前に実施されることが多い。見えにくい汚れを落とし、臭気を除去、排水管、汚水桝、床や壁の汚れ、設備機器の不具合などを直し、トイレ全体をリフレッシュする。

臭気の元は温水洗浄便座の裏側などに隠れていることが多い。尿石や汚物、時にはゴキブリの糞や卵などが付着していることもある。便座の脱臭フィルターも尿とほこりで目詰まりし、悪臭を放つフィルターになってしまう。床にこぼれた尿が目地にしみこんでいる場合は、汚れを除去し、必要に応じて床全体をコーティングする。

小便器の排水管内も内部に大量の尿石が付着し、管が細くなって、排水不良や悪臭の原因になる。そのため、電動ワイヤーや高圧洗浄機で尿石を取り除く。

山戸が「取れない汚れはない」と断言するだけのノウハウを持っている。

例えば、ある大型ショッピングモールでは、トイレ内の臭気がいつまでも抜けず、困って、アメニティに調査を依頼した。駆けつけたトイレ診断士は検知器で臭気濃度を調べ、風速計で換気扇の換気能力を確認、トイレ室内の容積から換気回数を割り出し、換気能力の不足が原因であると結論づけた。

こうした原因では、いくら芳香剤を設置しても意味がない。アメニティは感覚的なものを数値化してわかりやすく顧客に説明できるため、高い評価を得ている。

原因が設備にあるとわかれば、その改善も手伝う。それが3つ目の事業「リニューアル・サポート」(設備改善支援)だ。和式から洋式トイレに入れ替えたり、便器の数を増やしたり、タイルの貼り替え、便器や洗面台水栓の自動化なども行う。自動機器の製造も行っており、外食チェーンにも多数納入している。

あわせて読みたい

「トイレ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  2. 2

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  3. 3

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  4. 4

    貴乃花が協会改革に診断書利用か

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    iPS山中教授 日本の科学界に警鐘

    THE PAGE

  6. 6

    改名して出馬 「最強の無所属」

    畠山理仁

  7. 7

    朝日新聞の民進分裂検証が衝撃的

    天木直人

  8. 8

    日馬事件 秘密裏に示談交渉か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    石原元知事 産経に怒り断筆宣言

    NEWSポストセブン

  10. 10

    河野外相が明かす電話会談の全貌

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。