記事
  • S-MAX

バッテリーのいらない携帯電話が実現!ワシントン大学の研究者がプロトタイプを開発し、デモムービーも公開――Google Faculty Research Awardsなどが資金提供


バッテリーの要らない携帯電話が実現!ワシントン大学の研究者が開発
ワシントン大学は5日(現地時間)、同大学の電気工学科およびポール・アレンコンピューターサイエンス・エンジニア スクールの研究チームがなんとバッテリーのいらない携帯電話を開発したとお知らせしています。

コンピューター機器関連の学会「ACM IMWUT(Association for Computing Machinery on Interactive, Mobile, Wearable and Ubiquitous Technologies)」が7月1日に発行したプロシーディングに詳細な論文が掲載されました。

このバッテリーのいらない携帯電話は、最大約9.4m離れた基地局から発せられたRF(無線周波)信号からマイクロワットの電力を収集できるような仕組みを設計したということです。

02
自然環境中から電力を得る試みはこれまでにもさまざまなものがありましたが、多くは電力が非常に小さく、今回開発されたバッテリーのいらない携帯電話でもさきほどのRF信号から得られた電力だけでは継続して駆動するためには電力が足りません。

そこで、さらに米粒ほどの小さなフォトダイオードを組み込んでいます。これにより、フォトダイオードに光が照射されると、光起電力効果により起電力が発生します。この特性を用いてさらなる追加の電力を得ることで、バッテリーなしで連続的に動作できるバッテリーフリーの携帯電話を実現したとのことです。

この携帯電話は約3.5μWの電力を消費して、約15m先のカスタム基地局と通信することができたと発表しています。実際に以下にも掲載したデモ動画を確認すると、今回開発した携帯電話からダイヤルを行うと、カスタム基地局へ通信を行っています。すると、カスタム基地局側でSkypeのダイヤル発信を行い、大学構内の電話機へ発信しています。大学構内の電話に出ると、今回開発した携帯電話と通話が行えていることが確認できます。

今回、ワシントン大学の研究チームが取り組んだテーマは夢の広がる非常に興味深いものです。子どもの頃、電池がいらない電話なんていうものを想像したという経験がありましたが、まさか本当に実現するだなんて思いもよりませんでした。

今後この研究が発展すれば、昔描いたSFチックな世界に一歩近づけるかも知れませんね!なお、本研究は国立科学財団とGoogle Faculty Research Awardsによって資金提供されているということです。


動画リンク:https://youtu.be/5f5JJTmbO4U

記事執筆:YUKITO KATO

あわせて読みたい

「携帯電話」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「自民の勝利は当然」

    小林よしのり

  2. 2

    維新議員 相手陣営のデマに怒り

    足立康史

  3. 3

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  4. 4

    「小池の変」失敗の被害者は国民

    郷原信郎

  5. 5

    橋下氏 希望敗北でも「大功績」

    橋下徹

  6. 6

    昔なら恥だった『孤独のグルメ』

    fujipon

  7. 7

    時代遅れなアパレル企業の悲惨さ

    Chikirin

  8. 8

    立憲は野党再編へここから正念場

    三浦博史

  9. 9

    公明苦戦 山口代表の替え歌原因?

    三浦博史

  10. 10

    小池代表の排除発言は当然の対応

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。