記事

フジテレビ、入社試験で女子学生に「セクシーポーズ」要求していた? カトパンが「スカートを捲り上げた」と暴露し非難殺到

7月10日深夜に放送されたバラエティ番組「クジパン」(フジテレビ)内で、元フジテレビアナウンサーの加藤綾子さん(32)が発言した内容が波紋を呼んでいる。

加藤さんは自身がフジテレビの入社試験を受けた当時を振り返り、「セクシーポーズをしてください」と要求されたことを明らかにし、ネットでは「セクハラだ」「これを放送するなんて正気か」など、非難する声が上がっている。

カトパンの先輩の代でも同じことがあった様子

詳細について、現在フジテレビに取材を申し込んでいます
詳細について、現在フジテレビに取材を申し込んでいます

加藤さんは、「どうしようと思って、何を血迷ったか、ちょっとスカートの裾を上げたの。膝の上まで」と当時の状況を暴露した。面接を終え、控室に戻る他の受験生にどう乗り切ったか聞くも「そんなことやってないよ」と言われたため、後日人事担当者に問い合わせたという。すると、

「まさかスカートを捲り上げるとは思わず、『セクハラで訴えられたら大変だから止めろ』との声があり、それ以降は質問しないことになった」

と回答されたそうだ。加藤さんの話から推察すると、過去にアナウンサーとして入社した先輩社員にも同じ質問がされていたようで、

「先輩方に聞いたら、うなじを見せたり、ポーズ取ったり、そういう感じだったんだって」

と説明。自身の対応を、「本気のセクシーを求めてると思って本気で挑んじゃって」と笑いながら、思い出話の1つとして紹介していた。

アナウンサーとしての適性を図るのに「セクシーポーズ」は必要なのか

番組内でのこのやりとりを知った人からは

「入社を餌にしたハラスメント」「男性の自分もドン引き」
「これ、翻訳して海外のニュースメディアに共有した方がいいね」

などと、強い非難の声が上がっている。入社試験で「セクシーポーズをしてください」と聞くことが、アナウンサーとしての業務遂行上の能力や適性を測るために適切だとは思えない。加藤さんがスカートを捲り上げたことで初めて、セクハラとして訴えられるリスクを意識し、その後の質問を控えたというが、受験者がどう反応するかではなく、その質問自体がセクハラになるという自覚は無かったのだろうか。

また、これを放送したのは、番組制作スタッフが加藤さんのエピソードを笑い話として消費できると考えていたことの裏返しだ。ネットでも

「話した内容がそのまま放映されるって、編集サイドもこれでOKと思ったってこと?」

と疑問の声が聞かれている。10年以上経っても、セクハラに関する意識が希薄であると受け止めざるを得ない。

キャリコネニュースではフジテレビに対し、番組内での発言が事実かどうか、事実であれば意図はなんだったのか、取材を申し込んだが、「採用に関する詳細につきましては、回答を控えさせていただきます」とのことだった。

あわせて読みたい

「フジテレビ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  3. 3

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  4. 4

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  5. 5

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

  6. 6

    小池新党は若狭氏の舵取り次第

    早川忠孝

  7. 7

    中国国境に接する北は崩壊しない

    Chikirin

  8. 8

    女性用下着店にいる男性に賛否

    キャリコネニュース

  9. 9

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

  10. 10

    北朝鮮「米本土到達は不可避」

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。