記事

若者と高齢者、2世代間の絆を育む――フランスの異世代ホームシェア - / 藤谷和廣 / 政治哲学

1/2

2011年公開のフランス映画「みんなで一緒に暮らしたら」(Et si on vivait tous ensemble?)を覚えていらっしゃる方も多いのではないだろうか。人生最後の過ごし方を模索していた長年の友人5人は、世話係の学生を雇い入れ、共同生活を始める。一緒に暮らす中で生じる数々のトラブルを軽妙なタッチでコミカルに描く、心温まる作品である。しかし一方で、社会的に孤立しがちな高齢者の現実を浮き彫りにする。

シノドス国際社会動向研究所(シノドス・ラボ)がお届けする、「世界の市民活動」シリーズ第3回。今回は、学生に住居を提供するともに高齢者の孤独を解消しようとする、フランスにおける異世代ホームシェアの試みを取り上げる。

新しい共生のかたち

2003年夏、フランスは異常熱波に襲われる。特にパリでは酷暑が続き、1人暮らしの高齢者を中心に約1万5000人が熱中症で亡くなった。そこでNPOのLa Paris Solidaireが発足し、シニアと若者のホームシェアを推進。市も補助金を出すようになった。現在は30以上の団体が異世代ホームシェアの運営を行っており、大都市から地方中小都市までフランス全土に広がりを見せている。今回はそのうちの1つ、ensemble2générations(以下、E2G)を紹介する。

画像00

2006年6月に発足したE2Gはキリスト教系のNPO。福音書の教えが基礎となっており、ホームページには、「慈善は永遠に創造的である」という16~17世紀のフランスに生きたカトリック教会の司祭Vincent de Paulの言葉が引用されている。高齢者の孤独を解消し、学生に住居を提供する。共同生活を通じて他者への心遣いの中に喜びを見出してもらい、2世代間の絆を育むことが目的である。もちろん、信仰を問わず誰でも利用することができる。

E2Gはこれまで、約2400人の学生に無料、または経済的な家賃で住居を提供してきた。シニアの側は、日常生活の中で小さな手伝いをしてもらい、大切な時間を誰かと共有したいと望んでおり、部屋を借りる学生はその期待に好意的に応えることが求められる。創立者のTyphaine de Penfentenyo氏は、2012年11月、欧州委員会の雇用・社会問題・統合総局によって欧州世代間連帯年の大賞として表彰された。

対象となる学生の条件は、18~30歳で住居を探しており、慎み深く熱心な性格で、進んで手伝いをし、お年寄りに親近感を持っていることである。一方、対象となるシニアの条件は、60歳以上で家に空き部屋があり、日常生活の中で誰かの存在と手助けを必要とし、学生に居住先を提供する意欲があることとなっている。

学生は申し込みをする際に、自分の経歴、学校の場所、入居希望の期日などに合わせて、候補となっている受け入れ先の中から希望を出すことができる。その後、E2Gのスタッフがシニア宅を訪問し、推薦する学生の経歴を一緒に確認し、どのような手伝いをしてもらいたいかを決める。一緒に住む上で、調和的かつ持続的な関係を作ることができるよう、シニアが学生に何を期待しているのか明確にすることが重要である。

最適なマッチングが決まったら、両当事者に契約書、家屋の現状明細書、手伝いのリストが送られる。契約書は毎年9月に更新される。入居前に対面することも可能である。また入居後もE2Gは定期的に追跡調査を行う。学生の態度があまりにも悪い場合、告知がなされてから8日後に契約が解除される。また、契約を自発的に解除したい場合、その1ヶ月前に予告しなければならない。

E2Gに特徴的なのは、シニアの希望に応じて、「無料住居」、「経済的住居」、「連帯住居」の3つの形式を用意している点である。共同作業の程度に合わせて、家賃に差を付けることで、学生にとっても選択肢が広がった。

まず「無料住居」の場合、基本的に学生はシニアと一緒に夕食をとる。キッチンに自分の料理ができるスペースは確保されているため、食事はそれぞれ用意してもよい。1週間に1回は自由に夜を過ごすことができる。また、月に2回は自由に週末(金曜日の夜から月曜日の朝)を過ごすことが許され、1年の間に3週間の休暇を取ってよい。なお、これらは学生が享受できる最低限の自由時間であり、シニアとの合意の上、増やしても構わないとされる。

画像01

次に「経済的住居」の場合、学生は定期的に何らかの用事に付き添うことになっている。例えば、庭仕事、芝刈り、パソコン指導、買い物、ペットの世話、病院への付き添い、日曜大工、郵便物の受け取り、戸締まり、ゴミ出し、留守番などである。具体的な内容については契約書に示されている。イル・ド・フランス地方の場合は月80~100ユーロ、プロヴァンス地方の場合は月50~90ユーロの家賃を払う。

そして「連帯住居」の場合、学生は勉強優先で構わないが、シニアへの気配りは欠かさず、自発的に手伝いをすることとされる。あくまで孤独を解消することが目的なので、礼儀をわきまえ、敬意と思いやりに満ちた関係の中で同居することが望まれる。パリの場合は月400~450ユーロ(市場相場は月550~600ユーロ)、イル・ド・フランス地方の場合は月250~350ユーロ、プロヴァンス地方の場合は月250~300ユーロの家賃を払う。

なお、学生は、会費として「無料住居」と「経済的住居」の場合は390ユーロ、「連帯住居」の場合は300ユーロを毎年9月に支払う。シニアは、住居訪問の費用40ユーロに加え、会費として「無料住居」と「経済的住居」の場合は350ユーロ、「連帯住居」の場合は200ユーロを毎年9月に支払う。入居が1月以降になった場合、会費は減額される。

あわせて読みたい

「高齢者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  3. 3

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  4. 4

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  5. 5

    高須氏「衆院解散は正しい戦略」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  7. 7

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

  8. 8

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  9. 9

    共産の要求激化で選挙協力崩壊か

    猪野 亨

  10. 10

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。