記事

橋下徹“小池新党は国政に乗り出す” 大義名分は「地方分権改革」

1/2

■西日本は維新、東日本は都民ファースト

都民ファーストの会の大躍進で早速、いつ小池新党ができるのかの話題で持ちきりだ。小池さんのところに国会議員が集まってくるのは間違いない。僕も大阪維新の会を結成して、初めての統一地方選挙において大阪府議会で単独過半数を獲得、大阪市議会・堺市議会では単独第一党、その後大阪府知事選・大阪市長選のダブル選挙で大阪維新の会が完勝した。そしてそのまま国政政党日本維新の会を立ち上げた。このときには国会議員や元国会議員などが集まってきたね。



そのときは皆立派な天下国家を論じるんだけど、本音のところはどうやれば当選するか、どうすれば議員バッジを維持できるかが最優先目標。そして民意は移ろいやすく、国政政党の大義名分がなければ支持は急速に離れる。

実際、現段階の世論調査によれば、都民ファーストの会の国政政党化には、国民の期待は非常に薄い。小池さんはタイミングを見計らっているんだろうね。大義名分が整い、人が集まり、民意の追い風が吹くときを。

今回の都議選の結果を受けて、大阪維新の会・日本維新の会は冷静に自らの力を自己分析しなければならない。大阪では、大阪府知事、大阪市長が大阪維新の会所属であり、大阪府・大阪市・堺市の各議会でも大阪維新の会が第一党。その他、府内首長選挙でも維新が勝つことがある。さらに府内地方議員も増えている。このように大阪維新の会は大阪の地方政治では政権与党なわけだから、行政の力で大阪維新の会の政策を実行して有権者にそれを実感してもらえる。

ところが東京では大阪維新の会・日本維新の会にそのような力はないし、今回の都議会議員選挙でも有権者の支持がないことがはっきりとした。既存の政党に満足していない有権者は小池さんを支持し期待している。大阪維新の会は大阪では実績があり、それは関西、ギリギリ西日本には伝わっているかもしれないが、しかし東京、東日本ではさっぱりだ。ベンチャー政党として勢力を全国に広げる努力をしてきたところであり、この現実を率直に受け止めるには少々時間がかかるかもしれないが、戦をやる以上自分たちの力を的確に把握するところが最も大切なことだ。

自分の力を知り、敵の力を知る。自分の力に見合わない戦に無謀に突っ込まない。力が足りなければ力を蓄える。闇雲な戦線拡大をしない。力が足りなければ悔しくても一時撤退をする。この一時撤退の判断が最も難しいけど、大将の役目はこれに尽きる。メンツや感情に基づく玉砕覚悟の戦は絶対厳禁。これ戦の基本中の基本だよね。

だから維新の会は闇雲な全国展開はいったん横に置き、小池さんの力も借りながら、日本のためにやるべきことをしっかりやるべきだ。政治の当事者は自らの勢力拡大が自己目的化してしまう。僕もそうだった。でも政治勢力の拡大はあくまでも日本を良くする、地域を良くする手段の一つ。日本を良くする、地域を良くする手段が他にありそうなら、自らの勢力拡大にこだわるべきではない。

では、大阪維新の会・日本維新の会と小池さん・都民ファーストの会・小池新党は日本のために何をやっていくべきか。それはたくさんあるんだよね。大阪と東京の政党が一つの政党になる必要はない。大阪と東京で2つの政党ができて、共通認識の課題についてタッグを組む。政策・理念が100%完全一致することがなくても、一致するところから一緒にやればいい。このような意味で政権与党になることはできないが、大阪と東京でタッグを組んでできるところからやっていく。

あわせて読みたい

「小池百合子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  3. 3

    元TBS記者の不起訴に異常な警察

    猪野 亨

  4. 4

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  6. 6

    米国空軍のB1爆撃機が怖い北朝鮮

    和田政宗

  7. 7

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  8. 8

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  9. 9

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。