記事

加計問題での閉会中審査、解明はほど遠い

昨日10日、安倍総理の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画を巡る、国会の閉会中審査が、衆参両院で行われました。

参考人招致された前川喜平前文部科学次官は、「背景に官邸の動きがあった」と首相官邸の関与を強調しました。しかし、新しい事実は示されず、関与を指摘された萩生田官房副長官なども従来通り、関与を否定し、主張が対立したままで、解明はほど遠いと感じました。

だいたい、肝心の総理がG20等で海外にいて不在の時に閉会中審査を開き、これで幕引きを狙ったこと自体が納得できません。

また、前川前次官が「キーマン」としている、和泉首相補佐官の出席を与党が拒否したことも、議論がかみ合わない原因で、何か隠したいからかと思わせます。

そして、前川前次官が、直接要請を受けたと述べている木曽元内閣官房参与は、現在加計学園の理事ですが、民間人だからと出席を与党は拒みました。これでは、丁寧に説明する、と述べている安倍総理の意向は、どうなっているのかと疑念を持ちます。

総理の意向だとしたものなど多くの文書の存在、加計学園が獣医学部新設の4条件に合っているかをきちんと検討していないこと、官邸の意向を伝えるキーマンたちとの面談内容など、前川前文部科学次官の参考人としての約7時間に及ぶ審査での発言は、説得力があったと思います。 これで幕引きにしようという政府与党の考えは、最近の世論調査でみても、とても国民に受け入れられるものではないと思います。

安倍総理は、8月初めの内閣改造で支持率浮揚を狙っている、とされていますが、政権を支持している読売新聞の調査でも、30%台に支持率が落ち、支持しない理由として、安倍総理が信用できないというものが半数近くを占めています。

その大きな要因のひとつ加計問題を解明するためには、早く臨時国会を開き、国会の場で、総理自身が言われたように、丁寧に納得できる説明をすることしかないと思います。

あわせて読みたい

「加計学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  3. 3

    金正恩氏 史上最高の措置を検討

    ロイター

  4. 4

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  5. 5

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  6. 6

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  7. 7

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  8. 8

    iPhone X購入の前にWi-Fi導入を

    永江一石

  9. 9

    老後の同窓会は成功者しか来ない

    NEWSポストセブン

  10. 10

    解散総選挙で与党にお灸を据えよ

    阪口徳雄

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。