記事

ジャパネット 一代で年商1700億の"習慣"

1/3

(習慣化コンサルタント 古川 武士)

「習慣が大切」。習慣化コンサルタントの筆者が駆けつけたのは「ジャパネットたかた」創業者・高田明氏の講演。小さなカメラ店を年商1800億近くにまで大きくした高田氏の「習慣力」とは。

■佐世保弁の独特の高い声で「習慣が大切です!」

佐世保弁のひときわ高い声が印象的な「ジャパネットたかた」創業者・高田明さん(68歳)。グループ連結の売上高は1783億円(2016年12月期)。テレビ通販を全国に広げ、同社を業界最大手に成長させた、まさにセールスの天才です。

2015年1月に、後継者である長男に社長の座を譲り、第一線から退きました。その高田さんが講演をするということで、一も二もなく駆けつけました。一度、お話を聞いてみたいと思っていたのです。

高田さんは、「夢を持ち続け日々精進」(主催:WizBiz)と題した講演の最中、ずっと「習慣が大切だ! 習慣化です」と何回も繰り返していました。習慣化コンサルタントとして活動している私としても大いに納得し共鳴できる部分がたくさんありました。

そこで今回は、その内容の一部をピックアップして私なりに解説を加えたいと思います。

たった一代で年商1700億 その秘訣は習慣力にあり!

【高田明さんの習慣力1:「今を一生懸命に生きる」習慣】

高田さんは、おなじみのあの声で次のように話しました。

「長崎の小さなカメラ屋さんからスタートした会社は、約30年たって、年商約1800億円を売り上げるまでに成長しました。しかし、それを目標にしていたかと言われれば、そうではありません。私は常に目の前のお客さまやお店の経営を必死にやり、テレビショッピング事業を始めてからは1つの製品をお客さまにどうやって提案すればいいかを必死に考えていました。そうやって“今”を生きてきた結果として、現在の会社や私の実績があるのです」


「ジャパネットたかた」公式サイトの「企業理念」より

「今を生きる楽しさ」を! 

CMで流れているこのコピーは同社の経営理念でもあります。お客さまの今を楽しくしたいという思いが込められているそうです。講演で始終強調されていたことは、先を考えすぎず「今を一生懸命に生きましょう」ということでした。

過去にとらわれず、今を生き、未来に翻弄されない。

高田さんの自著『伝えることから始めよう』(東洋経済新報社)でも、「過去に起こったことはどんなに頑張っても変えられません。変えられるのは未来だけです。そして、変えることができる未来を作れるのは、今しかないんです」と熱く語っています。

■「今この瞬間」に一心不乱になる生き方

「今を生きる」という言葉は、人生の智慧の結晶であると私は感じています。その言葉の意味を表面的な字面だけで受け取っても本当の意味をつかむことはできません。私は座禅を組みにお寺へ定期的に行きますが、座禅とはそもそも今を生きる心の状態なのだと知りました。

座禅を組むときは1回1回の吸って吐く呼吸に集中し、お経を読むときは目の前の文字と発声に集中します。座禅後にお聞きする住職のお話も、「一日一生」つまり今を一生懸命に生きる、目の前のこと1つに集中する心の状態をつくることの大切さであることが多いです。

家族とご飯を食べるとき、子どもと遊ぶとき、仕事をするとき……どの瞬間も「今この瞬間ゾーン」に入って一心不乱になる生き方が豊かさを高めてくれます。まったく同じことが仕事のしかたに関しても言えます。同時進行的に2つ、3つの仕事をしていると注意散漫になってしまいますが、「今は◯◯の時間」と決めて、それに注力するほうが成果は高まります。そうした時間配分を、私は顧客である多くのビジネスパーソンや経営者にアドバイスしてきました。

講演で、高田さんのような企業経営者が私と同じ考えを共有していることを知り、「今ここに集中する」ことの重要性を再確認できました。「今を生きる」は、まさしく人生と仕事の智慧なのです。

あわせて読みたい

「経営学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    タモリ「鶴瓶は偽善」盟友に本音

    メディアゴン

  2. 2

    都議のボーナスに1500万円予算増

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    堀江氏を牢獄に送った国家の裁量

    NEWSポストセブン

  4. 4

    貴乃花が相撲協会を拒否するワケ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    二階氏の重用は「無口だから」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    現役医師が日経の印象操作に苦言

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    在日韓国人「イムジン河」に感銘

    文化通信特報版

  8. 8

    「怒鳴って当然」高齢者の言い訳

    NEWSポストセブン

  9. 9

    詩織さん被害訴え はるな愛号泣

    女性自身

  10. 10

    ミサイル導入への批判は非現実的

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。