記事

谷川浩司・羽生善治・藤井聡太、いずれも親は将棋しない

天才棋士には親が将棋を指さない環境で育った共通点が

【天才棋士には親が将棋を指さない環境で育った共通点が】

 6月26日の増田康宏四段(19才)との対戦で、前人未到の公式戦29連勝を達成した最年少プロ棋士・藤井聡太四段(14才)のフィーバーが止まらない。7月2日の佐々木勇気五段(22才)との対局で敗戦。連勝記録は29で止まったが、一躍時の人となった。

 そんな幼き藤井四段の才能を見抜いて実力を何段も引き上げたのが、地元の将棋教室「ふみもと子供将棋教室」を運営する文本力雄さん(62才)だ。藤井四段は5才の時、育子さんに連れられて初めて将棋教室にやってきた。

「丸いおでこに、赤くぷっくりしたほっぺたがかわいらしい幼稚園児でしたね。いつも『藤井聡太です。今日一日よろしくお願いします』と元気よく教室に入っていました」

 そう振り返る文本さんが驚いたのは、藤井四段の類希なる記憶力だ。幼稚園児ながら、最初に手渡された分厚い将棋の教科書を1年ですべて覚えたのだ。研究熱心さも群を抜き、それまで週3日だった将棋教室は藤井四段の希望で週4日になった。皆勤賞の藤井四段が熱中したのは、文本さんが推奨する「目隠し将棋」だった。

「将棋盤を使わず、頭のなかで駒を配置して展開する練習法です。私が『七六歩』と言ったら目を閉じた聡太が『八四歩』と応じて対戦する。この訓練により、記憶力と集中力、さらには想像力が養われます」(文本さん)

 藤井四段は「目隠し将棋」が大の得意で、慣れたら電車のなかでも目を閉じ、“そこにない駒”を指していた。文本さんの的確な指導で藤井四段の実力はぐんぐん伸びていく。

「幼稚園の時から“この子は違うな”とわかった。将棋教室を開いて19年ですが、たった1年で教室独自の段級位制で20級から4級まで昇格したのは、後にも先にも聡太だけです」(文本さん)

 藤井四段のように若い頃から将来を嘱望された棋士は実は少なくない。

「過去40年で、若くして台頭した代表的な天才棋士は谷川浩司(55才)、羽生善治(46才)、藤井聡太の3人です」

 そう話すのは、小学校低学年から藤井四段を見てきた将棋ジャーナリストの鈴木宏彦さんだ。3人の共通点について、鈴木さんが指摘する。

「3人とも親が将棋を指さない環境で育ちました。全員、自分から将棋に興味を持ってのめり込んで行ったのです」

 天才卓球少女として知られた福原愛(28才)を筆頭に、アスリートの世界では、幼少期から親が熱心に指導するケースは多い。だが現在160人いるプロ棋士のうち、親がスパルタ指導して成功した人間はほとんどいないという。

「将棋は親に強制されると、えてして伸びません。まず、将棋そのものが嫌いになってしまう。自分で好きになるというステップを踏まないと、長続きしないのです」(鈴木さん)

 そもそも将棋の場合、才能が遺伝することは少ない。江戸時代は将棋にも家元制度があり、名人の息子は家元の跡取りとなるべく英才教育が施された。

「でも、跡取りが強い棋士になったケースはほとんどありません。スポーツや音楽などとは違い、将棋の向き不向きは遺伝によるものではなく、その子が持って生まれた本来の素養による面が大きい。それゆえ親に最も必要なのは強制することではなく、将棋を与えて子供が興味を持ったら、温かく見守る姿勢なのです」(鈴木さん)

 実際、母の裕子さんは決して藤井四段に将棋を強制せず、集中したら邪魔しないという姿勢を貫いている。

「母親はいまだに将棋のルールさえ知らず、普段は勝ち負けの話も一切しないようにしているといいます。昔の藤井くんは負けるたびに泣いていたそうですが、叱ることもなく、心ゆくまで泣かせたそうです」(全国紙記者)

 この母の距離感が、藤井四段を大成させた秘訣だったといえる。鈴木さんによれば、藤井四段が将棋を始めた時期もよかったと指摘する。

「3才くらいで将棋を始める子もいますが、あまり早すぎても字が読めずルールが理解できない。 私の見解では、ベストは5才。まさに藤井四段が初めて駒を握った年齢です。事実、現在の渡辺明竜王(33才)など、多くの名棋士が5才から将棋を始めています」

 最近は親が与えたパソコンなどのゲームで将棋を始める子供が多い。だが名棋士になるには「対戦相手」が重要になる。

「ルールを覚えるにはゲームから始めても構いませんが、本当に大切なのは機械ではなく人間相手に将棋を指すこと。将棋は相手と1対1で駒を指し合って成り立つゲームです。 自分が勝てば相手が負けて、相手が勝てば自分が負ける。そうした悲喜こもごもの“人間同士の交流”を5才のうちから体験することはとても大切です。藤井四段も最初から人間を相手にして経験を積んだからこそ、ここまで将棋が上達したのだと思います」(鈴木さん)

 藤井四段の棋士人生は、まだまだ始まったばかり。

※女性セブン2017年7月20日号

あわせて読みたい

「将棋」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自民党議員が女将とタワマン不倫

    NEWSポストセブン

  2. 2

    加計問題 職員の反対意見が続出

    文春オンライン

  3. 3

    それでも蓮舫氏に頼る民進に疑問

    早川忠孝

  4. 4

    稲田氏PKO日報隠蔽 報道は的外れ

    河野太郎

  5. 5

    都庁で「ラジオ体操」職員に同情

    キャリコネニュース

  6. 6

    死後45年ブルース・リー死の真相

    渡邉裕二

  7. 7

    AI時代に全く危機感ない日本人

    永江一石

  8. 8

    加計問題が示した霞が関の劣化

    WEDGE Infinity

  9. 9

    「弱さを見せない」蓮舫氏の弱点

    THE PAGE

  10. 10

    蓮舫氏の問題は自己矛盾にある

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。