記事

【赤木智弘の眼光紙背】1年でダメなら、3年間新卒ということにすればいいだって!?

 先週と似た話題だが、どうしても気になったので。
 内閣府の特別の機関として、学術にまつわる基本的な問題を調査審議し、提言などを行っている「日本学術会議」が、就職活動に学生の勉学が大きく影響されている現状を鑑み、大学に対して「卒業後最低3年は在学生と同様に就職あっせんの対象にすべき」とし、企業に対しても既卒者も新卒採用と同等に扱うような対応などを求めているという。(*1)

 正直な感想は「そんなこといわれても……」だ。
 先週に述べたように(*2)、日本の多くの人たちにとって、大学は「4年制のハローワーク」に過ぎず、就職活動が学業に優先するのは当たり前である。また、仮に3年間の就職あっせんを大学がしたとして、企業に新卒初年度と、それ以外の学生を振り分けないなどとは保障できない。
 そもそも労働市場とは、企業都合によって大半が決定される市場である。今の状況だけを見れば、企業は新卒学生だけに目をむけ、既卒の学生がワリを食っているように思えるが、好景気や団塊世代の引退などで企業が新卒学生を欲しいと思っていた2、3年前には、一度社会に出た学生も「第二新卒」などともてはやして、労働市場に受け入れていたのである。
 「3年は新卒学生と々扱いに」などと提言したところで、企業に余裕がなければ雇わないし、提言しなくても企業が雇おうと思えば、新卒以外でも雇うという現実を、この提言は見逃してしまっている。

 そもそも問題の本質は、「大学を卒業して正社員」という、これまでの日本におけるモデル的なライフスタイルを実行できるだけの雇用が、経済成長時だと比べて大きく減ったことにある。そしてそれ自体は、グローバル化などによる時代の流れであり、決して企業だけの責任ではない。
 というと、色々と異論もあるかもしれないが、今回はその話の詳細は置いておいて、ただ大学や企業に「新卒じゃない学生も就職させろ」と意見したところで、あまり意味はないと言える。
 それよりは、新卒採用ということ自体をモデルケースのように扱うことを考え直した方がいい。新卒採用で正社員になることが当たり前と思われている社会で、新卒で正社員になれないということは、非常にキツイ。
 就職活動の大変さはよく耳にするが、そこまで大変な思いをして、企業様に頭を下げて就職して、無茶な残業も根性でこなす。やがて報われない苦労が、尊大な自尊心となり、非正規労働者を見下して、自らを苦悩の中に縛りつけていく。
 少々筆が滑ったが、新卒採用で正社員というレアケースを基本に大学のあっせん制度を整備するよりも、リストラされたり、労働争議をしたり、フリーターで食いつないだりと、多少なりとも不安定な就労状況が「ごく当たり前の社会人」と認識し、整備していく方が、学生たちにとっても安心ではないかと思う。
 そういう意味で、今回の提言は「新卒」というモデルケースを拡大解釈したに過ぎず、問題の本質からはズレているように、私には思われる。

 最後に、どうせ提言をするなら大学が4年制のハローワークと化している、そのこと自体を批判するべきだ。
 なんで大学が学生の就職をあっせんしなければならないのか。そのこと自体を疑問視しないと、いつまで経っても大学は勉学の場にはならない。今回の日本学術会議による提言は、むしろ大学を就職のための機関として機能強化するがごとき提言であるように、私には思える。
 また、大学生ばかりに正社員の求人がいくのは、求人情報が大学にしかいかないからだ。このままでは、たとえ卒業してから3年間、就職あっせんを受けられても、4年目からは求人情報にすらアクセスできなくなる。既に卒業して10年以上経つ団塊ジュニア以降の氷河期世代などは言わずもがな。
 こうした求人情報の格差が是正できれば、学生が在学期間中に慌てて就職活動をせずとも、安心して学業に打ち込める環境が生まれるのではないか。
 現状を考えれば無理なのは理解するが、せっかく国のお金でやっていることなんだから、現状に合わせるだけの場当たり的な提言ではなく、根源的に就職システムを捉え直すような、意欲ある提言を行って欲しい。現状認識もできておらず、意欲的なことも書けないというのでは、ガッカリと言う他ない。

*1:卒業後3年は新卒扱いに 大学生の就職、学術会議提案(朝日新聞)http://www.asahi.com/national/update/0329/TKY201003290001.html

*2:歯車の需要と供給(livedoorニュース BLOGOS)http://news.livedoor.com/article/detail/4674947/


プロフィール
赤木智弘(あかぎ・ともひろ)…1975年生まれ。自身のウェブサイト「深夜のシマネコ」や週刊誌等で、フリーター・ニート政策を始めとする社会問題に関して積極的な発言を行っている。著書に「「当たり前」をひっぱたく」など。

トピックス

ランキング

  1. 1

    新潮45休刊と雑誌界の厳しい現実

    篠田博之

  2. 2

    「新潮45」休刊が招く言論の衰退

    門田隆将

  3. 3

    客に痴漢コンビニオーナー解雇劇

    WEDGE Infinity

  4. 4

    貴乃花が引退届 日本は転換点に

    舛添要一

  5. 5

    貴乃花のコミュ力では今後が不安

    大西宏

  6. 6

    新潮45休刊の敵前逃亡は言論放棄

    常見陽平

  7. 7

    中国人マナーが外交問題に発展

    NEWSポストセブン

  8. 8

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  9. 9

    おときた氏 新潮45の休刊は残念

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  10. 10

    木村拓哉 ジャニー氏の激怒語る

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。