記事

不平等が拡がっているが、これまで以上に多くの人が気付いていない

1/2

著:Jonathan J.B. Mijsロンドン・スクール・オブ・エコノミクス Assistant Professorial Research Fellow、ハーバード大学 Fellow in Sociology、Visit Dr. Mijs’ website here

 アメリカでの不平等が拡がっている。1980年代以来、社会における所得はトップに集中してきた。今日、社会のトップに位置する10%の人々は、所得総計の30%を受け取り、財産総計の4分の3以上を所有している。この所得不平等のレベルは、1920年代~1930年代の世界大恐慌の頃のものほど悪い。

 アメリカにおいて、誰が何を手に入れるかということは、その人の人種性別家族の資産等に影響され続ける。しかし、ここで驚くべきことは、この事実をほとんどの人が気付いていないということである。

 国際社会調査プログラムによると、人々はますます社会を実力主義のものであると考えるようになっているという。つまり、学校やビジネスでの成功は、単に努力や才能を反映していると。アメリカ人が最もこのように考えているが、世界中の多くの人々もこの考えを確信するようになってきている。

main

Source: International Social Survey Programme

 上記のデータは驚くべきパターンを示している。社会の不平等が大きいほど、人々はそれに気がつかないものである。逆説的に、最も不平等の大きい国々の人々は、彼らの社会は実力主義の典型なのであると考えているのだ。この現象はどのように説明できるだろうか。

◆不平等という考えの形成

 私の研究論文では、人々の信念は子ども時代の経験に基づいて形成されるという考えを調査した。

 研究によると、社会経済的に、また人種的に多様な環境にいる人々の方が、人種や財産などの構造的な要素が人の人生の結果に影響すること、つまり、その人の家族の資産や、性別、肌の色などがその人が大学に入学したり就職をする機会などに影響するということを、より認識している。

 しかし、所得の格差が拡がり、人種的分離が進んでいることからも、現代のアメリカ人は1970年代よりも経済的に多様でない環境で暮らしていることになる。その結果として、所得格差の両側に位置する人々は、その格差の大きさを見ることが出来ない。格差が大きくなるほど、反対側に位置する人々の生活を見ることが難しいのだ。不平等の拡大は人々にその全体像を見えなくしている。

main

Source: International Social Survey Programme

 私はオンライン調査で300人の回答者に人がなぜ大学を卒業したり中退したりするのか、仕事での成功とは何か、どのようにしてある人が問題を起こさないようにできるのか、また、なぜある人は牢屋に入ることになってしまうのか、という質問について回答を求めた。

 回答者は概して、これらの結果を実力主義の要素の点から説明した。頭が良ければ大学に入学し、勤勉に働けば昇進する、警察に礼儀正しく対応することでスピード違反の反則をとられないかもしれないということである。以下のような回答もみられた。「人々は大抵、人生において成し遂げたいことを実現することが可能であると思う。もしそれが出来ないならば、彼らの努力が足りないか、怠惰であるか、やる気がないか、そのような理由であろう」。

 しかし、回答者は構造的要素がどのように人生の結果に影響をするか気づいていないわけではなかった。生徒が大学に行く準備をするのにより良い学校がある、家族のコネが就業や昇進を手助けする、貧困の地域に暮らすことで、警察のレーダーの下に置かれることなどを認識していた。ある回答者は、「多くのケースにおいて、人生の結果は特権と人種によって、もしくはその欠如によって決定される」と記入した。

 記入された回答を回答者のバックグラウンドに照らし合わせてみると、有力な結びつきを発見することができた。社会経済的、もしくは人種的に多様な環境で育った人々の方が、約20%多く、人生の結果を構造的要因の点から説明しているのだ。言い換えると、均一的に裕福であったり、白人居住の地域で育った人々は、成功を実力主義の視点から捉えていたのだ。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍ヤメロ」を煽る朝日新聞

    深沢明人

  2. 2

    宮崎勤死刑囚から処刑直前の手紙

    篠田博之

  3. 3

    性暴行訴える詩織さん 手記出版

    文春オンライン

  4. 4

    小池氏にとどめ 進次郎氏の正論

    新潮社フォーサイト

  5. 5

    イシグロ氏へ勲章は国の恥さらし

    清谷信一

  6. 6

    よしのり氏「1に立憲、2に共産」

    小林よしのり

  7. 7

    堀江氏「保育士は誰でもできる」

    キャリコネニュース

  8. 8

    安倍ヤメロ隊阻止する最強応援団

    NEWSポストセブン

  9. 9

    ハゲに不倫…お騒がせ議員当落は

    田野幸伸

  10. 10

    橋下氏「公約は事後評価が重要」

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。