記事

家庭を持つことのメリットが社会に共有されていないのは問題。希望が持てる社会にならないと若者の結婚離れは止まらないだろう - 「賢人論。」第40回加藤久和氏(後編)

1/2

中編「国民に負担を課す施策が今後ますます必要になるから政治家は根拠のある数字を示しきちんと説明していくべき」では、国民に負担を求める機会が増える超高齢社会において、根拠ある数字に基づいた長期的なビジョンを政治家が示すことの重要性を語った加藤久和氏。最終回では、地方活性、外国人介護士の導入、そして結婚という3つの話題を軸に、少子高齢化対策を考えていく。

取材・文/佐藤 舜(編集部) 撮影/小林浩一

過疎化が深刻な地方では、拠点都市に居住を絞ることで行政を効率化すべき

みんなの介護 日本経済を活発化するためには、若者を集めることで地方を活発化させることが大事だ、という発言も過去になさっていました。そしてそのために鍵となるのは雇用であると。

加藤 地方にも仕事はあるんですが、魅力的な仕事じゃないんです。大学を出た人や、特に若い女性がやってみたいと思うような華やかな仕事をもっと地方につくる必要がありますね。例えばデザイナー系だとか付加価値のあるフード系、通訳などを含めた観光系などがそれに当たります。

いま盛んな地方活性化は4、5年くらいの短期のことしか考えられていませんね。いろんな産業を興したり名産品を活用したりして地方を活性化していくのは当たり前のことなんですが、多くの場合それは一時的なブームで終わります。もっと大事なのは、30年先のことも含めて考えることですよ。

みんなの介護 具体的には、どんな街づくりをすれば人口問題は解決するでしょうか?

加藤 地方と一口に言ってもいろんなレベルがあります。厳しい言い方ですが、人口減少社会の中ではすべての市町村を救うことはできません。だから、地方の拠点都市、例えば仙台や広島のような拠点都市、あるいは県内第二の都市などにターゲットを絞って、魅力的な仕事や面白い施設をつくっていくんです。

昔みたいに人口が多いと全国津々浦々に人が散らばってもいいんですが、これから50年間で3分の1くらいに人口が減っていくとなると、地方の各拠点に居住地を絞り、行政を効率化しなければ生活が成り立ちませんよ。各地に人が点在していると道路、ゴミ収集、下水道など公共事業を効率的に提供することはできません。

みんなの介護 一箇所に人を集めることでサービスを効率化する、という考え方は介護や医療にも共通しそうですね。

加藤 介護に関しては、地域包括ケアシステムや地域医療構想などのアイデアは出ていますが、介護と医療が結局どう連携していくのかいまいちはっきりしませんね。医者が主導していくのか、介護士が引っ張っていくのか。これは制度というよりもコミュニティの問題が多く関わってきますから、複雑ですね。

介護が「魅力的な仕事」にならなければ人手は集まらない

みんなの介護 外国人の介護士さんを雇用していくということに対しては、言語の壁や心理的な抵抗感がネックとなると言われています。

加藤 介護を受ける方もそうかもしれませんが、供給側にしてみても、日本の介護はそんなに楽しい仕事ではないし、待遇だってそれほど良くはありません。同じ仕事なら中国や中東へ行った方が賃金が高いですから、そもそも人材が集まりにくいという問題がひとつあります。

それからネックになるのは言語です。日本語を覚えるのは本当に難しいと、多くの外国人の方がおっしゃっています。もし日本が英語の通じる国だったならまだ海外からも人を呼びやすかったのでしょうが…。

みんなの介護 でも、居酒屋などの飲食店では店員さんのほとんどが外国人、というところも珍しくなくなってきました。介護業界は、それと同じようにはいかないでしょうか。

加藤 飲食店の場合、応用的な日本語はそれほど要らないですよね。注文を聞いて、料理を運ぶ作業さえ最低限できれば成立する仕事なので。しかし介護は日常生活の延長ですからシチュエーションが多種多様ですし、かなりの数の語彙を使いこなす必要がありますよね。

みんなの介護 加藤さんご自身は、どのような対策が最も介護の人手不足を解消できると思われますか?

加藤 そんな手立てがあるのならこっちが聞きたいです(笑)。少なくとも私が思うのは、とにかく魅力的な仕事にしていかなければならないということですね。賃金水準も良くないですし、過酷な労働ですから。

それと、以前に介護業界の方から聞いたのが、自分のライフパスが見えないことが大きな問題なのだそうです。例えば看護師だと、いろんな知識を吸収してキャリアを重ねて…という成長の過程が描けるけれど、介護ではそれが見えにくいのだと。

みんなの介護 「将来なりたい職業」ランキング(日本FP協会)を見ても、看護師は美容師やファッションデザイナーを抑え4位にランクインしていますが、介護士に関しては圏外です。

加藤 ケアマネジャーに関しては、その存在さえ世間に浸透していないですよね。あれだけ大切な仕事をしているし、多くの知識も必要とされる専門的な職業なのに。介護に関わる仕事の知名度とイメージをもっと上げていくことは必要かもしれませんね。

あわせて読みたい

「社会保障」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  2. 2

    北朝鮮の狙い通りに騒ぐマスコミ

    AbemaTIMES

  3. 3

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  4. 4

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  5. 5

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

  6. 6

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    正恩氏の下半身まで暴く名物記者

    PRESIDENT Online

  8. 8

    加計学園 地元の今治市民がデモ

    田中龍作

  9. 9

    早期解散する自民党の強迫観念

    吉崎達彦(かんべえ)

  10. 10

    文大統領の北朝鮮支援は理解不能

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。