記事

支持率が下落する安倍内閣 安倍氏が思いつく手段はカネのバラ巻きか アベノミクスの失敗に上塗りは許されない

 安倍内閣の支持率が下落を続けています。不支持も上昇しています。

読売新聞  先月   今回
 支持   49%    36%
不支持   41%    52%

日本テレビ 先月   今回
 支持   39.8%   31.9%
不支持   41.8%   49.2%

 都議会議員選挙の結果は自民党が惨敗し、安倍自民党がいかに支持されていないかを示しました。安倍自民党が支持されていないという顕著な事実は多くの有権者にも影響を与えたことでしょう。
 「反省」は口にするけれど、一切、具体性のない「反省」がいよいよ国民の中にも浸透してきた結果です。
安倍内閣の反省では、内閣改造という反省とは全く関係のない手法がとられる 内閣改造で一番いらない人物は安倍氏自身

 加計学園問題では、与党自民党が閉会中審査には応じたものの、安倍氏は出席しないという最低のやり方は、もはや国民の前に立てないということを自ら示してしまったといえます。
 東京都議会議員選挙では、大衆の面前には立てないだろうなと思っていましたが、何と最終日に顔を出して散々な状況を招きました。国会での説明を拒否してきたことのつけでしかなく、自業自得だったのです。

外遊は楽しかったでしょうか。加計問題で追求されたりはしないからね。

安倍昭恵首相夫人②

 その安倍内閣の支持率はもはや内閣改造などという程度では上昇しません。
 人気取りのような人事で内閣の支持率が上がるような状況ではないし、そのよううな人事であれば受ける側も固辞するのが当然です。自分に将来の可能性があると思えば誰もが安倍氏との心中なんてまっぴらごめんと思っているということです。仮にそれで支持率が上がるならば、むしろ、その人物に内閣総理大臣をやってもらいたいということにしかならないからです。

 と言ってみましたが、この人を入れたら、この人から総理ならという人が自民党内にいるんだろうかという一番、大きな疑問があります。

 内閣改造程度で安倍政権が浮揚することはありません。

 こうなると安倍氏が思いつくことは単純で、税金のバラ巻きです。麻生内閣が死に体となったときも、行ったことはカネのバラ巻きでした。そのようなバラ巻きは1回やってしまったら、もう後は無理で、国民の側も起死回生を狙っているのね、もらえるものはもらっとくよというだけで、バラ巻きだけで支持が回復できるはずもないのです。

 安倍内閣は終焉の時を迎えます。税金の無駄遣いになるようなバラ巻きをしないかどうか私たち自身が監視しなければなりません。
 そんなバラ巻きをしても安倍内閣はノーという意思表示こそが大事なことです。

あわせて読みたい

「内閣支持率」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「予約やめて」食べログの裏事情

    内藤忍

  2. 2

    高額ギャラで寄付集める24時間TV

    渡邉裕二

  3. 3

    Amazonの意外なベストセラー食品

    後藤文俊

  4. 4

    2時間43分 枝野氏演説は税金浪費

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    小池氏が川上量生氏の疑惑関与か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    園監督が米へ「日本に飽き飽き」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    山本太郎氏ら懲罰の議長こそ問題

    猪野 亨

  8. 8

    エアコンなし? 気象庁は警告せよ

    自由人

  9. 9

    野田氏への疑惑が総裁選に影響か

    天木直人

  10. 10

    内田樹氏 天皇制の空洞化を危惧

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。