記事

小心者が変身"はがねのメンタル"の鍛え方

現役時代、自閉症の息子と奥さんの看病をしながら、仕事に邁進した佐々木常夫さんに強い心を持つための秘訣を聞いた。

■何度叱られても心が折れない人の正体

会社勤めをしていると、精神的に辛い状況に置かれることは少なくないと思います。特に経験が浅いうちは未熟ですから、上司からたび重なるダメ出しや叱責を受けて、心が折れそうになることもあるでしょう。そこで萎縮してしまわないために、ぜひ前提として知っておいてほしいことがあります。それは、「私たちは何のために仕事をするのか」ということです。

仕事を通じて成長することと、自分のチームや顧客、地域社会に貢献すること──。人間は、この2つに喜びを感じ、モチベーションが高まります。もちろん好きな女性に格好いい姿を見せたいとか、仕事をする理由は人それぞれで構いません。

要は、私たちが仕事をする意義は、自分の幸せをつかむことにあると納得できればいい。そのように働く意義を自分ゴト化して捉えることができれば、困難に直面してもエネルギーが湧いてくるものです。図太い人でも、小心者であっても心を支える土台は変わらないのです。

一方、この大前提がボヤけていると心が折れやすくなります。本来であれば、社会に出る前に家庭や学校で働く意義を教えていればいいのですが、そのケースは稀。だから、今の新入社員や若手社員は叱られると萎縮し、すぐにダメになってしまう。彼らには、仕事を教える前に、まずは働く意義から教える必要があるのです。

そうすれば、ピンチがチャンスであるということにも気づけるはずです。

私もかつて東レで営業を担当していた頃に、大きな失敗をしたことがあります。誤って強度の低い糸を出荷してしまい、そのことに気づいたのは、取引先がその糸で製品をつくってしまった後でした。聞いたその日に私は取引先のある熊本まで飛んでいき、正しい糸を無償で提供することと、誤った糸でつくられた製品をすべて買い上げることを取引先の社長に伝えました。すると、その対応の早さを社長に気に入ってもらえて、取引量を拡大することができました。

相手からの評価が悪くなったら、評価されるように改める。単純化して考えれば、ただそれだけの話であり、萎縮してやらないことは勿体ないと思えます。

■職場の悩みを消すアドラー心理学

では、人間関係でヘコたれない心を持つにはどうすればいいか。ここでヒントになるのが、昨今、注目を集めているアドラー心理学です。

アドラーは、人間の悩みの原因はすべて対人関係にあると言っています。対人関係のトラブルがなぜ起こるかというと、他者の領域に土足で踏み込むからです。考えれば当たり前ですが、自分の考えはコントロールできても、他者の考えをコントロールすることはできません。他者の考えることを、あれこれ不安に思ったり不快に思ったりしても、一向に埒があきません。それこそが、「嫌われる勇気」を持てということだと私はとらえています。

ですから職場の噂話も同じで、気にする必要はありません。したい人にはさせておけばいい。あなたが間違ったことをしていないのであれば、自信を持てばいいのです。真実はいつも1つ。たとえ職場で悪い噂が広がったとしても、あなたが真摯な人間であれば、周囲の人たちは「あの人はそんなことはない」とわかってくれるでしょう。

サラリーマン人生では、上司とそりが合わずに辛いという困難にもどこかで直面するでしょう。

私自身も上司と衝突して左遷された経験があります。当時、同期の中で最初に取締役に選ばれていましたが、いきなり正規ルートを外され、社員30人の東レ経営研究所の社長になれ、という人事がくだりました。当時はトップを目指していたので、とても悔しかった。

■サラリーマン諸君! 理不尽を引き受けよ

しかし、左遷先の東レ経営研究所では社長です。ほどなくして、部下に仕事を任せれば、自分の時間がいくらでもつくれることに気づきました。その頃、初めて執筆した本が10万部ほど売れ、やがて次から次へと出版や講演の依頼がくるようになりました。今、私が定年を過ぎてもこうして好きな仕事を続けていられるのは、そのときの人事を真正面から受け止めて置かれた場所で咲いたからです。

そもそも、上司に恵まれているという人は、そう多くないと思います。会社で仕事をしていくということは、理不尽なことを引き受けるということです。会社にいる以上、不愉快なことが山ほど出てくるのは当たり前のこと。ですから、その中でどうすれば楽しくやっていけるかを考えるべきでしょう。

サラリーマンには理不尽なことが多い半面、恵まれている面もたくさんあります。決められた時間だけ働けばいいし、休日もある。月々決まった給料がもらえて、退職すれば退職金までついてくる。農業や自営業の人たちからすれば、うらやましい限りです。そんな恵まれた環境で働いていることを自覚できれば、理不尽さも前向きに受け止められるのではないでしょうか。

----------

マネージメント・リサーチ代表 佐々木 常夫(ささき・つねお)
1944年、秋田県生まれ。69年、東京大学経済学部卒業後、東レに入社。2001年取締役。03年東レ経営研究所社長。10年より現職。現在は経営者育成プログラムの講師などを務める。近著に『40歳を過ぎたら、働き方を変えなさい』(文響社)。 

----------

(佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表 佐々木 常夫 構成=増田忠英 撮影=大沢尚芳)

あわせて読みたい

「心理学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  2. 2

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  3. 3

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  4. 4

    正恩氏声明が「読めない」と話題

    ロイター

  5. 5

    核放棄で北に6兆円 報道の思惑

    NEWSポストセブン

  6. 6

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  7. 7

    フジ「ENGEI」 古臭い設定の謎

    メディアゴン

  8. 8

    小池新党は選挙対策「互助会」か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  10. 10

    小池氏が「希望の党」結党を宣言

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。