記事

タワマンより豊か 名作ニュータウン3選

1/2

団地やニュータウンに住む人の高齢化と街の衰退が、社会問題になっている。だが、戦後再開発された郊外には、見事に造成された住宅地が存在しているのだ。これからは人口減少で「満員電車」もなくなる。

完成度の高いニュータウンに住むことは、古くて新しい選択肢になりえる。社会デザイン研究者・三浦展氏の新著『東京郊外の生存競争が始まった! 静かな住宅地から仕事と娯楽のある都市へ』(光文社新書)から、 “名作”ニュータウン3選と共に、郊外活用の提案を紹介する。

■タワーマンションしか解決策はないのか?

近年、郊外の駅前の百貨店やファッションビルが、吉祥寺近鉄、吉祥寺伊勢丹、千葉三越、千葉パルコ、柏そごう、津田沼高島屋、多摩センター三越、厚木パルコなど、次々と撤退している。

今後は松戸伊勢丹、伊勢丹府中、船橋西武、川口そごう、新所沢パルコなども撤退の可能性が一部でささやかれている(それにしてもパルコが3つも!)。近い将来には、ロードサイドのショッピングセンターもネットショッピングとの競争に敗れた場合は、次第に閉鎖していく可能性がある。

そんな状況の中で、今は、人口増加のための現実的な策として、駅前を再開発してタワーマンションを建て、経済力の安定した30~40代の現役世代を増やすという方法が主にとられているように見える。

実際、武蔵小杉のように、タワーマンション街になることによって川崎市全体の人口をも押し上げ、人口の自然増加(出生数が死亡数より多い状態)をすらもたらした例もあり、この手法の有効性を認めないわけにはいかない(中央区、港区も同様)。

だが、すべての郊外地域がタワーマンション建設によってのみ生産年齢人口の維持、増加、あるいは減少の緩和を図れるとは思いにくい。また、タワーマンションのように短期間に同じ年齢層が急増すると、30~40年後には、またそのタワーマンションが一気に高齢化する危険がある。タワーマンションというと都会的なイメージがするが、実は郊外住宅地がタテに伸びただけである。

そのように考えると、既存の住宅地を生かしながら、そこに若い世代も入りたくなるような施策を打ち、若い世代がゆるやかに転入を続けることで、激しい人口減少と高齢化率の上昇をある程度食い止め、かつ長期的に老若男女が共生できるような方法をできるだけ早く考えることが、郊外には必要である。


『東京郊外の生存競争が始まった!』(三浦展/光文社新書)

■衰退するのは惜しい! 名作ニュータウン探訪

そもそも戦後開発された郊外には、見事な住宅地も少なくない。これらの住宅地が高齢化して衰退し、ただ一世代だけのすみかとして終わるというのはいかにももったいない話である。そうした事例を3つだけ紹介する。

【1】椿峰ニュータウン(埼玉県所沢市)

私が郊外の再生について考え始めたのは2010年のことである。郊外出身の建築家・藤村龍至さんと郊外について対談をすることになり、対談に先だって、彼の出身地である埼玉県所沢市のニュータウンを訪問した。

そして驚いたのだ。ものすごく豊かな緑、それも人工的ではなく、もともとあった植生を生かし(実際トトロの森とつながっている)、その緑陰に隠れるかのように住宅が配置されていた。住宅の種類も戸建て、タウンハウス、テラスハウス、マンションと多様で、単調さがない。これまで見てきた郊外住宅地の中でもベストと言ってよい素晴らしさだった。


椿峰ニュータウン(本書より)

どうしてこんなに素晴らしいのか。私は椿峰の歴史を調べた。するとそこは山口氏という武士が支配しており、まさに椿峰ニュータウンのあたりには、16世紀末まで中世の山城があったのだ。さらに古代においては、武蔵国の国府である府中からまっすぐに北上する古代東山道の駅が椿峰あたりにあった。中世には鎌倉街道の駅もあった。

ところが山口氏は、1383年に足利氏に敗れ、それから上杉・後北条氏に仕えた。そして後北条氏が1590年に豊臣秀吉に滅ぼされると山口城は廃城となる。言ってみれば空き家になったのだ。椿峰ニュータウンができるまで、存在がほぼ消えたのである。

だが椿峰ニュータウンの開発に当たっては、この歴史ある緑豊かな景観がうまく生かされた。なんでもかんでも木を伐採して、土地を平らにするニュータウンとは異なる、風情のある住宅地がここに生まれた。

ただし、後期高齢者が増えるこれからの時代には、起伏の多い地形が負担になる危険もある。新しい交通手段が必要になるだろう。

【2】鳩山ニュータウン(埼玉県比企郡鳩山町)

鳩山ニュータウンに初めて行ったのは2012年の春だ。『東京は郊外から消えていく!』(光文社新書、2012年)の取材としてだ。鳩山ニュータウンについてはかねてから関心があった。赤坂憲雄の『排除の現象学』(洋泉社、1986年)という本を1980年代に読んでおり、そのため、とても排他性の強い街という悪い印象を持っていたので、いったいどんなところかとずっと思っていのだ。


鳩山ニュータウン(本書より)

だが、実際に行ってみると、まったく違った。素晴らしいニュータウンなのだ。田園都市の研究を踏まえて設計されていることは明らかだった。その後、鳩山ニュータウンの開発関係者に聞いたところでは、米国の郊外住宅地を相当研究したそうだ。

タウンセンターから下っていく街路には、街路樹があり、かわいいデザインのタウンハウスが建ち並んでいる。そこを下りきると池がある。山の上を切り開いたこのニュータウンは、なだらかで長い斜面上につくられている。山側のほうは里山が残されていて、散歩道が整備されている。1年中、四季折々の自然を楽しみながら散策ができるだろう。

しかし鳩山ニュータウンはあまりにも都心から遠い。そのため若い世代が流出し、ニュータウンの高齢者率はすでに45%もあるという。

なお、80年代における赤坂氏の評価が間違っていたとはかぎらない。その時点では、一流企業勤務の人が多いニュータウンが突然山の中にできたら、宇宙人がコロニーをつくったかのように見えたかもしれない。地元とは異質なものが突如現れるのがニュータウンの特徴だ。それが30年以上って、景観が成熟し、地域全体の中になじんでくると、それはそれでまた、えもいわれぬ田園都市ができあがる。新しい街の評価というのは、だから難しい。

【3】金沢シーサイドタウン(横浜市金沢区)

このニュータウンの並木1丁目は、日本を代表する建築家・槇文彦氏がアーバン・デザインを手がけた。同2丁目は神谷宏治、内井昭蔵、宮脇檀、藤本昌也という4人の建築家の手による。

海沿いの低地とは思えない豊かな緑。富岡八幡宮の森もある。そして多様な街路空間と多様な形式の住居。かつて杉並区にあった阿佐ヶ谷住宅という名作団地をすら彷彿とさせる。


金沢シーサイドタウン(本書より)

街路はほとんどが歩行者専用であり安心して歩ける。元漁港を整備した公園、通称「ふなだまり」もあり、海を感じることも十分できる。

歩いて10分ほどの京急富岡駅から京急横浜駅までは20分程度、京急品川駅までは40分程度だから、そんなに遠くない。だが、若い世代は結婚すると、ニュータウンの中に住む場所(空き家)が見つからず、転出するらしい。

一人暮らし高齢者が2人で同じ家に住んで、空いた家に新婚が住むという仕組みがあればいいが。ただ、仮に仕組みがあっても、住み慣れた家から高齢者が引っ越すことは(老人ホームに入るとき以外は)、現実にはなかなかないだろうが。

あわせて読みたい

「住宅」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  3. 3

    女性用下着店にいる男性に賛否

    キャリコネニュース

  4. 4

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  5. 5

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  6. 6

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

  7. 7

    北朝鮮「米本土到達は不可避」

    ロイター

  8. 8

    正恩氏声明でトランプ氏へ怨み節

    高英起

  9. 9

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

  10. 10

    中国国境に接する北は崩壊しない

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。