記事

都民ファ唯一の落選者が熱弁した「都政かくあるべし!」

都民ファーストの会で唯一の落選者・山下崇氏(共同通信社)

【都民ファーストの会で唯一の落選者・山下崇氏(共同通信社)】

 小池百合子・東京都知事率いる地域政党「都民ファーストの会」(以下都民F)が、候補者50人中49人が当選という圧勝で幕を引いた東京都議選。たったひとり落選したその人物は、島嶼部選挙区の山下崇氏(44)だ。

 山下氏を直撃すると、「どうも、唯一落選した山下です(笑い)」と何やら開き直りの境地に達している様子。「都民Fの今後はどうあるべきですか?」と聞いてみた。

「都民Fの当選議員には、都議会自民党がやっていたようなことを改めていってもらいたい。私は元東京都職員だったので、当時の石原慎太郎知事と都議会の関係をよく見てきた。これまでの都政は、都議会自民党が知事をコントロールしていた印象が強い。知事の裁量である予算にも都議会自民党が手を突っ込んでいましたからね。そういうおかしなことにならないように、チェック機能を十分に果たしていただきたい。そして税収が少なく、都の交付金で財政が賄われている島嶼部を見捨てないでもらいたい」

 当選議員かと勘違いしてしまうほどに朗々と語るのである。自身の落選についてはこう答える。

「私の不徳の致すところ。2月まで自民党の八丈町議員だったので裏切り者呼ばわりされるし、選挙初日に自民党は丸川珠代・五輪担当相ら大物議員を島に投入するし、多勢に無勢でした」

 頼みの小池知事の応援が悪天候で飛行機が飛ばずキャンセルになった不運もあった。島嶼部は、自民党が40年以上議席を維持する牙城。山下氏が続ける。

「逆に、唯一の落選という話題で八丈島が注目されたのは良かったと思っています。島の自民党支配の状況を多くの人に知ってもらえた。党からの指示はとくにないが、党員として、これからも島嶼部を盛り上げる政治活動を続ける」

“一党員”の声は都民Fの当選組に届くだろうか。

※週刊ポスト2017年7月21・28日号

あわせて読みたい

「都民ファーストの会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新駐米大使で慰安婦問題が解決か

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  2. 2

    JALの時代錯誤なアイデアに驚き

    笹川陽平

  3. 3

    志村けん新・側室はアノ女優の娘

    文春オンライン

  4. 4

    平昌五輪 フィギュアで採点不正?

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  5. 5

    大型空母の中国vs軽空母の日本

    木村正人

  6. 6

    高木美帆&菜那「転べ」と嫉妬も

    女性自身

  7. 7

    五輪で見えた北主導統一シナリオ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    橋下氏 夫婦別姓の実現に究極論

    PRESIDENT Online

  9. 9

    獄中の籠池氏 一時は車椅子生活

    文春オンライン

  10. 10

    音喜多氏はブログより議会発言を

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。