記事

安倍内閣の反省では、内閣改造という反省とは全く関係のない手法がとられる 内閣改造で一番いらない人物は安倍氏自身

 安倍政権は、早ければ8月には内閣改造を行うということです。
 先日に行われた都議会議員選挙では、自民党は惨敗しました。大阪で起きたような現象が東京でも起きたのですが、しかし、大阪よりも、より深刻です。
 安倍政権が招いた不祥事と国会での強引な運営に対する批判がそのまま都議選での敗北に直結していたからです。

 その安倍氏が「反省」を口にしています。
都議選大敗 安倍首相「深く反省 初心に立ち返る」」(NHK2017年7月3日)
「また、今回の敗因について、「政権が発足して、すでに5年近くが経過している。その中で、『安倍政権に緩みがあるのではないか』という厳しい批判があったのだと思う。そのことは、しっかりと真摯(しんし)に受け止めなければならない。われわれが政権を奪還したときの初心に立ち返って全力を傾けていく決意だ」と述べました。
 さらに、安倍総理大臣は国政への影響に関して、「国政には、いっときの停滞も許されない。内外に課題、問題は山積している。こういう時こそ、私たちは一層、身を引き締め、反省すべき点は反省しながら、謙虚に丁寧に、しかし、やるべきことはしっかりと前に進めていかなければならない」と述べました。」

 さて、この発言のどこが反省なのでしょうか。普通に反省というのであれば、どこに問題があり、その問題を反省するならばこうだと具体的なものがなければなりません。
 「緩み」って何ですか。

「反省」だけなら猿にもできる
猿サル反省

 国会運営において強引な手法で共謀罪を可決したことを反省するのであれば、一旦、廃止した上で出直すことです。
 国会での質疑でも録に答弁もできないまま、参議院では委員会採決まですっ飛ばすという奇策まで用いての採決だったのですから、「反省」というのであれば当然にやり直すべきです。

 報じられているところによれば、8月に予定されている内閣改造では、共謀罪法案の担当大臣であった金田法相の首をすげ替えるそうではありませんか。ろくな答弁ができなかったからの左遷人事なのだから、安倍氏自らが問題答弁だったと認めているのと全く同じです。

 稲田防衛相の「自衛隊としてお願い」した失言問題ですが、重大な失言です。これで自民党支持層が離反したとは、私は、正直、あまり思ってもいないのですが、少なくとも問われていたのは、安倍氏がその稲田防衛相を更迭するのかどうかでした。これまで稲田氏は防衛相としての資質が疑問視されてきました。その稲田防衛相の更迭を拒否したのは安倍氏です。
 従って、この稲田防衛相の失言問題は、安倍氏自らの責任です。
 8月の内閣改造では稲田防衛相は外すそうですが、結局、更迭はできなかったわけです。お友達からでしょう。内閣改造にかこつけて外すという姑息な手段が用いられるわけです。
 これが安倍氏のいう「反省」の方法です。

 豊田真由子氏の秘書に対する暴言、暴行は確かに衝撃的でした。しかし、安倍自民党は同人を離党させただけで終わらせました。議員辞職を迫ることなく、離党という曖昧な方法でうやむやにさせようということが一番の問題だったわけです。国民に問われていたのは、ここです。今さらですが、自民党のこういった新人議員の素行が問題視されているのは今に始まったことではありません。問題なのは、自民党が問題が起きたときに曖昧にしてきたことです。
 安倍氏は、どこを「反省」したのでしょうか。

 それに不祥事の最重要問題である加計学園、森友学園問題は、安倍内閣というよりも安倍氏自身(+安倍昭恵首相夫人)の疑惑問題です。それを他人事のようにぬけぬけと「緩み」などと言っているのですから、反省など皆無です。
 加計学園問題では下村博文氏への加計学園からの献金疑惑問題もありましたが、安倍内閣はこれらの疑惑については一切、黙りです。
 野党からの臨時国会の召集要求も無視という暴挙に加え、ようやく閉会中審査に応じたと思ったら、安倍総理抜きというどこまでも安倍隠しをしようというのですからひどいものです。
 疑惑隠しの「反省」はどこへ?

 最後の選挙運動の日も秋葉原では安倍氏に対する帰れコールが起きましたが、そこでのこの一言「こんな人たち」に負けるわけにはいかないと言ったことについては、どのように反省しますか。
 内閣総理大臣という権力の座にいるにもかかわらず、この余裕のなさは醜態でもあるわけです。
 中谷元氏が「かきくけこ」に例えて政治家が聞くべきものとして「こんな人たち」と揶揄したそうです。おもしろい話ではありますが、「か」の「家内」とは安倍昭恵首相夫人の言うことを聞いているのかい?という意味でしょうか。大分、ブラックが利いており、素晴らしいセンスです。

 そうです。「反省」というのであれば、安倍昭恵首相夫人も含めて、加計学園、森友学園の疑惑についてすべて正直に真実を語ることです。
 友人を優遇した、そのために所管の官庁の役人に対して萩生田氏を介して恫喝した、ということをお認めになったらどうですか。

 安倍氏は、8月の内閣改造で一新したいそうです。「反省」とはほど遠い手法です。
 内閣改造で一番、いらない人物は安倍氏自身だということに気付いて下さい。

再び臨時国会の召集を拒否 安倍内閣に政権に担う資格はない 稲田防衛相を庇うお友達内閣は総辞職せよ

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏「麻原彰晃はマジメな男」

    田原総一朗

  2. 2

    飲食経営の美談に隠れた労働問題

    東龍

  3. 3

    小室圭氏留学 皇室パワー利用か

    NEWSポストセブン

  4. 4

    川上量生氏 五輪事業辞任を説明

    川上量生

  5. 5

    LGBT支援を批判 自民議員に苦言

    足立康史

  6. 6

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  7. 7

    自民を造反しない進次郎氏に失望

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  8. 8

    気温35度超で児童の外出禁止せよ

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    豪雨よりも欧州視察 立民に呆れ

    櫻井充

  10. 10

    「ドラクエ式」が被災地で大活躍

    中妻穣太

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。