記事

核兵器禁止条約に参加しない日本の私たち

[画像をブログで見る]

 核兵器禁止条約が7日、国連本部で採択されたとのことだ。日本の被爆者の声も会場に感銘を与えと伝えられている。条約は核兵器の使用、開発、実験、製造、取得、保有、貯蔵、移転などを幅広く禁止し、核の使用を示唆する「脅し」の禁止も盛り込まれた。国連が正式に核兵器を「使ってはならない」ものとした意味は大きい。

 しかしこの条約に日本は署名しなかった。また核保有国の米英仏は「署名も批准もしない」と宣言したとのことだ。日本はアメリカの核の傘で守られているので、アメリカと同調するという理由らしい。まことに情けない選択で、唯一の被爆を体験した日本国民は、今は加害国のアメリカに保護されている身の上だから、核に反対はできないというわけだ。

 しかし、あれとこれとの話に、何で関連をつけないといけないのだろう。被爆国民だから痛切に核の廃絶を願うという自然な発想を、どうしてアメリカに遠慮して曲げなければいけないのか。おそらくアメリカが命令しているわけではあるまい。アメリカが署名も批准もしない条約に、日本が賛成するわけには行かないという、いま流行の「忖度」を利かせての判断に違いない。アメリカにだって良識のある人間はいる。核の廃絶を願う日本人の心情を、それはそれとして認めてくれるくらいの度量があると思うのが常識だろう。それが大人のつきあいというものだ。むしろそんな個性を示した方が尊敬されるのではないか。

 しかし今の日本政府には、そんな個性を期待することは全くできない。とにかくアメリカの保護国なのだから、宗主国の意向が絶対で、少しでもアメリカの方針から逸脱することは許されないと思い込んでいるからだ。彼らの忠誠心はアメリカに向いていて、日本国民には向ていてない。彼らの地位は、アメリカの国益に沿うことで維持されていると信じるからだ。

 この問題には、日本が独立を回復する過程で経験した複雑な国際情勢の背景がある。その説明は簡単ではないが、要するに保守政権は「アメリカに占領されていた日本」から断絶することが、原理的に不可能になっているのだ。

 だから日本が安倍・自民政権の統治下にあるかぎりは、日本国民は核兵器禁止条約に参加するすることができない。そして同様に原子力発電からも、全面的に撤退することはできないままなのだ。

 核兵器禁止という、誰が考えても当り前の政策にさえ、安倍・自民政権が続いているかぎりは、私たち日本国民は参加することができない。このことを、きちんと覚えている必要がある。 

 

あわせて読みたい

「核兵器」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自民党議員が女将とタワマン不倫

    NEWSポストセブン

  2. 2

    加計問題 職員の反対意見が続出

    文春オンライン

  3. 3

    それでも蓮舫氏に頼る民進に疑問

    早川忠孝

  4. 4

    稲田氏PKO日報隠蔽 報道は的外れ

    河野太郎

  5. 5

    都庁で「ラジオ体操」職員に同情

    キャリコネニュース

  6. 6

    死後45年ブルース・リー死の真相

    渡邉裕二

  7. 7

    AI時代に全く危機感ない日本人

    永江一石

  8. 8

    加計問題が示した霞が関の劣化

    WEDGE Infinity

  9. 9

    「弱さを見せない」蓮舫氏の弱点

    THE PAGE

  10. 10

    蓮舫氏の問題は自己矛盾にある

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。