記事

船越英一郎 共演NG?女優解禁の意味するところ

【船越の離婚決意の時期は?】

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、松居一代騒動に沈黙をつらぬく船越英一郎について。

 * * *
 ブログにYouTubeにTwitter。自ら発信できるツールすべてを駆使して、夫・船越英一郎と「最高裁まで闘う」ことを表明している松居一代。

 アクセス数、再生回数、フォロワー数などが連日、取沙汰されるなか、ワイドショーも軒並み、視聴率を上昇させている。

 松居ネタで数字上昇が顕著なのは『白熱ライブ ビビット』(TBS系)と『バイキング』(フジテレビ系)。民放の横並びで4位と3位の番組だが、この2番組は冒頭から松居一代ネタを長尺で扱うことで、前4週平均より、1ポイント〜3ポイント近くも視聴率をアップさせていた。

 発信し続ける松居に対し、所属のホリプロや代理人から簡潔な文書は出るものの、自身は無言を貫いている船越英一郎。「2時間ドラマの帝王」と呼ばれ、情報番組のMCとしても声がかかるようになった彼は、現在は、NHKの『ごごナマ』(月曜〜木曜)のMCを美保純と担当するのがメインの仕事だ。

 NHKとしては「『あさイチ』の成功を午後でも」と目論んでいたと思われ、『情報ライブ ミヤネ屋』を始めとする民放各局の午後帯番組も「脅威」に感じていた。が、『ごごナマ』は、まだ、あまりいいところがなく、『あさイチ』に近いのは、関西発の金曜日のほう。濱田マリ、藤井隆が浪花のおばちゃんたちを背負って発信する情報に活きのいいものが多いように私には見える。

 船越英一郎に話を戻そう。実は私は今年5月、船越さんと『1周回って知らない話』(日本テレビ系)で共演させてもらった。5月24日にオンエアされた「鶴瓶&大物2世俳優に無礼講SP」だ。

“大物2世”というのは俳優・船越英二さんの二世である船越英一郎と、作家の山村美紗さんの二世である山村紅葉のこと。“山村美紗ミステリー”原作の2時間サスペンスに欠かせない主要キャストという共通点もある。

 だが、テレビ朝日の『土曜ワイド劇場』は今春、40年の歴史に終止符を打っている。日本テレビの“火サス”こと『火曜サスペンス劇場』は2005年9月末で終了していて、「金曜プレステージ」「赤と黒のゲキジョー」「金曜プレミアム」など、さまざま括りタイトルを変えてきたフジテレビ金曜日の2時間ドラマ枠も、映画やバラエティーに押され、なかなかオンエアチャンスがないというのが現状だ。

 渡瀬恒彦さんが亡くなられた今年3月、「未公開ドラマがあった」と『判事失格!?弁護士夏目連太郎の逆転捜査』が件の「金曜プレミアム」枠で放送されたが、撮影は2年も前。要は、お蔵入りになりかけていたということだ。

 やはり今年3月、名取裕子が出演した2時間ドラマ『トクチョウの女〜国税局特別調査部〜』(フジテレビ系)がオンエアされたが、「3年前に撮った作品」だと聞いた。枠は土曜日の午後帯。全国放送ではなかった。

 前置きが長くなってしまったが、『1周回って〜』に出演した船越は、そんな不遇の“2時間ドラマ”をなんとか復活させてほしい…という強い思いで出演を決意してくれたように見えた。

 ディレクターと事前の打ち合わせで「船越さん」「2時間ドラマ」なら、「奥さんの松居一代さんが、毎回、手作りで何百枚を刷っていた番宣ハガキの話をしたい」と申し出たのだが、「今回は、恐らく、そういう話にはならないと思うので」と、やんわり却下されてしまった。

 今回の松居報道では、船越&松居が「おしどり夫婦」と言われた理由の一つとして各局、触れていたのが、この手作りハガキ。私は郵送だったが、一度、新幹線の中で一般客に配布している松居さんの姿を見たことがあった。

 視聴率アップの理由はそれだけではもちろんないのだが、私の中にも「いい話」として記憶されていたエピソードだったのである。でも「今回は要らないです」とのこと。

 収録がスタートして、その意味がわかったように思う。本当に驚いたのだが、船越と松居が結婚してからというもの、地上波では全く見られなくなってしまった『火曜サスペンス劇場』「小京都ミステリー」シリーズのVTRが『1周回って〜』では大量に流れたのである。

「小京都ミステリー」は、件の山村美紗さん原作で、主演の片平なぎさがフリーライター役、船越英一郎がカメラマン役で、二人がタッグを組んで「小京都」と呼ばれる各地を取材している間に難事件に遭遇。それを二人が解決していくもので、01年までに計30作がオンエアされた。

“火サス”の中でも優等生的視聴率を獲得していた同シリーズは、公私にわたって良きパートナーだった片平と船越の軽妙なやりとりが視聴者に人気だった。

 01年といえば松居が船越と再婚した年だ。片平との「小京都ミステリー」終了と、どんな繋がりがあるのか私にはわからないが、以来、業界では「片平さんと船越さんは共演NG」とされていたのである。

 なのに、二人の共演シーンが大量に流れ、船越は、女優・片平なぎさを絶賛。『赤い霊柩車シリーズ』で長年、片平と共演している山村紅葉も何度も頷きながら同調していたのである。

 さらに驚いたのは、「小京都ミステリー」撮影中、旅館に戻ってから、片平と船越が二人で長時間、ミーティングをしながら、翌日のシーンの相談をしていたというエピソードを船越がし始めたことだ。

 うわッ、こんな話を松居さんが耳にしたら、激怒してしまうのではないだろか…と思いつつ、視聴者として大好きだった「小京都ミステリー」の名シーンの数々や、片平と船越が小さく拍手をしながら「お手柄、お手柄」と言う決め台詞が流れた際には、「懐かしい〜」「これ、大好き!」と声をあげてしまった。

 このとき、私が居るほうを振り返り、本当に嬉しそうだった船越さんの笑顔が忘れられない。この「お手柄、お手柄」も、ロケ先で片平と船越が考えた“演出”だったという。

 船越が松居との離婚を決意したのは2年前とも、もっと前とも言われているが、松居は芸能マスコミの取材に対し、離婚のウワサを全否定していた。

 船越さんは、いわゆる“卒婚”状態のまま、夫婦を続けていくようにも見えていたが、私は、「片平なぎさ解禁」となった今年5月、あぁ、もう船越さんは何も松居さんに遠慮をしていない。それよりも、なんならまた片平さんとタッグを組んで2時間ドラマをやりたいという思いのほうが強いのではないか…と私からは見えた。

 2時間ドラマや片平さんのことを語るときの船越さんの穏やかな表情を松居さんは見ていたことだろう。

 この先も松居さんは「片平なぎさ」の名前は出さないだろうけれど、あの日の船越さんの笑顔を見てスイッチが入ってしまったとも考えられる。

 2時間ドラマと言えば、さまざまな人が松居一代についてコメントをしている中、7月2日の『サンデージャポン』(TBS系)で中尾彬が推測した「(松居は)自分で2時間ドラマのストーリーを書いてるんだよ」に私も一票だ。「彼女はね、お金もあるし、豪邸に住んでいるし…、ただ、淋しいんだよ。やることないと。光、当たってないだろ? 最近」なる解説にも心から同感だ。

 他人事ながら、なるべく早く解決すればいいと思う。そして船越英一郎には、また「2時間ドラマの帝王」として輝いてもらえたら私は嬉しい。傍らに「2時間ドラマの女王」が居てくれたら、もっと嬉しいのだけれど…。

あわせて読みたい

「松居一代と船越英一郎の離婚騒動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「自民の勝利は当然」

    小林よしのり

  2. 2

    維新議員 相手陣営のデマに怒り

    足立康史

  3. 3

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  4. 4

    「小池の変」失敗の被害者は国民

    郷原信郎

  5. 5

    橋下氏 希望敗北でも「大功績」

    橋下徹

  6. 6

    公明苦戦 山口代表の替え歌原因?

    三浦博史

  7. 7

    立憲は野党再編へここから正念場

    三浦博史

  8. 8

    希望の党 離党者続出で崩壊か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    時代遅れなアパレル企業の悲惨さ

    Chikirin

  10. 10

    昔なら恥だった『孤独のグルメ』

    fujipon

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。