記事

幼少期の藤井四段 指し手熟考しながら歩き、側溝に落ちた

将棋を始めたのは5才の時という藤井四段

【将棋を始めたのは5才の時という藤井四段】

 名古屋駅から電車を乗り継ぐこと40分。瀬戸焼の陶器で有名な愛知県瀬戸市は今、“聡太一色”に染まる。

〈聡太くんにメッセージを書こう〉。名鉄尾張瀬戸駅前の商業施設では、こんなプラカードとともに、市民からの祝福メッセージが壁一面を埋め尽くす。

 市役所に行けば、目に入るのは〈快挙 公式戦連勝新記録樹立 歴代単独1位〉という巨大な垂れ幕。

 6月26日の増田康宏四段(19才)との対戦で、前人未到の公式戦29連勝を達成した最年少プロ棋士・藤井聡太四段(14才)のフィーバーが止まらない。

 7月2日の佐々木勇気五段(22才)との対局で惜しくも敗戦。連勝記録は29で止まったが、ワイドショーは連日、彼の一挙手一投足を報じ、全国紙でも一面をジャック。日本中で“聡太グッズ”の売り切れが相次ぎ、将棋教室への入会者が激増している。空前の将棋ブームをもたらす天才少年はどう生まれたのか。その原風景を探した。

 瀬戸市内の閑静な住宅地に建つ淡いクリーム色の住宅。庭には3mを超えるクロガネモチの木が青々とした大きな葉を茂らせる。

 藤井四段はこの家で育った。メーカー社員の父は現在単身赴任中で、専業主婦の母・裕子さん(47才)と4才上の兄とともに暮らす。

「小さな時から活発な子で、よく庭のクロガネモチに上って遊んでいました。本も大好きで、日本昔話や童話を読み聞かせていましたね」

 こう話すのは、実家のすぐ隣に住む藤井四段の祖母・育子さん(75才)。

 最初の転機は幼稚園だった。藤井家が代々通う幼稚園では、19世紀にイタリアで生まれた「モンテッソーリ教育」を推進する。

 子供が本来持っている“成長する力”を最大限に尊重し、周囲の大人は子供が自発性や感性を発揮するようサポートする教育法で、米国のオバマ前大統領やマイクロソフト創業者のビル・ゲイツらも幼児期にこの教育を受けている。

 藤井四段は色紙の組み合わせを自分で考えて作る「ハートバッグ」が大好きで、3才の時から何個も作っていた。

「毎日、“聡ちゃん、今日もこれ作ったよ”と自作したバッグを嬉しそうに持ち帰っていました。あの幼稚園は、読み書きを教え込むような教育法ではないので好感を持っていたんです」(育子さん)

 と、記者が祖母に話を聞いている最中、肩にかばんをかけた学生服姿の藤井四段が帰宅した。日本中を騒がしている中学生とは思えない落ち着いた表情で、祖母にペコリと頭を下げて自宅に入った。

◆藤井四段を支えた祖父

 藤井四段は5才の時、育子さんから子供用の将棋盤セットを与えられて将棋を始めた。

「すぐに夢中になりました。平仮名よりも早く将棋の駒を覚えて、毎日、うちに来ては将棋盤に向かっていました」(育子さん)

 指し手を熟考しながら道を歩き、誤って側溝に落ちるほど熱中する息子を母は黙って見守った。当時、藤井四段を支えたのは祖父だった。最初こそ将棋相手を務めたが、すぐ実力ではかなわなくなった祖父は、自らは一歩引いて孫の成長を楽しみにするようになった。

「聡太は幼稚園の頃から“おじいちゃんはぼくに勝てない”と言っていました(笑い)。小学校に入ると聡太は学校が終わるとすぐウチに来て、将棋の本を見ながら棋譜を並べて、ひとりで研究するようになった。おじいちゃんは聡太がいつ来てもいいように毎日毎日、将棋の駒をきれいに磨いていました。本当に嬉しそうでした」(育子さん)

 だが、祖父は孫のプロデビューを見ることなく、昨年2月にがんで他界した。

「長く体調を崩していたわけではなく、本当に急でした。聡太はおじいちゃん子だったから、とても悲しんでいました」(育子さん)

 祖父の死を乗り越え、2016年10月に史上最年少でプロ入りした藤井四段は、連戦連勝。だが、決して天狗にならなかった。

「小さい頃から『勝っておごるな、負けてくさるな』『実るほど頭を垂れる稲穂かな』と聡太には言い聞かせていたんです。いくら将棋が強くても、謙虚さを忘れたらダメです。私は古い人間だから、そんなことばっかり言っちゃうんです(苦笑い)。でも聡太はちゃんと聞いていましたよ」(育子さん)

※女性セブン2017年7月20日号

あわせて読みたい

「藤井聡太」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  3. 3

    元TBS記者の不起訴に異常な警察

    猪野 亨

  4. 4

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  5. 5

    米国空軍のB1爆撃機が怖い北朝鮮

    和田政宗

  6. 6

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  7. 7

    北朝鮮の狙い通りに騒ぐマスコミ

    AbemaTIMES

  8. 8

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。