記事
  • S-MAX

Googleが開発するAR技術「Tango」によって「初音ミク」と一緒にカフェを体験!KDDIとクリプトンが開催する「au SENDAI」でのイベントを紹介【レポート】



GoogleのAR技術「Tango」で「初音ミク」とカフェ体験!

KDDIおよびクリプトン・フューチャー・メディア(以下、クリプトン)が2017年7月8日(土)~9日(日)および7月15日(土)~17日(月・祝)に旗艦店「au SENDAI」に併設されているカフェ「BLUE LEAF CAFE」にて「初音ミク」とカフェ体験ができるイベントを開催します。

イベントはGoogleのAR技術「Tango」を活用した拡張現実によるバーチャルキャラクターとのカフェ体験という世界初の試み。

イベントの内容について先行して7月7日(金)に開催されたメディア向け説明会でその内容を確認をしてきたので、今回はその模様をレポートします。

miku-cafe_02

カフェ体験の会場はau SENDAI併設のBLUE LEAF CAFE


今回のカフェ体験イベントの会場はau SENDAI併設のカフェ「BLUE LEAF CAFE」。カフェ奥にあるパーテーション付きのスペースです。

miku-cafe_03

GoogleのAR技術・Tango対応機「Lenovo Phab 2 Pro」が使われる


今回の企画はKDDIでコンシューマー向けサービスを提供する部署の新規サービス創出プロジェクトから発展したもの。世の中の行動の中に見つけた「キャラクターと現実世界を一緒に過ごしたい」というニーズに着目し、好きなキャラと現実世界を楽しめる体験を、GoogleのAR技術・Tangoを用いて再現します。

初音ミクとのコラボレーションについては2017年2月にギャラリーイベント「SNOW MIKU 2017」にて初音ミクと一緒にギャラリーを回れる体験およびオリジナルグッズの販売を実施。

また2017年4月には「ニコニコ超会議2017」において、前回のイベント時に好評であった写真撮影をより進化させた「撮影会」として企画を展開。プリントアウトした写真をノベルティとして提供しました。

そこから続くのが今回の企画。「イベント会場を飛び出し、日常シーンで体験の場を提供」することを考え、全国にあるau直営店の中でもカフェが併設されているau SENDAIがイベント開催場所になりました。

miku-cafe_04

専用端末を覗き込むと、目の前のイスに初音ミクが登場


ここからはカフェ体験の内容を紹介。Tangoの空間認識技術を活用し、用意された専用端末で覗き込むと、目の前に初音ミクが登場。一緒にカフェでの食事やおしゃべりが楽しめます。会話は専用端末上に表示されたボタン操作にて行い、会話の内容にあわせて初音ミクもさまざまな動き・リアクションを見せてくれます。

miku-cafe_05

専用端末で写真も撮影できる


専用端末では会話の他に、目の前にいる初音ミクの写真を撮影することも。

miku-cafe_07

横から覗いてもテーブルとイスの間にきちんと座っている


今回のイベントではよりリアルなカフェ体験を再現するため、“テーブルの向かい側に座っている姿”の表現にこだわりのポイントが。オクルージョンとよばれる技術を活用し、モノとの距離間を把握してキャラを表示させます。テーブルとの距離を把握しているため、横から覗いてみても、イスに腰を掛けている形で初音ミクが表示されています。

miku-cafe_08

手前のテーブル、後ろの人との間にいるかのように、初音ミクが表示されてい


正面から見た場合にも、テーブルに隠れる部分は見えず、また背景が変に重なることもありません。

miku-cafe_06

用意された時間が過ぎると初音ミクが立ち上がり、手をふりながら去っていく


1回の体験に用意された時間は15分。飲食とあわせて楽しむ場合、体験終了後は席を移動して、引き続き飲食が利用できます。

体験スペースは完全にパーテーションで区切られた形となり、また同じテーブルに向かい合わせで座ることもなし。まわりに見える人の姿も主に背中だけとなるため、周囲を気にせず、存分に初音ミクとのカフェ体験を楽しむことが可能です

なおカフェ体験に参加するには事前の申込み(抽選制)が必要(詳しくは専用ページから)。端末からは初音ミクの音声も当然再生されるため、イヤホン持参・着用を推奨しているとのこと。ただし当日持参を忘れた場合は、数に限りはあるものの借りることも可能とのことなので、スタッフの方に声をかけてみるのがよいでしょう。

miku-cafe_09

カフェ体験中に撮影した写真はQRコード経由でダウンロードできる


ちなみにカフェ体験中に撮影した写真は、体験終了後に専用端末の画面に表示できるQRコードを読み取ることで、ダウンロードが可能です。

ダウンロードには期限が設けられているものの、QRコード読み取り後に表示されるWebページはブラウザにブックマーク登録ができるため、後からまとめて写真をダウンロードすることも。

席を立つ前にQRコードの読み取り、そしてダウンロードURLをブックマークへ登録することを忘れないようにしたいところです。

miku-cafe_10

au SENDAIを含む一部の直営店では初音ミクと写真が撮れる企画も


またau SENDAIをはじめとする一部のau直営店においては、初音ミクと写真が撮れる撮影会イベントも開催(開催店舗と日時は記事末のまとめを参照)。

こちらは事前申込み無しで参加できる企画となっており、1回につき2分の制限時間内で、スタッフに写真を撮影してもらえます。初音ミクがとるポーズもさまざま変化していくため、実際に体験してみるとあっという間の2分間になるはず。

順番さえ待てばリトライもOKなほか、撮影用の専用端末を借りて(自分の写っていない)初音ミクだけの写真を撮影することも可能とのこと。

miku-cafe_11

au SENDAI併設のBLUE LEAF CAFEで楽しめる限定メニュー


miku-cafe_12

さっぱりネギのピクルスとパストラミのミク☆さんど(税抜900円)


miku-cafe_13

ミクラテ(税抜650円)


さらにau SENDAI併設のBLUE LEAF CAFEでは、7月8日(土)~7月31日(月)までの期間に限定メニュー「さっぱりネギのピクルスとパストラミのミク☆さんど(税抜900円)」や「ハッピー10thケーキ(税抜800円)」、「ミクのサマートロピカルドリンク(税抜700円)」、「ミクラテ(税抜650円)」を提供。これら4メニューについては、売り上げの一部が東北復興支援のために寄付されます。

miku-cafe_14

イベントビジュアルがデザインされたデータチャージカードは全国の直営店で販売


また2017年7月8日(土)~9月3日(日)までの期間、このイベントで使用するビジュアルが券面にデザインされたプラスチックカード付きのオリジナル「auデータチャージカード」(数量限定)および初音ミク10周年の限定グッズも全国のau直営店にて販売されます。

当日イベントの概要や取り組みについて説明してくれたKDDI サービス企画本部・マネージャーの水田修氏によれば「各イベントはほとんどが内製で計画・開催されており、お客さまの立場に立ち、ほしいと思うものをつくり切る」ことにこだわっているとのこと。次元を超えて好きなキャラと一緒にいたい、というお客さまの夢に近づく手段として「ARだけにかぎらず、AI、メッセージなどあらゆる手段を活用していきたい」と語っていました。

今年で「初音ミク」が10周年を迎えることもあり、KDDIでは今後も関連企画の実施を検討中とのこと。初音ミクファンはもちろん、AR技術に興味がある人も含め、さらなる展開に注目して欲しいと思います。最後に今回紹介した企画・イベント開催情報のまとめです。

◯AR活用による「初音ミクとのカフェ体験」イベント

【開催場所】au SENDAI

【開催日程】2017年7月8日(土)・9日(日)・15日(土)・16日(日)・17日(月・祝)の計5日間

【事前申込ページ】BLUE LEAF CAFE × ミク☆さんぽ

◯限定カフェメニューの提供

【開催場所】au SENDAI

【開催日程】7月8日(土)~7月31日(月)

◯撮影会イベント

【開催場所】au SENDAI、au NAGOYA、au OSAKA、au SHINJUKUの計4店舗

【開催日程】

 au SENDAI:2017年7月8日(土)~9日(日)および7月15日(土)~17日(月・祝)の計5日間

 au NAGOYA:2017年8月5日(土)~6日(日)の計2日間

 au OSAKA:2017年8月19日(土)~20日(日)の計2日間

 au SHINJUKU:2017年9月1日(金)~3日(日)の計3日間

◯限定「auチャージカード」および限定グッズの販売

【販売場所】全国のau直営店(au SAPPORO、au SENDAI、au SHINJUKU、au みなとみらい、au NAGOYA、au OSAKA、au FUKUOKA、au HAKATAの計7店舗)

【販売日程】2017年7月8日(土)~9月3日(日)




記事執筆:そうすけ


あわせて読みたい

「AR」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴乃花の妻 女将からは評判最悪

    女性自身

  2. 2

    よしのり氏「グッディ!」を評価

    小林よしのり

  3. 3

    PEZY関連財団は元TBS山口氏実家

    田中龍作

  4. 4

    庵野秀明 学校嫌なら逃げていい

    不登校新聞

  5. 5

    亀岡市暴走事故の加害者を直撃

    NEWSポストセブン

  6. 6

    子宮頸がんワクチン男性にも効果

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    NHKが受信料合憲で背負った責任

    WEDGE Infinity

  8. 8

    立民・枝野氏「法人増税が必要」

    ロイター

  9. 9

    小池劇場の終焉を天敵記者が激白

    AbemaTIMES

  10. 10

    「日本が中国に完敗した」は暴論

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。