記事

年収を増やしたければ長時間睡眠をとれ

1/2

ネットニュース編集者/PRプランナー 中川 淳一郎

「睡眠負債」とは、なにか?

最近、よく寝ている。40代になって、がぜん睡眠時間が増えた。

年のせい、ということもあるのかもしれないが、寝るようになって、すこぶる調子がよくなった。体調だけでなく、仕事についてもだ。

そんな私が、我が意を得たり、と膝を打ってしまったテレビ番組があった。2017年6月18日に放送されたNHKスペシャル『睡眠負債が危ない ~“ちょっと寝不足”が命を縮める~』である。

番組を見て、睡眠の大切さを改めて意識した私は、さらに理解を深めてみたくなり、自分なりに取材を進めてみた。今回は連載コラムの番外編的に、そのあたりの話をまとめたいと思う。

まずは番組で語られた「睡眠負債」の考え方について、簡単に説明しておこう。

睡眠負債とは、「少しずつ借金を重ねていたら、いつの間にか負債がとんでもない額になってしまい、もうヤバい……」といった事態が、睡眠においても発生することを意味している。「私はショートスリーパー」などと自慢する人や、「毎日少しずつ睡眠時間を減らしていって、いずれは3時間にしていきたい」などと考える人にとって、同番組はスタンスを改める大きなきっかけになったことだろう。

6時間睡眠を2週間続けると、2晩徹夜したのと同じ脳に

番組の公式HP(http://www.nhk.or.jp/special/sleep/)では、睡眠負債を次のように解説している

<「がん」「糖尿病」「心臓病」といった重大疾病と強い関連があること分かってきた睡眠不足。しかも最近の研究では、普段6-7 時間寝て自分では「睡眠は十分」と思っている人でも、わずかな睡眠不足が蓄積する「睡眠負債」によって命に関わる病のリスクを高めたり、日々の活動のパフォーマンスを劣化させたりしていることがわかってきた>

<最近の研究で、睡眠負債により仕事や日々の生活の質が大幅に低下する実態が見えてきた。ある研究では、毎日6時間の睡眠が2週間続くと、2晩徹夜したのと同じ脳の状態になることが判明!さらに、血糖を下げるホルモン・インスリンの働きの低下や、アルツハイマー病の原因とされる物質の蓄積を引き起こす危険も見えてきた>

単なる「休息」だけにとどまらない、睡眠の役割

健康的な生活を送るために睡眠がいかに大切か、ということが最新の研究により明らかになってきたわけだが、番組を制作したNHK科学・環境番組部チーフ・ディレクターの市川衛氏は、「番組をつくり終え、改めて『睡眠の重要性』を痛切に感じるようになった」と語る。

「今回、睡眠研究の最前線の取材をしていて感じたのは、『睡眠』という行為が単なる『休息』だけにとどまらず、私たちが生きるうえで欠かすことのできない、さまざまな役割を果たしていることでした。近年、その詳しい実態が解き明かされつつあります。

これまでも『睡眠が足りないと、病気にかかる可能性が高まる』ということは統計データから見て取ることができました。しかし、『なぜそうなるのか?』という因果関係についてはいまいちハッキリさせないままで、睡眠が不足することのリスクについてきちんと光を当ててこなかった側面があるように思います。

番組内でもお伝えしましたが、最近の研究では、がん細胞の増殖を防ぐ免疫の仕組みや、認知症の原因物質とされる脳の老廃物の排出に、睡眠が重要な役割を果たしていることがわかってきました。そこから考えていくと、睡眠が足りない状態が長く続けば、1日1日の影響はわずかでも、時間の経過とともに影響が積みあがって膨大になり、やがては病気につながるのではないか? という可能性が見えてきます。

今回の番組で取材したスタンフォード大学の西野精治さん(睡眠生体リズム研究所長/ベストセラー『スタンフォード式 最高の睡眠』著者)は、『今後、さまざまな疾患でエビデンス(証拠)が出てくるだろう』とおっしゃっていました。睡眠負債の研究がこれからさらに進んでいけば、より多くの病気などとの関係も明らかになっていくのではないでしょうか」

「寝てない」自慢の愚かしさ

高度成長期の「モーレツサラリーマン」や昨今の「社畜」は、寝ていないことを自慢しがちだった。「仕事が楽し過ぎて寝てる時間がもったいない!」なんてことをいう人も稀にいる。

あるサラリーマンが始業時間より少し早くオフィスに到着し「我こそはいちばん乗り!」と息巻いていると、すでにパソコンを開けて仕事をしている同僚がいる。「あれ? 早いね。どうしたの?」と尋ねると、その同僚は苦笑しながら「いやぁ~、徹夜しちゃってね。なかなか終わらなくてさ!」と得意げに語った後、ドヤ顔を決めるのである。この“徹夜男”は、自身のヨレヨレのYシャツと伸びてしまったヒゲが職場の女性社員の心をつかみ、「きゃっ、働く男って素敵!」「無精ヒゲがちょっとキュートかも」などと思ってもらえるに違いない、とすら考えていたりするのだ。

だが、これはゆゆしき勘違いだ。女性社員の心はまったくときめかない。「うわっ、汚い」と思われる程度ならまだマシで、このご時世であれば「徹夜しないと仕事が終わらないこの男は、無能に違いない」と捉えられても仕方ないだろう。なにより、適切に寝なくては睡眠負債がたまるばかりで、程なく“後悔先に立たず”状態に陥ってしまうのだ。

睡眠不足は仕事の成果にも影響する

今回、番組の事前告知にあたって「削っていたのは、睡眠時間じゃない。命でした。」というキャッチコピーが用いられた。このコピーを書いたコピーライターのこやま淳子氏は、睡眠の重要性を再認識しつつ、コピーに込めた意図をこう述懐する。

「『睡眠時間を削る』という言葉って、自慢げな文脈で使われることが多いですよね。『睡眠を削って仕事した・勉強した』といった用法ですが、それがどんなにダメなことなのか、なるべくショッキングに伝えたいと思いました。他にも『6時間睡眠を2週間続けた脳は、2晩徹夜した脳とほぼ同じ。』『太りやすい。空気読めない。勝負に弱い。それ、睡眠負債のせいかもしれない。』というコピーもありました。でも、番組の内容が衝撃的だったので、それをどう端的に伝えられるかということに注力しました」

こやま氏も過剰な労働時間で知られる広告業界で働いているだけに、これまでにオーバーワーク気味の人は多数見てきた。自身も長時間働く生活が続いているが、「睡眠軽視」ともいえる風潮は変えていかなくてはならないと語る。

「私はよく寝ないと仕事が全くはかどらない人間です。他の国の事情は分かりませんが、日本では睡眠不足=仕事のできる人、みたいな変なイメージがあります。そのため『仕事の効率が落ちるから早く帰って寝たい』なんてことを、実際にはなかなか口にできません。ただ、この番組では、睡眠不足は健康被害があるだけでなく、仕事・作業の効率も明らかに下がることを実証しているので、もっとこの内容が浸透すれば、状況は変わるのではないかと思います」

あわせて読みたい

「睡眠」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  2. 2

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  3. 3

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  4. 4

    真逆に報じられた仏大統領発言

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  6. 6

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  7. 7

    石破氏「解散の意義わからない」

    石破茂

  8. 8

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    北外相 太平洋での水爆実験示唆

    ロイター

  10. 10

    金正恩氏 史上最高の措置を検討

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。