記事

そもそも入閣打診なんて全くないし、僕は政治家に戻る気もない - 7月8日のツイート

headlines.yahoo.co.jp/article?a=2017…
(内閣官房参与・京都大学教授藤井氏)①この人ある意味可哀そう。僕が入閣なんかしないことは安部さんや菅さんに聞けばすぐに分かること。内閣官房参与なんて二階さんの飼い犬になって肩書をもらっただけらしいから、情報は何も入ってこないのだろう

(内閣j官房参与・京都大学教授藤井氏)①この人可哀そう。本当に僕の入閣を阻止したいなら内閣官房参与なんだから、こんな訴訟リスクある記事など出さずに安部さんや菅さんに直接言えばいいだけ。何も進言できない内閣官房参与。肩書だけ。

(内閣官房参与・京都大学教授藤井氏)③この人可哀そう。なぜ僕が彼を批判したかと言うと、政策論ではなく僕のことをヘドロチックだと人格攻撃し、テレビ出演しながら選挙応援まがいのことをしたから。彼はそれを全て棚上げしている。

(内閣官房参与・京都大学教授藤井氏)④この人可哀そう。彼が自ら出演する番組のスタッフに大阪都構想を巡って自民党が有利になる番組展開を示唆したメールが出てきた。彼はこの事実についても一切説明責任を果たしていない。

(内閣官房参与・京都大学教授藤井氏)⑤大学の中だけで生きてくるとこのように自分が一番賢い、絶対的に正しい、他人はバカだという人間になってしまう典型例。やはり選挙の洗礼を受ける民主主義は重要だ。彼は大衆をバカにして民主主義に否定的。

(内閣官房参与・京都大学教授藤井氏)⑥僕は批判はいくらでも受け入れる。ただし人格攻撃や人を見下した態度には徹底的に反撃する。これまで公人だったからある程度我慢してきたが、今は私人だ。今回の藤井氏の言論は度を超えた。

(内閣官房参与・京都大学教授藤井氏)⑦彼は僕が入閣しない情報も得ていない。それに入閣を本当に阻止したいなら安部さん菅さんに直接言えばいいだけ。にもかかわらず訴訟リスクを負ってこんな子供じみた対談をやっている。内閣官房参与は肩書だけ。

(内閣官房参与・京都大学教授藤井氏)⑧彼はこの文脈の中で「橋下はヘドロチックだ」と言い放った。それまで僕は彼からの悪口は無視していた。公人だから仕方がないと。しかしこの発言で反撃に出た。彼は自分に不都合な真実は全て隠すタイプのようだ。 pic.twitter.com/7K8waTWP0D

(京都大学教授藤井氏)⑨僕が人を介して藤井氏に尊敬していると伝えた事実はない。こちらの情報収集によって関係者を把握できたので確認中だが今のところそのような事実はない。さらに確認し確定できれば刑事告訴も行う。内閣官房参与に不適格。

(京都大学教授藤井氏)⑩藤井氏が頼りにしている証人は、これから始まるABC放送の正義のミカタの出演者とスタッフのようだ。僕が藤井氏に尊敬していると伝えた事実があるのかどうかしっかり証拠収集に努めること。事実がなければ刑事告訴だ。

僕が藤井氏に対して尊敬していると伝言した事実もなければ、そもそも入閣打診なんて全くないし、僕は政治家に戻る気もない。ほんと3流政治評論家やペーペー国会議員がくだらない噂話をするから、こっちはエライ迷惑を被っている。

※この記事は橋下徹元大阪市長のツイートを時系列順に並べたものです。

橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン
【ご購読はこちらから→】http://hashimoto.president.co.jp/
橋下徹と直接議論できるサロン『橋下徹の激辛政治経済ゼミ』
【お申込はこちら】→橋下徹の激辛政治経済ゼミ

あわせて読みたい

「内閣改造」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  2. 2

    「人殺し大臣」発言に懲罰はなし

    和田政宗

  3. 3

    川上量生氏「批判は私が受ける」

    川上量生

  4. 4

    「日本の技術はスゴイ」は勘違い

    Dr-Seton

  5. 5

    川上量生氏の独白 都が裏取引か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    野田氏への疑惑が総裁選に影響か

    天木直人

  7. 7

    「ドラクエ式」が被災地で大活躍

    中妻穣太

  8. 8

    山本太郎氏の品位欠く罵声に呆れ

    早川忠孝

  9. 9

    小室圭氏留学 皇室パワー利用か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    「野党は反対するだけ」はデマ

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。