記事

名字でルーツがわかる 佐藤、鈴木、田中、高橋、渡辺の場合

「高橋」のルーツとなった奈良県の「布留の高橋」には今も橋が架かる。撮影/森岡直浩

【「高橋」のルーツとなった奈良県の「布留の高橋」には今も橋が架かる。撮影/森岡直浩】

 NHK『人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!』に姓氏研究家として出演する森岡浩氏はこの分野の第一人者であり、特にこれまで研究されてこなかった庶民の名字の歴史や意味を解明した功績で知られる。近著『名字でわかる あなたのルーツ』で2500を超える名字のルーツを紹介している森岡氏が、同書で明かした名字のヒミツを紹介する。

 * * *
 名字のルーツを調べようとするとき、現代人ならまずインターネットで検索し、あるいは図書館で姓氏事典をめくる。しかし、そこで見つかる“ルーツ”は、実は文献の残る名家・旧家の歴史を紹介したにすぎない。例えば「田中さん」を調べると、藤原家庶流の田中氏や石清水八幡宮神官の田中氏が記載されていることが多いが、全国の「田中さん」のおそらく9割はそれらと無関係で、日本中の里山にいたであろう「田んぼの中に住む田中さん」だった可能性が高い。そうした家系には文献などは残っていないかもしれないが、名字にはれっきとした一族の歴史が込められている。

 そう言うと、「いや、うちの先祖は農民だから、江戸時代までは名字もなかったんだよ」と思う人もいるかもしれない。これは名字に関する誤解の最たるものだ。

 実は社会の教科書には「江戸時代には武士以外は名字を名乗ることができなかった」と書いてある。つまり、「名字はあったけれど、公的に名乗ることを禁止されていた」というだけなのだ。実際には、遅くとも室町時代には農民は名字を持っており、最も古い記録は、和歌山県紀の川市粉河(こかわ)の王子神社に伝わる名つけ帳である。新生男児の名字と名前を記録したこの帳簿は室町時代の文明10年(1478年)以来一度も途切れることなく現在まで続いている。当時から農民が名字を持っていたことを示す証拠といえる。

【今や大阪に看板だけが残る「渡辺」発祥の地。撮影/森岡直浩】

名字のルーツには、【1】地名、【2】地形・風景、【3】方位・方角、【4】職業、【5】下に「藤」──の5大潮流があり、日本人のほとんどが当てはまる。

 人数の多い名字のベスト5は佐藤、鈴木、田中、高橋、渡辺だが、このうち「佐藤」は左衛門府に務めた藤原氏の末裔であり、【5】のパターン。「鈴木」は熊野の神官が名乗ったのがはじまりで、紀伊半島で見られる“藁塚(わらづか)”を“すすき”と呼んだのが語源であり、ルーツの分類では【2】地形・風景と言える。「田中」は上記の通りで日本中にルーツがあり、地名と地形の両方がありそう。

「高橋」は文字通り古代に奈良県にあった「高い橋」がルーツで、これも【2】地形・風景に当てはまる。高橋氏は古代豪族で、朝廷の料理番を務めた家柄だ。おもしろいのが「渡辺」で、いまや全国に広がっている一族だが、ルーツは大阪の一地名で、今も発祥の地には看板だけが残っているという【1】のパターン。この一族も水軍で知られた古代豪族で、操船技術に長けていたために全国に広がったとされる。

あわせて読みたい

「日本人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パチンコ団体の無茶な主張に呆れ

    宇佐美典也

  2. 2

    発言捏造? 水原希子の動画を検証

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  4. 4

    キンコン西野「素人の演出迷惑」

    メディアゴン

  5. 5

    よしのり氏「山尾氏は謝罪不要」

    小林よしのり

  6. 6

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  7. 7

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  8. 8

    民進・岡田氏 解散の違憲性指摘

    岡田克也

  9. 9

    橋下氏「北対策はヤクザに聞け」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    トランプ氏 国連演説で北に警告

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。