記事

上野千鶴子×小笠原文雄 ひとり暮らし患者の8割が一人を望む


【人生の最期を家で朗らかに過ごす方法を語り合う社会学者・上野千鶴子さんと在宅医療の医師・小笠原文雄さん】

 どうしたら多くの高齢者の夢、「在宅ひとり死」は叶えられるのか──社会学者・上野千鶴子さんが在宅医療の医師・小笠原文雄さんに67の質問をぶつけてベストセラーとなった『上野千鶴子が聞く 小笠原先生、ひとりで家で死ねますか?』から4年。ますます在宅医療の必要性が増し、注目度も高まっている。上野さんは小笠原さんの新著『なんとめでたいご臨終』(小学館)をどう読んだのか。人生の最期を家で朗らかに過ごす方法を上野さんと小笠原さんが語り合った。

小笠原:ぼくがひとり暮らしの患者さんに接してびっくりしたのは、約8割の人は、ひとりでいることを望んでいたことです。逆に、寂しいから常に誰かにいてほしいと言う人は約1割、なるべくなら誰かにいてほしいと言う人が約1割。ということは、われわれ医療チームはもちろん、ご家族や周囲の人が、患者さんを「ひとりで放っておいてあげる勇気」を持たなきゃいけないんですよね。

上野:ひとりでいることがデフォルトになっている人は、ひとりでいることが平気なんです。

小笠原:平気という以上に、ひとりでいる方が、うれしいみたいです。

上野:大阪の辻川覚志さんというドクターが、独居高齢者の寂しさと不安調査をしておられます。得た結論が「おひとりさまは、寂しくも不安でもない」でした。「おひとりさまでお寂しいでしょう」というのは、大きなお世話、余計なお節介だと思います。

小笠原:在宅医療でひとり暮らしのかたを診るようになるまで、ぼくはそれがわからなかったんですよ。

上野:今日はぜひ伺おうと思っていたんですが、小笠原さんは、「在宅看取りは介護保険なしにはできませんでした」と、よくおっしゃいますね。

小笠原:はい。独居の看取りは介護保険がないとできないので。

上野:ああ、独居の場合ですか。

小笠原:そうですね。独居の場合です。家族と同居の場合は、家族は普通通り、仕事ができますよ。

上野:わかりました。それで、介護保険をどう評価しておられるかを、ちゃんと聞きたいと思って。

小笠原:介護保険がなかったら、独居の看取りができなかったわけだから、ぼくは日本の介護保険制度は素晴らしいと思っていますよ。

上野:そうでしょう。でも、それをはっきりおっしゃるかたは、そんなに多くないんです。多くのかたは、介護保険に批判的で。

小笠原:そうなんですか?

上野:はい。

小笠原:それは、多分こういうことなんじゃないでしょうか。介護保険ができてから在宅医療をやり始めた人は、“ある”のが前提だから、あれもこれも必要だと思うのかもしれない。けれどもぼくは、介護保険がない時代から在宅医療で苦労してきているので、なんてありがたい制度かと思うんですよね。

上野:私も「介護保険さまさま」だと思っています。

小笠原:介護保険がなかったら、在宅医療は進まないですよ。

上野:それを、はっきりきっぱり言っていただいて、とてもうれしい。介護保険制度はぜひ続けてもらいたいですね。絶対に後退させちゃいけません。

※小笠原文雄先生が7月17日、「なんとめでたいご臨終の迎え方」をテーマに、東京・小学館で講演会を開催。
詳細はhttps://sho-cul.comへ。

※女性セブン2017年7月20日号

あわせて読みたい

「在宅医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  3. 3

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  4. 4

    信用なくてもツキはある安倍首相

    文春オンライン

  5. 5

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  6. 6

    「米軍に勝てない」北幹部が動揺

    高英起

  7. 7

    姜尚中氏語る「戦争回避」の道筋

    亀松太郎

  8. 8

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

  9. 9

    安室奈美恵の引退に衝撃受けるな

    常見陽平

  10. 10

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。