記事

居場所を失う金正恩氏の「美人接待員」たち

集団脱北した北朝鮮レストランの女性従業員たち

北朝鮮当局が世界各地で経営する北朝鮮レストラン。先日、本欄で東南アジアにある北朝鮮レストランの苦境について伝えたが、こんどは中国・青島にあった北朝鮮レストランがひっそりと消えていったと、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じている。

現地の情報筋によると、山東省青島市の青島国際空港の近隣にある韓国人街で営業していた3店舗の北朝鮮レストランが、最近になって相次いで廃業した。

廃業の理由について詳細は不明だが、地元では様々な噂が飛び交っている。情報筋は、ミサイルや核兵器の開発を進める北朝鮮に対する中国人の感情が悪化した上に、料理の味や質に比べ値段が高すぎたことで客足が落ち、廃業を余儀なくされたと見ている。

(参考記事:北朝鮮「美女カラオケ店」ぼったくりサービスの実態

また、唯一の魅力といえば、「美人接待員」の歌と踊りだった。「接待員」とは朝鮮語でウェイトレスのことだ。

(参考記事:美貌の北朝鮮ウェイトレス、ネットで人気爆発

しかし、演じられる曲が北朝鮮の歌ばかりだったため、飽きられてしまったのかもしれない。

韓国政府によると、北朝鮮レストランの数は世界に130店ほどあり、うち100店が中国に集中しているが、上客は中国を訪れる韓国人観光客だった。普段触れることのできない北朝鮮への物珍しさからだろう。

ところが、韓国政府は昨年2月、自国民に対して北朝鮮レストランの利用を自粛するよう勧告を出した。また、国連安保理は翌月、北朝鮮の「ヒト、モノ、カネ」の出入りを絶つ目的で対北朝鮮制裁決議2270号を採択した。

これが予想以上に効果があったようで、廃業を余儀なくされる北朝鮮レストランが続出していた。そん中、北朝鮮レストラン従業員の集団脱北事件が起きてしまった。激怒した金正恩党委員長は、「韓国人客を出入り禁止にせよ」という命令を下したが、これが自分の首を絞める結果を生んだ。

そこに加えて、韓国に配備された米軍の最新鋭高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD〈サード〉)を巡る韓国と中国の対立のあおりをうけて、中国を訪れる韓国人観光客が激減していることから、ただでさえ減少傾向にあった韓国人観光客の利用者が、さらに減ると思われる。

北朝鮮自らが招いた「北朝鮮レストラン冬の時代」は今後も続きそうだ。

(参考記事:20代美人ウェイトレスを直撃……「北朝鮮レストラン」の舞台裏

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パチンコ団体の無茶な主張に呆れ

    宇佐美典也

  2. 2

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  3. 3

    発言捏造? 水原希子の動画を検証

    西村博之/ひろゆき

  4. 4

    橋下氏「北対策はヤクザに聞け」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  6. 6

    キンコン西野「素人の演出迷惑」

    メディアゴン

  7. 7

    よしのり氏「山尾氏は謝罪不要」

    小林よしのり

  8. 8

    民進・岡田氏 解散の違憲性指摘

    岡田克也

  9. 9

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  10. 10

    姜尚中氏語る「戦争回避」の道筋

    亀松太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。