記事

松居一代が船越ノートで見たという女性セブン記事全文公開1

1/2
女性セブン2016年1月28日号を見せる松居一代(YouTubeより)

【女性セブン2016年1月28日号を見せる松居一代(YouTubeより)】

 不可解なブログを更新しYouTubeに衝撃の独白動画を公開した松居一代。「船越英一郎 裏の顔」という動画では、“船越英一郎のノート”の存在を明かし、『女性セブン』に掲載された松居と船越に関する記事について、「この記事が出ることが船越のノートに書いてあったんです」と話している。つまり、松居は、船越が『女性セブン』に掲載された記事の内容を事前に知っていた──と主張しているのだ。

 その主張の真偽は別として、初めて夫婦の離婚危機が報じられたのは、『女性セブン』2016年1月28日号に掲載された『船越英一郎 松居一代を離婚! 「耐えて忍んだ15年」全記録』という記事。松居が「彼が犠牲者のような顔をして別れるためには、嘘をつく必要があったんだと思います」と話す、その記事とはどんな内容だったのか。その全文を掲載する。以下、女性セブン2016年1月28日号より(年齢などは当時のもの)。

 * * *

《妻はニコニコ 家事ガンガン 夫は忍耐で崖っぷち 温かくて!過激で!超おもしろい!船越家の日常》。松居一代のブログのトップページには、こんな文言が躍っている。"恐妻家"というイメージを松居自身が時に利用し、世間もまた笑いのネタとして受け入れてきた。なんだかんだでおしどり夫婦でしょ──そんな目で見てきた。しかし…。「崖っぷち」に立ち続けた夫・船越英一郎にとって、いつしか松居との生活は「温かくておもしろい」ものではなくなっていた。彼がひとつの決断を下すまでの、苦労と苦悩の物語。

 *
 黒のジャケットにジーンズ、日焼けした肌がまぶしい1人の男が、2つのキャリーバッグをカートに乗せて悠々と成田空港ロビーを歩いている。

 すれ違う人が全員振り返り、口々に囁きあう。

「ヤバいね! めっちゃカッコいいんだけど!」

 何気ない一コマでさえ絵になるこの男性は、船越英一郎(55才)。1月8日午後4時半、年末の28日より滞在していたハワイ・ホノルルから成田に帰国した。

 変装もせず、出迎えたマネジャーと落ち合うと、車に乗り込む。年末年始を留守にしていた自宅に戻るのかと思いきや、船越の向かった先は東京・お台場にある会員制の超高級ホテルだった。

 彼はこの日、会員権だけで4000万円超という同ホテルに宿泊した。

《主人がハワイから帰ってくるんですよ。(中略)家族が遠くにいるのは…やはり心配ですね。特に大黒柱がいないと寂しいものです。私はこう見えても寂しがり屋なんです》

 前日の7日、妻の松居一代(58才)はブログでこう綴っていた。

 一日千秋の思いで夫の帰国を待っていた松居だが、船越が妻の元へ顔を見せることはなかった。

 翌9日昼過ぎ、ホテルから出てきた船越が帰った先は、松居の待つ自宅ではなく、その近くにある別宅マンションだった。

「2011年4月に船越さんが自分名義で購入したマンションです。松居さんは“単なる衣装部屋だ”とメディアに説明してきましたが、実際には、家族と離れてひとりの時間を作りたいという船越さんの意向によって買われたものです」(船越の知人)

 現在も船越はこのマンションで過ごしており、年末から2週間以上、夫婦は一度も顔を合わせていない。

 船越のひとつの“決意”がここに表れていた。

「松居さんとの離婚を決めたのです。“別れることにしました”と、親しい人にはすでに報告しています。船越さんの意志は固い。この3か月間、松居さんとは一切会っていないそうですから。早ければ2月中にも離婚の決着をつけたいそうです」(船越を知る芸能関係者)

 2001年の結婚から15年。還暦を控えて夫婦の絆はプツリと切れた。

 船越が松居に“三行半”を突きつけた理由──。

 ひと言でいうならば、彼は疲れきっていた。

◆死ぬまで断絶し続けた松居と義父

「みなさま、もうお気づきのことと思います。口に出すのをはばかられるので黙っていらっしゃるのでしょうけど、だからこそちゃんと私がいいます。今日、船越の両親は来ていません」

 2001年10月31日、今はなき『赤坂プリンスホテル』で行われた船越と松居の挙式披露宴は、新郎の所属事務所であるホリプロ・堀威夫会長のこんな挨拶で始まった。

 門出から山あり谷ありの夫婦だった。

 1987年にDCブランド創業者と結婚、1990年に長男をもうけた松居だが、夫の度重なる浮気と借金問題に悩み、1996年に離婚していた。

 船越よりも3才年上で、連れ子を持つ松居との結婚に、船越の両親は猛反対した。

 神奈川県湯河原で旅館を運営し、息子に後を継がせようとしていた父・船越英二さん(享年84)には、バツイチ子持ちという松居の経歴は受け入れがたいものだった。

「披露宴を欠席しただけではありません。英二さんは2007年に亡くなるまで、松居さんとは生涯一度も会っていない。

 大正生まれの英二さんにとって、夫婦の形は“夫唱婦随”が当たり前。結婚後にテレビで夫の恐妻ぶりをおもしろおかしく話す松居さんの存在は、最期まで許せなかったのです」(船越家の知人)

 実家で暮らしていた船越の妹、洋子さんは、新聞のテレビ欄を毎日見て、松居の出演する番組が父の目に触れないよう気を使ったほどだった。

 断絶したまま父は逝ったが、救いもあった。父の死をきっかけに、母と松居の関係が修復に向かったのだ。

「洋子さんの尽力によるものでした。“母には同じ思いをさせたくない”と、父の葬儀で松居さんと母の初対面を実現させたのです。以後、食事の席をもうけたり、嫁姑の仲を繋ぐことに腐心してきました」(前出・船越家の知人)

 いつしか松居は船越の母とディズニーランドに行くまでになった。

 だが2010年3月、洋子さんは重度のうつ病で自殺した(享年47)。葬儀の場で、遺影を抱えて号泣する船越と松居の姿が参列者の涙を誘った。

 家族との断絶と修復、身内の悲劇、それら全てを乗り越えて、船越と松居の絆は一層深まっていくように見えた。

 ベストカップル賞やベストファミリー賞を次々に受賞し、「恐妻の松居と尻に敷かれる船越」というおしどり夫婦像が世間にも浸透していった。

 若い女優からのメールに嫉妬した松居が、「船越の携帯を鍋で煮た」という事件を本誌(2003年11月)が報じたのを皮切りに、「小遣い3万円」「電話は朝昼晩晩晩の1日5回」など、彼女の恐妻エピソードがたびたびメディアを賑わせてきた。

 2013年4月には、あるバラエティー番組で、「浮気を疑うあまり、今年だけで船越の携帯を3回折っている」と明かし、スタジオを騒然とさせた。

 松居のぶっちゃけるそれは、笑い話として世間に消費されていった。

 だがひとり、船越は笑っていなかった。

あわせて読みたい

「松居一代と船越英一郎の離婚騒動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「自民の勝利は当然」

    小林よしのり

  2. 2

    維新議員 相手陣営のデマに怒り

    足立康史

  3. 3

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  4. 4

    「小池の変」失敗の被害者は国民

    郷原信郎

  5. 5

    橋下氏 希望敗北でも「大功績」

    橋下徹

  6. 6

    公明苦戦 山口代表の替え歌原因?

    三浦博史

  7. 7

    立憲は野党再編へここから正念場

    三浦博史

  8. 8

    希望の党 離党者続出で崩壊か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    時代遅れなアパレル企業の悲惨さ

    Chikirin

  10. 10

    昔なら恥だった『孤独のグルメ』

    fujipon

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。