記事

ツイッターが「偽ニュース」防止機能を導入か 米有力紙が報道

Jay McGregor ,CONTRIBUTOR

ツイッターがニュース投稿につける新たなタブの導入を検討していると、ワシントンポスト紙が報じた。

同紙の取材を受けた匿名の2つの情報筋によると、新機能の導入は不正確な情報を故意に拡散する行為を食い止めるためのものだという。詳細は不明だが、ツイートのドロップダウンメニュー内に通報ボタンが追加される可能性が示唆されている。

さらに、機械学習を活用しスパムアカウントに関連する投稿を検知するなどの対策もとられるという。ワシントンポストは、米国大統領選挙に影響力を及ぼそうとしたロシアのIPアドレスから英語で投稿されたツイートを検出するという例を挙げている。

しかし、ツイッター側はこのシステムがユーザーに悪用される懸念があることも認識している。これはフェイスブックが偽ニュース対策を導入した際に発生したのと同じ問題だ。

「偽ニュース」という報告があったとしても、それが実際に偽ニュースなのかどうかは分からない。正当なニュースを故意に偽ニュースとして報告し、特定のアカウントを停止に追い込むなどの不正行為が広まる可能性がある。

さらに、フェイスブックであれツイッターであれ、通報を逐一調査するためには多大な労力が必要だ。専門のスタッフを追加雇用する必要があり、処理スピードも求められる。

もう1つのハードルは、誰もが納得するような規範を定めることだろう。これも想像を絶するほど難しい作業だ。「有害な情報」をどう定義するかという問題は、ツイッターを苦境に立たせかねないほど主観性に満ちている。フェイスブックのコンテンツ規制に関するポリシーについて分析した独立系報道機関ProPublicaのレポートを見れば、それがいかに大変かが分かる。

ツイッターの偽ニュース対策は歓迎すべきことだが、かなり考え抜いた上での導入が求められる。その場しのぎの対策では、これまで以上に重大な問題を生む可能性もある。

編集=上田裕資

トピックス

ランキング

  1. 1

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  3. 3

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  4. 4

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  5. 5

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  6. 6

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  7. 7

    「部落差別を語るな」は間違い

    SYNODOS

  8. 8

    安室引退「体力の限界」が要因か

    渡邉裕二

  9. 9

    安倍首相の目的は権力の延命だけ

    小林よしのり

  10. 10

    老後の同窓会は成功者しか来ない

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。