記事

「パワハラ」は我慢より、まずは状況回避するための手段を。知っておくと役に立つ制度も。

1/2

「パワハラ」とは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。これはれっきとした人権侵害であり、場合によっては刑事罰の対象にもなりかねない行為です。

現在、パワハラ被害に遭って悩んでいる場合に、自分が置かれている状況をどう見据え、どう対処していくべきなのでしょうか。

たとえば厚生労働省のHPを見たり、労働問題の専門機関に相談したりすれば、その定義や対応策に関する基礎知識は得られるかもしれませんが、日々職場で行われているパワハラは巧妙なケースが多く、個人の知見だけでは立証できないことも多いようです。また、明らかにひどいパワハラを受けているケースでも、社内での立場を気にして声を上げづらいという人も多いと思います。

では具体的にどのような対応策があるのでしょうか

知っておくと便利な言葉として「安全配慮義務」と「職場環境配慮義務」があります。

会社には従業員が安全・健康に働くことができるように配慮する義務があります。この義務を「安全配慮義務(労働契約法第5条)」といいます。また、会社が、その義務を果たさない(怠る)ことを安全配慮義務違反といいます。

通常、従業員の働く場所を指定することや、仕事上使用する設備や器具を用意するのは従業員側ではなく会社側です。そのため、職場における従業員の安全と健康を守るのは従業員の自己責任ではなく会社側がその義務を負うことになります。会社が従業員に対して危険な環境での労働、劣悪な環境での労働、慢性的な長時間労働(過重労働)などの労働条件を課すことを抑制するために、このような義務を課しているのです。

また、会社は労働者が働くための環境を安全・快適にしておく必要があります。これを「職場環境配慮義務(民法第715条)」と呼んでいます。陰口やセクハラ、不平等な扱いがなされ、正常な労働が提供できないという労働者がいる状況では、職場環境を整えているとは言えません。

このように会社側には「安全配慮義務」と「職場環境配慮義務」があることがわかります。そのうえで私たちにはどのような対応策があるのでしょうか。

異動する、上司が変わるまで我慢する

もし、「耐えられる」「我慢できる」レベルのパワハラならば異動や、上司が変わるまで人事部や会社の上層部に働き続けることで対応してみます。

休職する

「もうどうしても無理!」という場合には休職という方法があります。精神科や心療内科を受診して診断書を作成してもらいます。労働安全衛生法により、一定の規模の事業場には産業医の選任が義務付けられています。もし、会社に産業医がいる場合には診断書を提出して休職の相談をしてみましょう。

ただし、会社によって制度が異なりますので事前に休職に関する規定内容については確認をしておいてください。また、ケガや病気による休職では「傷病手当金」が支給されます。「傷病手当金」は会社からではなく、健康保険から貰えるお金です。実際に支給されるのは、休職4日目~復職の前日までの間で、月給の約6割くらい貰うことができます。

あわせて読みたい

「パワハラ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ネトウヨが保守論壇をダメにした

    文春オンライン

  2. 2

    サギ師が使う人の心を操る話し方

    fujipon

  3. 3

    都顧問 小池都政なければ大混乱

    上山信一

  4. 4

    音喜多氏「小池氏演説は攻撃的」

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    戦略的投票を推奨する朝日に疑問

    和田政宗

  6. 6

    辻元氏 米は他国民を救出しない

    辻元清美

  7. 7

    元SMAP3人VSジャニーズの報道戦

    文春オンライン

  8. 8

    英国でトラブル 日立は正念場に

    片山 修

  9. 9

    約30年ひきこもり 就労までの道

    PRESIDENT Online

  10. 10

    情勢調査が有権者に与える影響

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。