記事

都民ファーストの会の代表交代について

1/2

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

7月3日の日中に小池百合子・都民ファーストの会代表(当時)より代表辞任の意向が発表され、所定の手続きを経て後任には野田数幹事長(当時)が就任することとなりました。

こちらについて、私なりの所感とともに以下ご報告をさせていただきます。

まず、小池百合子知事が選挙後に代表辞任を決断した理由については、知事自身の言葉を借りれば

「二元代表制(が崩れること)への懸念を払拭するため」

です。

大阪維新の会で前例があるように、必ずしも首長が代表では二元代表制が保てないわけではないと思います。しかしながら、議席数で見れば明らかな「圧勝」という結果に鑑み、独裁への懸念を解消するため速やかに今回の決断を行ったものと考えられます。

そして議会人の立場から見ると、率直に言って自党の代表=首長であるより、そうでない方が議会質問や追及はやりやすいことも確かでしょう。

政治家の出処進退は自ら決めるものであり、この決断については十分に理解し、支持するものです。

一方で、後任となる代表が現在2名しかいない「役員会」で決定され、また議員でないものが代表職につくことに対する批判の声が上がっていることは承知しています。

まず、野田数氏が就任したのは「党代表」であって、都議会の会派(都議団)を代表するものではありません

民意で選ばれた都議団の次期代表者(現在は私ですが)は別途決定され、独自性をしっかりと保って政策提言をしていきます。

そして、社会の公器とも言われる「政党」の代表を決めるのだから、開かれた党員による選挙で、あるいはせめて議員たちによる選挙で決めるべきだという指摘については、それが可能であればベストな形の一つであると思います。

しかしながら、現在の都民ファーストの会は選挙後まもなく、突如として都議55名もの大所帯に膨れ上がったベンチャー政党です。追加公認などがあり、55人の都議たちも、全員が互いにその人となりを深く理解しているわけではありません。

こうした状態で仮に「代表戦」ともなれば、出身母体がそれぞれ異なることもあって混乱が起きる可能性はゼロではありませんし、なんだかんだと言っても現実として「選挙結果」には様々な禍根が残ります。

歴史がある組織であればもちろん、そうした紆余曲折を乗り越えて集団が成長していくのだと思いますが、突如として大きく誕生したばかりの組織が取れるリスクには、限界があるのは事実です。

そこで現在、いわば過渡期・黎明期にある組織を当面まとめ上げるには、都議選で辣腕を振るって誰もが認める結果を出し、公認選定を担っていたことから公認候補者全員の事情に精通しており、新人たちからの信頼も厚い野田数幹事長(当時)がもっとも適任であったと言えます。

あわせて読みたい

「都民ファーストの会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    兄から性的虐待7年 妹が苦悩語る

    渋井哲也

  2. 2

    小室氏が婚約者主張? 宮内庁怒り

    NEWSポストセブン

  3. 3

    海外持ち込み不可のお菓子に驚き

    メディアゴン

  4. 4

    能力ない2割の人と共存する社会

    Chikirin

  5. 5

    橋下氏「自民亭」への批判に苦言

    PRESIDENT Online

  6. 6

    広島豪雨で見えたマツダの地元愛

    片山 修

  7. 7

    支持0%台の国民党 悲惨な代表選

    文春オンライン

  8. 8

    台湾が日本の災害に親身になる訳

    WEDGE Infinity

  9. 9

    不倫の安倍チルドレンまた文春砲

    文春オンライン

  10. 10

    はあちゅう氏話題 事実婚の欠点

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。