記事

導入5ヶ月「プレミアムフライデー・サミット」のパネリストに島谷能成JVA会長


プレミアムフライデー推進協議会事務局の主催による「プレミアムフライデー・サミット」が先ごろ、東京国立近代美術館の講堂で行われ、日本映像ソフト協会(JVA)の島谷能成会長(東宝社長)がパネリストの1人として参加した。

この催しは、プレミアムフライデー(PF)の導入から5ヵ月を経た現状の手応え、活用事例などを議論するもので、民間企業の代表など計8名が登壇。

JVAは、昨年から11月3日の「ビデオの日」を中心としたビデオソフト市場活性化キャンペーンを推進しており、その一環として、今年8月よりPFは全国のショップ、レンタル店でキャンペーンを展開していくことを決めている。

島谷氏は、ビデオソフト業界の市況を説明した上で、PFへの参加を決めた理由について 「昨年行ったビデオの日キャンペーンでは、レンタル店で新品も含めて1作品につき100円のサービスを行ったところ、(前年同日比で)来店数が1・5倍、貸出枚数が2倍と、明快に反応があった。今年も展開する予定だが、やはり毎月何かやりたいなと色々会議を重ねたところ、PFにぶつかった。3月のPFのレンタルショップの売上は、前年3月の同日との比較でだいたい5%上がっていた。お店の方々も手応えを持っている」 と語った。

さらに、PFとDVDがコラボレーションした〝プレミアムフライデーはおうちでエンタメ!〟のロゴを紹介し、 「このトレーラーが、これからレンタルDVD全てに入る。毎月、PFには素晴らしい品ぞろえと、お店独自のプレゼント、お客様に対するサービスを毎月色々考えながらやっていく」とビデオソフト業界の取り組みの概要を説明した。

サミットにはほかに、河合克也(水上印刷社長)、久保健(三井住友カード社長)、中山勇(ファミリーマート会長)、森恵一(I Love しずおか協議会会長)、宮嶋貴之(みずほ総合研究所エコノミスト)、石原伸晃(経済再生大臣)、石塚邦雄(PF推進協議会/経団連副会長)の各氏が出席。

すでに社でPFを導入しているという河合氏は 「工場をストップするわけにもいかないので、部署ごとや個人で月に1回(好きな日に早期帰宅を)とるようにしている。10%ほど残業を削減し、売上は10%伸びたので、計20%は生産性が向上した」と導入の成果を語り、久保氏は「(PFは)紳士服のチェーンのカード決済が伸びる。土日は家族サービスなどで後回しになっている自分のことをやっている方が多いのでは」と、PFの消費の特徴をカード会社独自視点で述べた。

また、今後PFがさらに一般に浸透していくための課題として、宮嶋氏は「午後3時の退社にこだわらずに、定時や、いつもよりは早く帰るなど、できることから少しずつ進めていく。特に、経営者の方が率先してやっていく姿勢を見せることで、マインドを醸成していくことが重要ではないか」 と考えを述べていた。

あわせて読みたい

「プレミアムフライデー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大雪で帰宅命令より朝出社禁止に

    かさこ

  2. 2

    幸福の科学 総裁長男が衝撃退職

    女性自身

  3. 3

    橋下氏 会見開いた岩上氏を批判

    橋下徹

  4. 4

    東京は費用対効果的に雪対策ムリ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    性行為なしの援助交際続ける少女

    渋井哲也

  6. 6

    白米を食べられない子供が増加中

    NEWSポストセブン

  7. 7

    堀江氏「新幹線高すぎ」に反響

    THE PAGE

  8. 8

    センター国語に直木賞作家が挑戦

    NEWSポストセブン

  9. 9

    羽生竜王vs藤井四段 対局は幻に?

    大村綾人

  10. 10

    安倍首相が平昌を欠席すべき理由

    門田隆将

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。