記事

【タカタ破綻】上限38億円の弁済対象外は299社

 連鎖倒産が懸念されるタカタ(株)(TSR企業コード:295877413、東京都)の少額弁済の対象先が判明した。タカタが6月28日、東京地裁へ申請した「少額債権の弁済許可」に基づくもので、同日、東京地裁が許可した。これによると再生債権者1名あたり38億円が上限になっている。

 タカタの試算では、5月31日時点で少額弁済の対象となる商取引債権の総額は約161億円。
 「再生手続開始申立書」に基づく一般債権者748名(金融機関、屋号のない個人除く)に対し、「少額債権の弁済許可」の少額債権者は449名で、弁済先数カバー率は60.0%だった。また、金額では、一般債権額1054億5,013万円に対し、少額弁済の総額は161億4,782万円で、弁済額カバー率は15.3%にとどまる。

タカタの主な少額債権者と債権額

滋賀県にある企業が3割

 少額弁済の対象から外れ、再生手続で債権が圧縮される可能性が出ているのは299社で、一般債権者の40.0%を占める。地域的には、彦根製造所など4製造所がある滋賀県内に本社または拠点を置く企業は91社で、少額弁済の対象外企業(299社)の30.4%に上る。

 少額弁済の対象から外れ、再生手続で債権が圧縮される可能性が出ているのは299社で、一般債権者の40.0%を占める。地域的には、彦根製造所など4製造所がある滋賀県内に本社または拠点を置く企業は91社で、少額弁済の対象外企業(299社)の30.4%に上る。

 滋賀県は7月4日、「セーフティネット保証1号」の発動を受け、タカタの取引先を対象にした資金繰り支援策を発表した。タカタ、またはタカタ九州(株)(TSR企業コード:930078128、佐賀県)に50万円以上の売掛金債権等を有する中小企業者などを「セーフティネット資金」の融資対象者とする。問い合わせは、滋賀県商工観光労働部中小企業支援課(電話077-528-3732)。

 また、静岡県も7月4日、県内企業の連鎖倒産防止の資金繰り支援を発表した。タカタに25万円以上の売掛金債権、または前渡金返還請求権を有している中小企業者が対象。問い合わせは、経済産業部商工業局地域産業課(電話054-221-2812)。

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2017年7月6日号に「少額弁済の対象先一覧」を掲載予定)

 TSR情報とは

あわせて読みたい

「タカタ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    配達が無言 ヤマトAmazon撤退で

    山本直人

  2. 2

    覚悟ない子連れ議員にがっかり

    宮崎タケシ

  3. 3

    虚偽の史実を広めた朝日は謝罪を

    門田隆将

  4. 4

    トランプ氏を手玉にとる安倍首相

    PRESIDENT Online

  5. 5

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  6. 6

    山尾氏の集団的自衛権=悪は危険

    篠田 英朗

  7. 7

    慰安婦の日制定で日韓合意は破綻

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    サ市と断交?冷静な判断が必要

    米山 隆一

  9. 9

    子連れ登院の目的に抱いた違和感

    井戸まさえ

  10. 10

    事故物件の住人が明かす恐怖体験

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。