記事

自民党、歴史的惨敗の見方

とりあえず自民党の歴史的惨敗は良かった。
都議選だが、もはや国政選挙の様相を呈したために、「反・安倍政権」の票が、都民ファーストや共産党に大量に流れた。
世論調査の支持率以上に、安倍政権への不満や怒りは溜まりに溜まっているということだ。

「共謀罪」に見る「熟議拒否・採決強行」、「森友・加計学園」に見る「公平性の欠如」、そして各議員たちの目を覆うばかりの下品さ、知性欠如、政治家としての資質のなさが目立ちすぎる。

秋葉原で起こった「安倍やめろコール」を安倍首相は「こんな人たちに負けない」と公然と言い放った。
ネトウヨと同じ感性を持つ安倍首相にとっては、自分を嫌う者は左翼・プロ市民しかいないと信じ込んでいるのだろう。
あの「やめろコール」に、どれだけ多くの国民が溜飲を下げたか、安倍晋三くんには想像もつかないのだ。

現在の自民党支持など、どこかにイメージの良い政治家さえ現われて、政党らしきものを作れば、あっという間にそちらへ支持が流れてしまう程度のものだ。
それほど自民党・安倍政権への支持率というものは脆弱で、砂上の楼閣のようなものなのだ。

安倍政権が盤石だと思い込んで、今のうちに政権に寄生しておこうと考えた「言論人」や「お笑い芸人」も、いつの間にか信頼を失ってしまう結果となるだろう。

これから安倍政権は内閣改造を行なって、大衆受けする閣僚を陳列し、「反省」とか、「謙虚」とか、「出直し」などと言いながら、国民を騙すきれいごとだけの政策をぶち上げるだろう。
果たしてそれに国民は騙されるのか? 

そして小池都知事の新党は、安倍政権への批判票を取り込んだにも関わらず、やっぱり安倍政権の補完勢力に過ぎなかったと思われる道を選ぶのか?
維新の党の二番煎じは止めた方がいいと警告しておく。 

民進党は当選者ゼロになると思っていたのに、意外に5人当選で善戦したと感じた。
イメージや風頼りに、民進党から逃げ出した政治家こそ、わしは卑怯者だと思うし、信用できない。

共産党のイメージが良くなったわけではないのに、批判に徹している共産党が伸びるのは、わしも分かる。
安倍政権には徹底的に対決してほしいのだ。 

民進党は、天皇退位の問題での地道な戦いで成果をあげたし、共謀罪法案を阻止する戦いもその意義は十分にあった。
そのような「リアリズムの力量」を積み上げていけば、評価されるときが来るだろう。

次の国会の開催を待たず、安倍政権を追及せよ!
安倍晋三が改心することはない。
マスコミも「権力監視」の使命を絶対に貫け!

あわせて読みたい

「東京都議会選挙2017」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文春の「鬼畜」医師報道に疑問

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    人気精神科医 10代患者と性関係

    文春オンライン

  3. 3

    アベノミクスで潤う富裕層と自民

    国家公務員一般労働組合

  4. 4

    立憲の「まっとうな政治」に疑問

    鈴木 たかこ

  5. 5

    右翼3人との乱闘を収めた辻元氏

    辻元清美

  6. 6

    首相発言が匂わす検察の国策捜査

    郷原信郎

  7. 7

    小池都政 LED事業の厳しい現況

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  8. 8

    よしのり氏「変節」報道に反論

    小林よしのり

  9. 9

    立憲結成で摘出された民進の病巣

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  10. 10

    叩かれたけど本当はスゴい4議員

    駒崎弘樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。