記事

フォード、ヤフー、FB?ウーバーの新社長候補 - 土方細秩子

 業界玉突き人事、ではあるまいが、意外なところで意外な人の名前が取りざたされている。フォード・モーターズCEOを事実上クビとなったマーク・フィールズ氏である。なんと現在ウーバーの新CEO候補として名前が挙がっている、というのだ。

 フィールズ氏は2014年にフォードCEOに就任したが、前任者であるアラン・ムラーリー氏と比べて評価は低かった。1989年にフォードに入社、若くしてアルゼンチン、日本などのオペレーションを担当したエリートではあるが、CEO就任以来フォード株価は下がる一方で、今年ついに企業としての総資産評価がテスラに抜かれた、と話題になった。

 フォードの新CEOに就任したのは、フォードの子会社で自動運転部門であるフォード・スマート・モビリティCEOだったジム・ハケット氏。この交代を強く望んだのはフォード創業者一族で会長でもあるビル・フォード氏、と言われる。世の自動車業界がこぞって自動運転、ライドシェア、EVに流れる中で「より迅速な企業文化の変化、再活力化を行える人物」としてハケット氏が浮上した。

 実際ハケット氏は「これからの自動車産業はシリコンバレーのIT企業をお手本とした新しい発想、ユーザーへの新しい『経験』の提供が必要」と語るなど、未来を見据えた改革発言を行なっている。

 しかし、ライドシェアサービス大手ウーバーでCEO、トラビス・カラニック氏の解任、というビッグニュースが発生し、フォードを去ったフィールズ氏に大きなチャンスが巡ってきた。

 今年に入り数々のスキャンダル、そして現在もグーグルの自動運転部門であるウェイモとの裁判が継続中、とまさに会社がガタガタ状態のウーバーにとって、精力的に発展してきた過去と決別し、安定企業としての存続が何よりも優先事項になっている。そのためにもビッグネームCEOを据えて会社の規律を強めることが先決だ。

 ウーバーは今年8月中旬ごろをめどに新CEOを立てる予定だが、フィールズ氏がフォードを去ったのは絶妙のタイミングとも言える。まだ上場していないウーバーではあるが会社資産総額は500億ドルとも言われ、フィールズ氏にとっても手腕を発揮するのに十分な場所でもある。

 もっとも候補として名前が挙がっているのはフィールズ氏だけではない。強力なライバルとなりそうなのがシェリル・サンドバーグ氏。フェイスブックのCOOとして知られた人物だ。サンドバーグ氏はビジネスマンとしての側面だけではなく、過去にサマーズ財務長官(当時)の元で働いていた、という政府に顔が効く側面も非常に魅力的なチョイスとなる。

 政府系人事で言えば、アンソニー・フォックス元運輸長官も候補の一人として挙がっている。ウーバーのような企業は政府の規制とどう折り合いをつけていくのか、というのが今後の発展の上で重要な要素となる。そうした面で十分すぎる経験を持つフォックス氏も、ウーバーにとっては非常に欲しい人材となっている。

元ヤフーCEO、メリッサ・メイヤー氏も候補

 さらに職を離れた大物、として元ヤフーCEO、メリッサ・メイヤー氏も候補だという。シリコンバレーの女性経営者として非常に注目されたが、ヤフーの立て直しには失敗、ヤフーは電話会社ベライゾンに売却された。それでもメイヤー氏個人に対する評価は今も高く、有力候補の一人とされる。

 それでもフィールズ氏がウーバーCEOにもっとも近い人物、と考えるのは、本人のフォードへの意趣返しの思いが強いだろう、という点だ。フィールズ氏自身自動運転の導入には積極的だった。しかし動きが遅い、と判断されたのは、フォードという巨大企業を率いて利益を出す、という前提があったため。ウーバーはまだ黒字企業ではなく、上場もしていないから株主に配慮する必要がない。そして自動運転タクシーの実現を目指す、など普通の自動車メーカー以上に新しい技術導入に積極的だ。ここでウーバーを立て直し、見事に自動運転の部門でも業界リーダーに持って行くことができれば、フィールズ氏への評価はうなぎ登りになる。まだ56歳という若さだけに、ウーバーをステップに今後さらに大きな企業で活躍できる素地は十分にある。

 新体制でのウーバーの復活、様々な理由で企業を去った業界の大物達の今後など、ウーバー新CEOの決定は注目を持って待たれている。

あわせて読みたい

「Uber」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    水原希子「日本人」発言は捏造

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  3. 3

    パチンコ団体の無茶な主張に呆れ

    宇佐美典也

  4. 4

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  5. 5

    国民に刺さるのは左翼でない野党

    AbemaTIMES

  6. 6

    よしのり氏「山尾氏は謝罪不要」

    小林よしのり

  7. 7

    iPhoneXで生活は全く変わらない

    永江一石

  8. 8

    民進・岡田氏 解散の違憲性指摘

    岡田克也

  9. 9

    キンコン西野「素人の演出迷惑」

    メディアゴン

  10. 10

    トランプ氏 国連演説で北に警告

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。