記事

7月3日(月)ムネオ日記

 将棋の藤井聡太四段(14歳)が公式戦での連勝記録がストップした。30連勝をかけ佐々木5段と対局したが、勝利の女神は佐々木5段に微笑んだ。11時間半の熱戦である。

 佐々木5段も16歳でプロ入りし、現在22歳、これからも2人の対局は注目されることだろう。  将棋がテレビ・新聞でこれほど話題になったことは初めてではないだろうか。それだけでも藤井4段の果たした役割は大きく重い。今回の結果は将来の人生航路に大きな意味を持つものだろう。

 それにしても藤井4段を研究して臨んだ佐々木5段の用意周到、備えあれば憂いなしが功を奏したと素人目には映る。佐々木5段の「目力」に驚くものである。

 メディア注視の都議会議員選挙は都民ファーストの圧勝、自民党の惨敗である。公明党は7回連続の全員当選で見事な結果だ。

 当選者のうち都民ファーストは49名中17人、約35%を女性が占めた。公明党は23人当選で3人約12%、共産党は19人中13人が女性、なんと7割近くを女性が占める。自民党は23人中女性はたった1人の当選である。これが選挙における有権者の判断にも繋がっているのではないか。

 結果を良く分析し、自民党はもっともっと女性候補を増やしていくべきである。

 自民党は臨時役員会で都民の審判を真摯に受け止め安倍総理を支え、新生自民党に向けてスタートした。

 これからの自民党が国民目線で国民の声をよりしっかり受け止め舵取りをして戴ければ今回の結果は日本にとってプラスである。

あわせて読みたい

「東京都議会選挙2017」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「朝日に良識感じた」

    小林よしのり

  2. 2

    AV出演強要 19歳少女が落ちた罠

    渡邉裕二

  3. 3

    NPOに持論語る 経産相答弁に感動

    駒崎弘樹

  4. 4

    ジャンプ船木 お家芸潰しに持論

    NEWSポストセブン

  5. 5

    日韓選手の絆 政治ショーは終了

    大西宏

  6. 6

    安倍首相の評価高まる佐川長官

    NEWSポストセブン

  7. 7

    眞子さま 結婚のご意思は不変か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    音質より内容 声のブログの挑戦

    BLOGOS編集部

  9. 9

    宇野昌磨を称賛 寛容化した日本

    岩田健太郎

  10. 10

    貴乃花「爆弾告発」で八角退陣も

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。