記事

止まらぬ日本のマグロ乱獲 漁獲枠は「自転車操業」状態か

【いずれこんな見事なマクロは見られなくなる?!(写真:アフロ)】

 日本のマグロの未成魚にたいして乱獲が依然続いている。果たして有効な打つ手はあるのか。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が語る。

 * * *
 日本は「もったいない(MOTTAINAI)」の国だと言われる。確かに言葉の発祥としてはそうだろう。もっとも、日本が食料にまつわる環境意識について意識の高い国かというとそれも違う。2013年の本稿で「マグロ 未成魚乱獲で絶滅危機のウナギの二の舞になる危険も」という記事を書いた。

 一部のまき網漁がクロマグロの幼魚を根こそぎ水揚げしてしまい、結果、クロマグロの水揚げの99%が3歳以下の小型のものに。味がよく単価が高くなるはずの大型成魚の漁獲量が激減し、クロマグロが危機的な状況に陥っていると。自主規制は一応されているが、機能しているとは言い難い。ならば、強制力のある規制が必要だという趣旨の記事だった

 ところがあれから4年が経過したいまも状況は改善されていない。スーパーに行けば当たり前のように「ホンマグロ(ヨコワ)」、「メジマグロ」という表示のマグロが売られている。小型のマグロが「特売」という名目で、安値で叩き売られているのだ(しかもわりと売れ残っている)。

 クロマグロは国際的な漁獲規制の対象になっている。当然、漁には国の広域漁業調整委員会の承認が必要だ。しかし今年、全国で無承認操業船や、漁獲の未報告が続々と発覚した。さらに深刻だったのは、まき網漁船による漁だ。小型船のベテラン漁師は「大手水産会社のまき網漁は産卵期のマグロや未成魚を一網打尽にしてしまう。この数年、まき網の連中は何も変わっていない」と言う。卵を生む親魚やこれから大きくなる未成魚を乱獲すれば、成魚の漁獲が減少するのも同じだ。

 まき網漁船側の主張は「自主規制はしている」「公的機関から言われれば従う」という姿勢だが、今年は大型まき網漁船での漁獲にも過少報告が発覚。小型クロマグロの重量を最小サイズである2kgで報告するなど、ずさんな報告が相次いだ。結果、水産庁がようやく重い腰を上げて立入検査をし、報告の修正指導を行ったというが、体質改善などにどこまで踏み込むことができたのかは未知数だ。

 しかも各地で実績が改ざんされていたといなれば、日本全体に割り当てられた漁獲実績についての修正も必要になる。6月末までの年間漁獲枠はすでに4月で使い切った。超過分は来季の漁獲枠から差し引かれる。国際社会からも日本のずさんな資源管理に批判が高まっているのは当然としても、ここまで自浄作用が機能しないのはなぜだろうか。

 6月中旬の朝日新聞の鳥取版や島根版では「生クロマグロ、豊漁期待 初水揚げ」などとお祝いムードで境港の今年初の水揚げを報じていたが、6月はクロマグロが産卵に入る季節。クロマグロの旬は12~2月である。さらに今年6月27日付の日本経済新聞の記事にも「水産庁は資源の減少が懸念される太平洋クロマグロの漁獲量の抑制に乗り出す」というフレーズがあった。5年前ならともかく2017年のいま「乗り出す」とは……。

 ツッコミどころ満載すぎて、何をどこからツッコんだらいいのかわからない。

あわせて読みたい

「マグロ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  3. 3

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  4. 4

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  5. 5

    高須氏「衆院解散は正しい戦略」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  7. 7

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

  8. 8

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  9. 9

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  10. 10

    共産の要求激化で選挙協力崩壊か

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。