記事

都民ファースト躍進で日本もPolitical surpriseの仲間入り

昨日(7月2日)の東京都議選では、都民ファーストが躍進し、自民党は大敗を喫した。

日経新聞朝刊によると、都民ファーストなど小池系が79議席を獲得し、自民党は過去最低の38議席を大幅に下回る23議席にとどまった。

日本の政治外交を専門とするジェラルド・カーティス・コロンビア大学名誉教授は、都議選の結果が出る前のロイターのインタビューに「我々は日本も英国、フランス、米国と同様、大きなPolitical surpriseを生み出す可能性があることを発見するだろう」と述べていた。

Political surprise ポリティカル・サプライズはまだ日本になじみのない言葉だ。グーグルで調べても日本語訳や日本語の解説はない。

「政治的な驚き」ということだが、これまでの政治的常識や世論調査の結果と異なる結果が選挙や国民投票の結果示されるということだろう。

例えば英国のEU離脱、米国大統領選でのトランプの勝利、フランス大統領選でのマクロンの勝利などが最近のPolitical surpriseだった。

小池都民ファーストの勝利はこれらの流れと軌を一にするというのがカーティス教授の見立てだ。

カーティス教授は3年ほど前(2014年12月)にWSJのインタビューで「日本は5年後も今の日本のままで変わらない」と述べていた。

そして「安倍首相が2018年まで首相を務めるだろう。過去に自民党が政権を失った時は党内分裂が原因で次も恐らくそうだろうが、今のところその兆しはない。野党が近い将来自民党に代わる信頼できる政策を打ち出せる可能性は極めて低い。」と述べていた。

ではこれは本当に良いことなのか? 

カーティス教授は「日本は沈没することはないが、人口問題を解決して高度成長に転ずることもない。現状のままだろう」と述べていた。

教授の真意を深読みすると「政治的安定を保ちながら、緩やかなペースで坂道を下り続ける」ということなのだろう。

Political surpriseは「政治的安定性を覆し、何かをドラスチックに変える」ということだ。

今までPolitical surpriseという言葉が日本でなじみがなかったのは、驚くほどの政治体制の激変の可能性がなかったことを意味する。

都民ファーストの勝利は安倍政権の基盤を揺るがす影響力を持っている。日本でもPolitical surpriseとう言葉が市民権を得るかもしれない。

あわせて読みたい

「東京都議会選挙2017」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    若い世代ほど麻生氏支持のワケ

    永江一石

  2. 2

    よしのり氏「麻生大臣見直した」

    小林よしのり

  3. 3

    小西氏罵倒 自衛官の屈辱に理解

    中田宏

  4. 4

    リボは借金 命より重いお金守れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    林大臣が通う「個室ヨガ」の実態

    NEWSポストセブン

  6. 6

    防衛省が国民の敵発言を隠ぺいか

    小西洋之

  7. 7

    「国民民主」党名に見える排除感

    常見陽平

  8. 8

    NZでブラック経営の日本人に非難

    キャリコネニュース

  9. 9

    よしのり氏 MeTooになっていない

    小林よしのり

  10. 10

    橋下氏「米山氏は初動間違えた」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。