記事

現金がなくなる日

あつまろです。

ここ数年で小売店のいろんな場所で電子マネー決済がでできるようになりました。個人的には、日常生活の支払いにおいて、だんだんと現金決済の比率が下がってきています。

「電子マネーの普及 と ネットショッピングの拡大」

Amazonなどネットショッピングサイトの広がりで、ネットショッピングの機会は増える一方です。ネットショッピングになるとクレジットカードなど電子決済が一般的です。リアル店舗においては、高額決済はクレジットカード支払いが従来からありましたが、少額決済においてもクレジットカードのサインレスが実装されていたり、最近ではレジ横に電子マネー支払いのICスキャナーが置かれるシーンが増えました。私もSUICAなど交通ICマネー以外にもnanaco、Edy、WAONにチャージして日常の支払いをするようになりました。

「現金を使わない日は来るのか」

おそらく個人ベースでは、現金なしの生活になるのは近い将来可能だと思います。特に都会においての暮らしは現実的だと思います。外食や小売りチェーンも標準実装しています。 しかしながら、社会全般や零細店舗においては現金が使われて、完全になくならない併存社会がかなり長期間続くものと思います。現金決済を止めてしまえば、集金など人手がかかる領域を一気にデータ伝送化して社会システムの生産性が上がるのですけれど。。

「支払いの実感」

話を個人レベルの単位に戻すと、既に電子決済は相当普及していますし、現金を持ち歩かなくて完結する人も多くなっていくと思います。そうしたときに現金ならではのメリットとして、支払いの実感というか痛ペイ感が鈍くなるという点は留意したいです。

1,000円の支払いと、3,000円の支払いでは実際にお金の支払いのときに枚数も違いますし、そのマニュアルプロセスに支払いの実感がありましたが、ネットや電子マネーでの支払いはその感覚が非常に薄くなり、より簡単に浪費ができてしまいます。これから子どもは電子決済ネイティブ世代も来ると思うので、マネー教育が重要になりますね。電子決済は決済明細の見える化や残額が見えるなどメリットもたくさんあるので、うまく使いこなしていきたいものです。

あわせて読みたい

「電子マネー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮司殺害 犯行時の異様な言葉

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大統領夫人を嫌がるトランプ氏妻

    PRESIDENT Online

  3. 3

    年齢で正社員募集する日本は異常

    城繁幸

  4. 4

    漫画で分かるイスラム女性の心情

    紙屋高雪

  5. 5

    NHK訴訟 見直せなかった公共放送

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  6. 6

    超高額イージス導入で国防は弱化

    清谷信一

  7. 7

    中東 トランプ氏の賭けは勝利か

    野口雅昭

  8. 8

    M-1ルール変更も残る一番手問題

    いいんちょ

  9. 9

    ツリー炎上 嘘を重ねるネット民

    赤木智弘

  10. 10

    食べログは禁煙店の加熱式可外せ

    NATROM

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。