記事

都議選投票日朝刊で露骨にアンチ安倍の「読者誘導」記事を掲載する朝日新聞

1/2

 日本列島全体がアンチ安倍モードになっている7月第一日曜日であります。

 そう7月2日、都知事選投票日であります。

 逆風吹く安倍自民党に、メディア・野党は勢いづいているのですが、そのような7月2日日曜日の朝日新聞朝刊紙面が出力全開でアンチ安倍報道が、「印象操作」「読者誘導」テクニックが調子付いていて興味深いのです。

 朝刊2面には大きな二つの記事が左右並んでいます。

 右側には名物特集記事である「時時刻刻」が、香港返還20周年で香港を訪れている習近平国家主席が、香港市民の強烈な反対デモを浴びていることなどが報じられています。

(関連記事)

(時時刻刻)一国二制度、曲がり角 香港、強硬習氏に不信感 返還から20年

2017年7月2日05時00分

http://www.asahi.com/articles/DA3S13015140.html

 香港独立を認めないそして自由な言論を弾圧している強権的な習近平国家主席の強硬姿勢に、記事は民主派の議員や、デモ参加者の声をていねいにひろっています。

 会場で演説を聞いた民主派の梁継昌・立法会(議会)議員は「国家が過度に強調され、香港がないがしろにされていた」。午後の抗議デモに参加した無職の男性(60)も「習氏の演説内容と一国二制度の本来の姿は大きくかけ離れている」と批判した。

 強権的で非民主的な権力者に対して、民主化を求める人々がデモによって抗議の声を上げるも、それを黙殺する政権中枢。

 大変わかりやすい図式の記事であります。

 で、その2面に並んでいるもうひとつの記事であります。

 日本では、安倍首相が都議選最終日に初の街頭応援演説をしたら、「「辞めろ」「帰れ」コールがわき起こった」ことを、嬉々として報じる記事なのであります。

(関連記事)

首相、初の街頭応援演説 都議選最終日、秋葉原で

2017年7月2日05時00分

http://www.asahi.com/articles/DA3S13015138.html

 朝日記事によれば、そもそも安倍さんは「今回の都議選では、ヤジが飛ぶ可能性が高い街頭には立たず、支援者が多い小学校体育館での演説に限っていた」と逃げ回っていた印象を与えます。

 今回の都議選では、ヤジが飛ぶ可能性が高い街頭には立たず、支援者が多い小学校体育館での演説に限っていた。最初で最後の街頭演説の場所に選ばれた同駅前は、2014年の衆院選や13年と16年の参院選の最終日にも演説した、首相にとってはなじみのある場所。首相官邸幹部は「政権への支持率が高い若年層が多くいる」と話していた。

 で、秋葉原では「「辞めろ」「帰れ」コールがわき起こった」のだと報じます。

あわせて読みたい

「朝日新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自民党議員が女将とタワマン不倫

    NEWSポストセブン

  2. 2

    加計問題 職員の反対意見が続出

    文春オンライン

  3. 3

    それでも蓮舫氏に頼る民進に疑問

    早川忠孝

  4. 4

    稲田氏PKO日報隠蔽 報道は的外れ

    河野太郎

  5. 5

    都庁で「ラジオ体操」職員に同情

    キャリコネニュース

  6. 6

    死後45年ブルース・リー死の真相

    渡邉裕二

  7. 7

    AI時代に全く危機感ない日本人

    永江一石

  8. 8

    加計問題が示した霞が関の劣化

    WEDGE Infinity

  9. 9

    「弱さを見せない」蓮舫氏の弱点

    THE PAGE

  10. 10

    蓮舫氏の問題は自己矛盾にある

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。