記事

「なんとなく風俗」その答えにこみ上げる怒りについて

1/2

 百人の人がいれば百通りの事情があると頭ではわかっていても、人は困窮者の事情をステレオタイプに考えがちだ。とくに、人に言いづらい仕事をしている人に対しては、その仕事の情報が少ないこともあって、類型的な人生と生活を送るものだと思ってしまう。「なんとなく風俗」という新しい言葉で仕事を続ける動機を表現され、それに反発した当事者の言葉をきっかけに、ライターの森鷹久氏が、彼女たちの本当の事情について考えた。

仕事を続ける動機は簡単に口にできないこともある
【仕事を続ける動機は簡単に口にできないこともある】

* * *
「番組を見ていて“こんな風俗嬢”本当にいるの? と怒りがこみ上げてきた。ドキュメンタリー番組などで風俗の仕事が取り上げられる機会が増えている気がするが、どれも的を射ていない。私達は不幸な玩具じゃない」

 筆者にラインでこのようなメッセージを送ってきたのは、東京・上野の風俗店に勤務する女性・公佳さん(28)。公佳さんが違和感を覚えたというのは、6月15日にNHKの『首都圏ネットワーク』で放送された、風俗業で働く女性についての特集だ。後日、その放送内容のダイジェストがホームページで公開されたが、そのタイトルは「“なんとなく”風俗で…」。放送と同じく「なんとなく」が強調された取り上げ方に、公佳さんは違和感を禁じざるを得なかったという。

 その番組では、風俗で働く女性への支援を行う団体の取り組みと、それによって風俗業界以外への再就職を試みる女性たちを取り上げていた。今どきの風俗で働く女性たちの実態紹介のひとつとして、その団体が2015年にとったアンケート結果から、風俗で働き続ける理由の第一位「生活費」ではなく、第二位の「なんとなく」という回答に注目。「なんとなく」と回答した人のなかから、別業界への再就職を希望している女性へのインタビューを行っていた。

 前述の公佳さん自身が風俗で働き始め、今も続ける理由は「生活費のため」だ。「なんとなく」の当事者ではない。しかし、「なんとなく」続けている風俗嬢がいるとしても、そういった意見を彼女たちが表面的に話すまま取り上げることに、どんな理由があるのかと疑問を呈す。

「ごく一部の女性を除けば、風俗の仕事なんて今すぐにでも辞めたいと思っている。それでも辞められないのは、やはり生活のため。風俗って病気になるリスクも高く、危険な仕事なんです。それを”なんとなく”続けている人なんていない。そう答える女性たちがいたとしても、それは本心ではないでしょう」

 公佳さんは、この取材が結果ありきか、支援団体発表のデータを見て、面白いと思った部分だけをかいつまんで放送したのではないかという疑いを持っている。そして「なんとなく」と答えた女性たちもまた「なんとなく”なんとなく”と答えたのではないか」と鋭く指摘する。

 つまり「なんとなく」と答えていることそのものが「なんとなく」によって生まれたもの。だから、「なんとなく」という回答は、彼女たちが抱える本当の理由に届いていないというのだ。

あわせて読みたい

「女性の貧困」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    板尾不倫騒動 ラブホ=SEXは古い

    メディアゴン

  2. 2

    日本が核禁止条約に署名しない訳

    河野太郎

  3. 3

    「レコ大」私物化のドン実名告発

    文春オンライン

  4. 4

    女性もセックスレスで不倫傾向か

    AbemaTIMES

  5. 5

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

  6. 6

    名古屋は地元離れぬ下層民の楽園

    SeaSkyWind

  7. 7

    韓国教育絶賛する内田樹氏に困惑

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    タカタ破綻も会長夫人は豪遊生活

    文春オンライン

  9. 9

    地方公務員の副業解禁はおかしい

    永江一石

  10. 10

    月9「民衆の敵」入札汚職を解説

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。